as soon as

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

テレビドラマ 仁




第27回のーークイズにテレビの仁の話を書いたので追記しとこーか

シリーズ1のときは、
野風の改変により、恋愛プッシュだなと感じ、途中からみなくなった
シリーズ2が始まり、
まあ改変していてもなかなか面白いつくりであると思い、観続ける

5話までは
テレビの仁せんせいにイライラすることはあったが
根本筋までおかしいとも思わず、続き(テレビとしての終わらせ方)が
気になるドラマだな、と毎週楽しみにしていた

ここまででいらっとしていたのは、仁先生の性質
もちょもちょあれこれ
なんども同じことを繰り返し悩んで
悩んでもいいけどぐだぐだへらへら
テレビだけみててもさ、
この性格には魅力を感じない
変えたら変えた方向で魅力的になったものをみたい
でもそれは仁先生の性格だけで
あとはそんなに引っかかるところもなかった

しかし6話
ここで、龍馬と仁先生を衝突させる(原作にはない)
医者が、人の命が消えていくことをただ見つめなければいけない状況は辛い
助けても助けても死んでゆく
そんなことは
原作だってそうなんだ
革命が起こる時には犠牲がでる
原作でも仁先生は自分の無力感に苛まれながら
それでもできることをやり続ける
幕末、という大きな時代の流れを感じながら

その時代を、より良い方向に向けようと奔走する龍馬
龍馬に対して6話で仁先生が言ったことはただの八つ当たりだろう
闘うことを否定するなら、その代替え案はなんだ?
いいか、やられたらやりかえす
これが正しいなんて、龍馬もその他の武士達みながみんなも
思っているわけではない
そんなことは大前提だ
革命は沸騰して成る
沸騰しないならばぬるま湯に満足しているか、
不満はあっても今の生活を犠牲にしてまで変えたくないのだ

そういう大きな流れの中のひとりひとりのあがき
血も屍もいくつも重なり明治維新が成る
維新
この意味を本当にわかっているのか

龍馬はなるべく闘わずに、
人が多く死ぬ方法を避けながら奔走してきた、あの時代に類稀なる武士だ
薩長同盟が、
考えた者はいたとしても、誰が本当にできると信じ実際に行動を起こしたか

※重要な脱線
これに関しても実はとても言いたいことがある
テレビドラマ、大河でも龍馬龍馬いってるが
もちろん龍馬が手筈したのだが、
中岡慎太郎の働きを空気扱いされても不愉快だ
中岡は蛤御門の変にも、長州軍として身を挺して参加している
下関戦争も然り
長州が信頼するに足る、と判断した中に、中岡の働きがある
誰も味方してくれず、孤立していた長州
禁門の政変で会津、薩摩に裏切られ、鷹司卿にも見捨てられ、
孤立無援、四面楚歌の中での援軍を、長州は決して忘れないだろう
だからテレビではわかりやすいかもしれないけど、龍馬龍馬だけいってないで
中岡もプッシュしてほしい
プッシュというか普通に史実を伝えてくれ
テレビのつくりってなんでこんなに安易なの


閑話休題、
長州討伐で人がたくさん死ぬだろうことが予測される状況の中、
その中で龍馬は代替え案を出してきた
それが薩長同盟だ
日本の藩の中で幕府に対抗しうる力のある藩、
薩摩を長州の味方につけることで、
幕府はたやすく長州を攻めることはできなくなった
この同盟では根本的解決はしない
薩長同盟の効果は力の均衡による冷戦締結状態だ
それでも当面の闘いは避けることができる案を、
龍馬は打ち出し、言うだけでなく実行する
孤立無援の長州が宿敵薩摩の力を借りる…どれほどの葛藤があったか
真に考えてみてほしい
そこを、あえて、結ばせた同盟
それが薩長同盟

