as soon as

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

みつばちハッチ 勇気のメロディ(2010)

みなしごハッチのリメイク

話の筋は大体同じなのだが
すごい違和感を覚えた

ちなみに"みつばち"に変わったのは"みなしご"がマズかったから
言葉の問題に気を遣うより、
もっと気を遣わねばならない部分があると思うぞ


虫の世界
これはまごうことなき弱肉強食
とてもハードである
みなしごハッチも毎週ハードだった
みなしごハッチに出てくる人間は、
手や足や
ちらっとアゴの辺り
それくらいの登場だったのが、
今回のリメイクではしっかり人間側の考えに浸食され、
人間自体がハッチの友達になっている

ハッチがママンを探してスズメ蜂の巣を探し
突進するのは好きにせいやと思う
しかし他の虫にそれを強要するとはなんたることだ
その強要するセリフがこれ

友達じゃないか!
友達を見捨てるなんて!
人でなし!←これは言ってない。人じゃないし虫だし

まあそんな勢いだった
とても正しいことを主張しているような
まるで正論のような勢いだ

人間ならね
わからんでもない
天敵のいない人間なら

ハッチ、きみは虫なんだ


おまえうまそうだな」の感想でも書いたことであるが、
こんなおためごかしを言うのは人間くらいだ

食物連鎖の頂点にいる生き物の最たるもの
それが人間
だから我々は命をいただいていることに感謝する
天敵がいないことに油断する
違う方向に頭をまわす

自分の生命が他の命の上に成り立っていることを思えば、
無碍な殺生はしなくなるものだ
いつでも自分の都合で殺しているのだ、という自覚があればね

***********************
虫の世界なので虫でいうと、
家の中に、自分に害をなす虫が入ってきた
人は虫を駆除するよね
蚊取り線香や、はえコナーズ
北海道はゴキブリいないけどゴキジェット
自分のフィールドを守るために殺す
それは自分のため
虫が悪いからじゃなくて自分が困るから嫌だから殺す

だから、屋外の草原や山中で
むやみやたらに虫を殺したりしないでしょう
そこは虫たちのフィールドに人間がお邪魔しているのだから

この自覚があるか否かということには大きな違いがある
じゃないと、リメイクハッチ物語を小さい子がみたときに
育っていく過程である瞬間、矛盾に気づくときがくる
ああ、気づかせたいの?
*****************************


この映画の中でいうハッチの、
みんな友達、命大事
これはつきつめれば、上に書いた命を尊重することに繋がる

目指すところは同じなのかもしれない
殺生しながら暮らす自分をみつめて、
無碍な殺生をしなくなるのも命を大事に思ってる
みんな友達で命は平等だから命を大事にしようと思ってる
どっちも命を大事にしようと思っているわけで、
同じ方向を向いているように思える

しかし、
そのときはっと気づかないか

そんなに平等で大切な命なら
なんで自分たちはそれを食べて生活してるんだろう、
駆除してるんだろうって
小さい子がだんだん大きくなって
思わないかい

これ、手落ちだよ
命を大事にする教育は必要
現実に目を瞑ったことをやるとジレンマに陥る

この弱肉強食や食物連鎖を受け入れた上で
命を大事にする方をわたしは推す

頂点に立つ者のロイヤリティを放棄して
みんな仲良し、大事だけを植え付けると
動物愛護を食物連鎖上でも叫ぶ輩ができあがる


それと、人間と仲良くなるのはいいんだけど
そういうファンタジーあるし

でもこの映画は
最初に、スズメバチに捕食されるミツバチという描写をいれている
蜘蛛に捕食されるみんみんゼミの描写もある
ここはみなしごハッチ精神だね
途中から急に人間の視点になる
人間と友達になったあたりからどうもおかしくなってくる
虫の世界の厳しさをいれながら、
ハッチに虫の世界の掟を無視したこと(虫だけに!)
を言わせてみる