大政奉還後もそう
龍馬は新政府の役職の草案に、第15代将軍徳川慶喜公をいれたものを出す
これは今後、徳川側の謀反を抑える鍵となる
そこを見据えた草案だ
正直、薩摩や長州は徳川のポジションを誰がやるのか、
次の徳川に成り代わるのはどの藩か、という視点
しかし龍馬は違う
武士そのもの、この制度をなくしてしまいたい
真に新しい日本国を築きたい
ここでも龍馬と他の今まで協力してきた藩に軋轢が生まれる
それでも自分が信じた未来を迎えるために事を揺るがず運ぶ

龍馬は
いつでも、どのときも
同朋が無念に散った後でさえも、
感情だけで、私怨で動いているのではない
自分が理想とする世の遥か先を見つめている
それは郷士として虐げられてきた環境で育った龍馬が、
土佐の上士である後藤象二郎と手を組んだことでもわかるだろう
どれだけ「私」を滅しているか

※上士と郷士については関ヶ原の合戦まで遡る
郷士とは長宗我部が治めていた、もともとの土地の系列の武士
上士とは関ヶ原以降、
勝利した東軍に属す山内家が治めることとなる系列の武士
つまり関ヶ原の合戦から200有余年、
郷士は虐げられ続けたという歴史があり、
幕末における勤王の志士の士気の高まりに繋がるのだ
藩のメンツをかけた他の藩の志士とは意味が違い、
土佐の郷士は後ろ盾がない状態で革命に参加する
背水の陣だ
龍馬は別行動ではあったが、なぜ身分差をなくしたいか、
という源流としてこの歴史が根本となるだろう


ただ耐えるだけでなく、
その代り、この案はどうだ?と
必ず龍馬は代替え案、それになりかわる方向を打ち出してくる
それでも闘うときは闘わなければならない
実際、幕府軍との海戦にも軍艦で参加しているからね

その龍馬に対して
歴史に疎かろうと、幕末の志士たちの功績を知っている現代人が
なんの策もなく
ただ感情で
「ただの人殺しじゃないですか!」
と叫ぶ
仁先生に叫ばせる

あのぺらいセリフはなんなの
えせヒューマンはなに
何をかきたいのこのテレビドラマ

できることは患者の命を救うことだろう
時代の流れ、志士たちの想いも呑み込んで、
黙々と自分の仕事をやる原作の仁先生とはかけ離れている

離れたら
離れたところで魅力的にしてよ
変えるなら、変えたなりの利点や効果がほしい
こんな変え方は苛立つだけ

この状態で、龍馬と仁先生の時を越えた友情は成り立つのか
こんなぺらい認識に仁先生を設定しちゃって
最後どうオチをつけるつもりなの
龍馬は仁先生の、医療技術にも感嘆して好意や尊敬の念を持っただろう
それ以上に、自分のやるべきことに対しては信念をもってやり通す、
あの鬼手仏心にこそ感銘を受けたのじゃないか

こんなへらへらうにょうにょぐだぐだな仁先生で感銘を受けるのかね
甚だ疑問
そして龍馬がやってきていること
彼も、自分の信念を揺るがすことなく行動に移してきた人だ
最近の幕末物の龍馬の描き方だと、
龍馬はいいやつだとか人を殺めないとか
そんな持ち上げばっかりやって
龍馬の暗殺についてなぜ未だにこれだけ藪の中なのかということを考えるに
あれだけの暗殺首謀者説があるのは、それだけ恨みもかっている人間なのだ
自分の信念、ポリシーと違うところで動いていればそれは当然あること
日和見ではないのだから
アーネストサトウなどは龍馬が嫌いであった
紀州藩だってかなり憎々しく思っていた
でもそんなものは入れないね最近の幕末物
ただ良い人のヒーローにしたてあげたいのだろうか
いろんな人を敵にまわしても近づけばその理想に開眼し、
開眼するまでに多くの人を巻き込みながら自分の信念を通すところが
龍馬の真の魅力だとわたしは思っている
目的のために手段を択ばない
あの当時、あんな武士は稀有だ
金でも戦争を抑えられる、と考え
徳川が謀反を起こさないように金座と銀座を抑える(現代でいう日本銀行)
こんな発想ができる武士などなかなかいない
こうやって、武力制圧以外の案を出してきた龍馬にいうセリフなんだろうか

現代の、命が守られるのが当たり前の、
ゆるい感覚の人があの時代にいけば確かに
「ただの人殺しじゃないですか!」って言うかもな

それをなんで仁先生にやらせるのかなって
思うな
だって本来の仁先生やんねーから

その苦渋の想いをのみこみつつ、
同朋の死を抱えながら走る龍馬は
この言葉を聞いて、
自分の志をわかってくれている…と
友情を感じるのかね?
それとも龍馬は器が大きいからそこも了承して友情を感じるかい

ねえ
制作してる人って明治維新のことどう考えてるの
えせヒューマンを被せる理由を聞かせてほしい

そういうわけで、テレビドラマ仁をみているとどうにもイラつく
ゆえに観るのをやめた
しかし録画はしたので、最終回が放送されたら一気にみる
いらいらするタイムは短くしたいからな

それでも見届ける
今回はラストにもかかわるので、
観ないで批判するのは
イラつきながら観るよりストレスたまる

のーーークイズの追記で書き始めたが
そぐわぬ内容だったので
新しく記事を起こすことにした


では最終回まで、御免

関連記事
スポンサーサイト

| 漫画・アニメ・TV・特撮 | 06:52 | comments:8 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

うむうむ、

怒っとる怒っとる

これは幕末ファンは怒るのも解る気がするよ

俺はイライラしながらも面白く見てるよw
俺はドラマの方を先に見始めてるからかもしれないね

コレさ、
俺は最近原作読んだんだけど南方先生のキャラが一番原作と違う点だね
このモニョモニョでかなり引っ張る
モニョの理由の一つをドラマの方は付け足してるけど、
それにしても悩む主人公だw

まぁそれとは別に、このドラマの方は幕末の歴史というか事実の部分を
あまり深く掘り下げようとはしてないと感じるね
歴史にうとい俺でもそう見て取れる
原作はココがちゃんと書いてあるので(俺も初め読まなかったがw)
この辺の歴史を好きな人には残念な部分だろうと思うよ
(龍馬はキーマンだから)ここを書かないと
ラストにかけて浅くなるような気がするね
もっと赤い方をグルグルと回さないとねぇw

それでも録画して見てから判断するやぷちゃんはやっぱスゲーよv-218

ドラマ化映画化する時ってどうして恋愛のウエイト大きくするんだろうね
まぁわかりやすいご都合だとも思うけど、
やっぱり「原作の持ち味」は消さないで欲しいね

俺も丁度?
ドラマの方の感想を昨日書いたので近々投下予定(本当か!?←)

| nada | 2011/05/30 08:44 | URL | >> EDIT

( ´艸`)

怒ってるヮ~e-16
ぷサンは武士だからネ、腹が立つのョ☆
きっとそぅョ!!
けぃこはぁ~仁先生カッコョクなぃと思ぅ!!
デレデレしちゃってe-450
もっと浅黒ぃとぃぃゎネ(*^m^*)
ラストがとても気になるヮ
ぷサンのお城好きって幕末からきてるのe-3
ぷサンって一番好きなお城はなんなのe-3
前に五稜郭のこと話してたデショ
あれから新撰組!!を探して見たのョ☆
歳サンカッコイィ~!!v-238v-238v-238
浅黒ぃともっとぃぃゎネw

| けぃこ | 2011/05/30 10:00 | URL | >> EDIT

わかる。
すっごいわかる。
ドラマのJINは仁先生と思えない。

雅治ぃの龍馬は素に近い方がもっとイメージ通りと思ったな。
いい人ぶり過ぎるね。
アーネスト・サトウ誕生日が一緒だからつい肩入れ。笑笑

そう!中岡なんだよね。
長州の信頼を得たのは、参戦して身を投じたからよ。
あの人たちすぐ焼き討ちするから…(*v.v)。

JIN読んだの15巻くらいまでだったかな〜。
最後の方読みたいな。

| hina | 2011/05/30 17:09 | URL | >> EDIT

>nadaさん

怒らないということは
その元のもののラインを低くみていたり
肩入れしていなかったり
あきらめたり
こだわりを無くしたり
いろいろあると思います
怒らないことがいいこととも思えないので怒ります

> 俺はイライラしながらも面白く見てるよw
最初は楽しくみてたのね
イライラするのは仁せんせいだけだったんで
感情移入しやすくしてるのか知らんがもちょもちょ
あのうなうなもにょもにょにイラっとしてた、のみで
その他の作りにもにょったわけじゃないの

でも「人殺しじゃないですか!」を
仁せんせいに言わせると骨幹が変わる
えせヒューマン
って
思った

幕末のことって歴史だよ
あったこと
考えの違い、とかじゃなく確実に起こったこと
それに創作を被せる
被せたものを楽しめるよ
いままでたくさんの歴史創作物をみた
史実と違ってることも当然あるね
それも楽しめる

これは思想だよ
思想の違い
原作と大きく変わったし、
この制作側の時代に対する認識がやだ

> 俺はドラマの方を先に見始めてるからかもしれないね
んーわたしは
ドラマだけみてても腹立ったと思う

原作が思う幕末と
わたしが思う幕末は合致してた
だから、原作と相違あることに怒っているように見えるかも
原作と違うことを重点に怒っているように感じるかも
それもないとはいえない

ですが、それより、根本は幕末に対する考え方がいやね
安易だなって思う
詳しくかかなくてもいいよ
時間ないだろうし
ドラマは、詳しく描いてないのに
制作側が考えることだけいただいたわ
受け取りたくないですね

歴史っていつから物語になるのかな
もう幕末は遠い昔で
生死も、つくりもののように語れるくらいかな
でも第2次大戦くらいまでだとまだ生々しく感じるでしょ
ほんとうはどっちも同じ歴史
実際あったこと
戦争だと日本では太平洋戦争が一番最近の出来事かな
日本を守ろうとして人を殺した先人に
人殺しじゃないですか!
と言うことについてどう思う?
自分は特に代替え案なくて、これを言うことをどう感じます?
そういうことをここで書いたわけなんだけど

その時代の流れや事情を知って深く考えて、
それでもあえて人を殺すなんて!と言うならば
うん、一本通ったものを感じる
テレビにね
考えてるのかな
わたしは安易だなっって感じるな

なんでいまのテレビの事情なんてわかってやんなきゃなんないのかな
わたしは幕末の事情のほうこそを考慮したいね

最終回、どうやって着陸するんだろうね
それはとても興味ある
だからみるよー

観る方法はね、
最終回前に、7話以降の話を
やや早送りで観る
そんで最終回は普通にみるわ

> ドラマ化映画化する時ってどうして恋愛のウエイト大きくするんだろうね
> まぁわかりやすいご都合だとも思うけど、
> やっぱり「原作の持ち味」は消さないで欲しいね

ほんとだね
そんな都合わかってやる気うせたわ
なんでテレビの都合をこっちが考慮してやらないかんのだ
そっちこそ原作や歴史に誠意をしめせや
って最近とみに思うわ
テレビの影響力は侮れんからなー

> 俺も丁度?
> ドラマの方の感想を昨日書いたので近々投下予定(本当か!?←)

マジでー
すごい読みたい
自分のところではこうやって書いたけど、
楽しんでる人に水さしたくないから
たぶん読むだけ見るだけ見せてもらうことになるかと

わたしの文章はキツいかもだね
覚悟して書いてるつもりだけど
なんとなくみたくて楽しんでいる人には毒素が痛い
でも、腐海には罪はないの!
このものたちのせいでは…ないのです
なんちてー

| おくやぷ | 2011/05/31 09:02 | URL | >> EDIT

>けいこちあん

> ぷサンは武士だからネ、腹が立つのョ☆
> きっとそぅョ!!

ちゃうねん←あずまんがの大阪風に
大阪って本名忘れがちだけど春日っていうんだよな確か

> もっと浅黒ぃとぃぃゎネ(*^m^*)
きみは浅黒ければいいのか!w

> ラストがとても気になるヮ
気になるねー
ぷさんも気になるよ
どうやってオチつけるのか
気になるワン

> ぷサンのお城好きって幕末からきてるのe-3
いや…
幕末からではない
戦国時代からだね
幕末と城は関係は在るけれどそんなに比重が高くない
例えば大政奉還の二条城
江戸の無血開城
薩長軍の勝敗を決するいち拠点となった小倉城
籠城、大阪城
会津若松城→が、燃えてると勘違いした白虎隊とか
いろいろあるけれどもそれほどは深いかかわりを感じないかな
最大の籠城は松前と五稜郭だと思われる
最後の砦
まさしく読んで字の通り

> ぷサンって一番好きなお城はなんなのe-3
ん、
わたしは、天守、石垣、惣構がぴぴっとくるので
天守でいえば、姫路城、松本城
石垣で言えば、熊本城、竹田城、上田城
惣構で言えば、小田原城、五稜郭、あたり
そのたたずまいがいい…とか
跡地や堀切、
いろいろあるね
あと、みることはかなわないお城としては
安土城がみてみたかったなあ
あれは縄張りからみるに、とんでもないお城だったのだろうね
火天の城チュー映画をみたの
安土城が建ったらこんなだ、という
CGでね
じゃなくて本物がみたい
あの時代にいかないとみられまへん

ああ城トーク長い


> 前に五稜郭のこと話してたデショ
> あれから新撰組!!を探して見たのョ☆
> 歳サンカッコイィ~!!v-238v-238v-238
> 浅黒ぃともっとぃぃゎネw

あ、よかったしょーあれ
ロマンチだねえ…
ロマンチの集う地なのだ

君は浅黒かったらいいのか!w

| おくやぷ | 2011/05/31 09:24 | URL |

>ひなちゃん

> わかる。
> すっごいわかる。
> ドラマのJINは仁先生と思えない。

うん
仁せんせいは違うな
でも怒ってるのはもっと根深い
大和吉野の桜を思うと熱い
ただの人殺しと責めることに
なんの意味があるのか
わからん
だからその時代でできることをやった原作の仁
テレビはなんぞ
あの言葉を言うってなんぞ

> 雅治ぃの龍馬は素に近い方がもっとイメージ通りと思ったな。
> いい人ぶり過ぎるね。
> アーネスト・サトウ誕生日が一緒だからつい肩入れ。笑笑

あ、確かに
ちょっとズルい部分をもっとプッシュすればね
龍馬だけは、この俳優さんがぴったりって思うの
ないんだよねー
みんなはそれぞれあるのだろう
ふたりとも浮かばなかったね
高杉を堤さんがやればいいのに
でも年齢がね
幕末の日本を動かす人たちって若いからなあ
高杉で27歳だもんね
あなごくんと同じ

>
> そう!中岡なんだよね。
> 長州の信頼を得たのは、参戦して身を投じたからよ。
> あの人たちすぐ焼き討ちするから…(*v.v)。

おう
中岡だぜ
遠くからがんばれーって言われるのも嬉しい
力になる
でも実際に命を賭して一緒に戦ってくれたら
信頼するよね
口だけじゃないんだもん
しかも孤立無援
ちみは長州好きだけどさ、
長州もちょっと調子にのってたから貶められたわけで
あそこはトップはおっとりしているのに
それ以下の家臣はみんな血気盛んだからな
焼き討ちしすぎ
周布さんと桂さんは苦労しただろうよ

> JIN読んだの15巻くらいまでだったかな〜。
> 最後の方読みたいな。

そだ途中までだね
最後までおよみ~

| おくやぷ | 2011/05/31 09:45 | URL | >> EDIT

うんうん、

俺もそう思うよ
こういう場所(ブログ)では自分の意見をハッキリ書いていいと思ってるよ
そうでなきゃ個人的にやる意味がないよ
だからドンドン怒ってクレクレv-91

あー、
龍馬に意見するシーンね
なるほど...
このドラマの南方先生はかなり悩める主人公なので(?)
そこの部分でも悩んでるような描き方なのかもね?
でも確かに歴史が浅めだよねこのドラマ
その分のウエイトが野風さんと咲さん
龍馬も沖田も...時代と命の部分をもっと描かないと、
作品全体の雰囲気も、ラストの意味合いも変わっちゃう気がするけどね
南方先生と龍馬のシンクロ率が悪い
エヴァ、起動しません!w

だからラストは軽くなっちゃうだろうね
カタチは同じでも感じるものというか、
響いて伝わるものが軽くなる気がする
まぁソコにウエイトを持ってきてないから当然なんだろうけどね
(全て予想w)
ドラマとしてはよく出来てるし、面白い
だからこそ残念なんだよねコノ部分

観る方法!www
ご利用は計画的にだね!w
なんか納得だわその方法w

イシシ、
もう書いてあるのだよ明智クン
だからこそあと2,3日引っ張ってやるwww
あー、
水はどんどんさしてクレクレw

作品に思い入れや愛情があるからこその意見
許せる部分と許せない部分のウエイトが俺と違うだけだと思うよ
原作が好きで幕末も好きだからこそ期待するもんね
たった一言でファンを怒らせちゃったなぁ制作者...

惜しい!v-16

| nada | 2011/05/31 22:04 | URL | >> EDIT

>nadaさん

うん、ここはわたしのフィールドなんで
怒るもハアハアするも自分の思うとおりやろうと覚悟しているけど
人のところまで乗り込んでやるのはどーかなって思うからさ
ほいでも師匠がいいというなら
ちょっと水さしにいく
うどんをゆでる時のびっくり水のよーに

>
> あー、
> 龍馬に意見するシーンね
> なるほど...

うん、そこ
あれ、ぶっちゃけると八つ当たりにみえる
龍馬と仁せんせいの時を越えた友情は
これから深まるのかな
それと、これに関しては、辻褄のあわないところが出てくる
シリーズ1の最初の仁せんせいがタイムスリップするところ
あそこは仁せんせいが橘恭太郎を助けて暴漢に襲われるね
助けられた恭太郎は、
これから先も、仁先生を守るために人をばさばさ斬る
それはオッケーなわけかね
自分の命がかかるときはそこは目を瞑るんだろうか
人にはもちろんその部分があるけど仁せんせいらしくはないな
そこをのみこんで鬼手仏心をふるう原作の仁先生と、
人殺しじゃないですか!と感情にまかせて叫ぶドラマの仁せんせいを
重ねること、わたしには難しい
ベツモノにしたいなら
それこそ師匠がいつもいうよね
別なものを新しく作れば?って
6話以降はそんな気持ちになっちゃったな

んー例えばね、
ストーリーをはしょることには概ね賛成なの
違う人のエピを違う人で盛り込んでもいい
でも考え方って違うと思うんだよ
いつもメディア化するとき思うことだけど、
ストーリーを追っても根底が違う作品になるときもあるし、
ストーリーを変えても根本が変わらないものになるときもある
それは、どんな考えでやっているか、に寄って行くと思う

わたしは6話以降、
違うなって感じた

ラストはどんな風にランディングするか
観たいのでみる
なるべくいらいらする時間を短くするようにして
観るよー

> 原作が好きで幕末も好きだからこそ期待するもんね

わたしはいつだって期待する
浮かれて足を踏み外して呼吸困難になっても
いいんだまた期待する
期待して、みてみたらよかったのもあったもん
がっかりしたのもあったもん(岳)
でも次はわからないからまた期待するよ

> たった一言でファンを怒らせちゃったなぁ制作者...

イッツシンプルプロブレム
おまえは俺を怒らせた!←承太郎かっ(-^□^-)

| おくやぷ | 2011/06/01 01:55 | URL | >> EDIT















非公開コメント:

TRACKBACK URL

http://okuyapu.blog.fc2.com/tb.php/106-0d705259

TRACKBACK

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。