この「平等」という悪

わたしは平等という言葉が現代ははき違えられていると思う
みんな一律が平等なんじゃない
やったらやった分
それが平等
いや、公平か
今の、
どうしてわたしだけ…
言いがちな子供はまったく侵されている
大人の責任だ
ごめんね

いいかー
違って当然なんだ
・勉強できていいな…
じゃあ勉強しろ!
・いろいろできていいな…
できるようになれ!
費やせ!いろんなものを!
努力しろ

何もしないでほかの人と同じことをしてもらえると思う
そんなことを考えるのは飽食の時代に生まれたから
それをおしえる大人、ちゃんとしないといけん
ごめんな
自分の子供くらいにしかなかなか手が回らん
回りきらないくらい!
それでも地域で子供は育てられます


だから
自分に3歳の子供がいたとしたら
この映画は観せない

もう少し考えが確立された状態なら
観たいならどうぞ、と言う

ガンツよりR12に指定する
わたしが
うちの映倫でそういうことに決定


この中で、カマキチおじさんにあたる、カマキチ
彼はみなしごハッチのカマキチおじさんの心意気であります

あとそう
このかまきりのカマキチ
死なないんだよな
みなしごの方ではハッチを庇って死ぬよカマキチおじさん

死を賭しての友情
それがカマキチおじさんなのだ
いや~大人の度量かな

リメイクの映画で死ぬ虫はみんみんゼミのみんみんのみ

1週間しか生きられないセミは
恋もせずにハッチを助けて死ぬ

ハッチ、ハッチ、ハッチよぉ~
おまえまだわかんねえのか!
カマキチの気持ちにシンクロしちゃう

ハッチ、それ勇気のメロディじゃなくて無鉄砲のメロディ
しかもノープラン!
人に頼るのに(いや、虫だが)自我を通す
なんの算段も無しに助けにいこうよ!仲間じゃないかおかしいよっておい
ならばひとりでスズメバチに挑め
もともとおまえがスズメバチを呼び寄せたようなもんなんじゃー
人の言うこときかんな~(虫の言うことね)

それでも決意して我を通すなら、
カマキチのように
自然の摂理に反しているけど、
バカだと思いながら協力してやろうか、
という気になるのもわかる
大自然の摂理を曲げて、
仲間大事を声高に叫び、
なんの痛みもないところが
ハッチ万歳物語に拍車をかける

ばかたれはわからんのだ
やってみて、我を通したことで得る結果
カマキチの死
カマキチは承知の上で協力してるんだから話が違う、とは言わないだろう
結果が出るまでわからんのだ
自分の行動にどういう結果が伴うかということ
何に対しても尻込みしろって話じゃない

でもこのみつばちハッチリメイクではカマキチは死なないんだな
ハッチの無鉄砲なメロディには痛みを伴うことがない

死ぬことがいい
じゃなくてさ、
死を決した覚悟にぐっとくるんで
死なないならワンピースかっちゅう話なんだよ
いいんだよそれならそれで
じゃあ死をテキトーに入れんなよ?チラつかせんなよってことなんだよ
どうせ死なないならなんでも言えるだろうよ
で、ハッチリメイクでは最後に人間が介入
人間の力で解決

虫にとって人間は害や悪以外の何者でもない
みなしごハッチはそういう描き方をしてるね
人間の都合で殺されるし
自分たち(虫)は本能に従って生きてるだけなのに

それなのに、
その意識がなく殺すことをやるわりに
この映画では、友達だとか恥ずかしげもなく言っちゃうところが
めちゃくちゃ違和感ある
わー恥ずかしい
恥ずかしいよ!
だから3歳の子供がいたらわたしはこれ観せない
まあ3歳の子供いないんだけどね

在ることをみないフリしながら命を大事にするか
在ることを在ると受け止めて命を大事にするか
命を大事にシュッシュッ

選ぶのも自由

お好きにどうぞなの

関連記事
スポンサーサイト

| 映画 | 00:00 | comments:8 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

No title

ぷさん〜熱いブログ!ゲンマ対戦含めて読まさせていただきましたぜ。
ゲンマ対戦は幼少の頃、不思議ナンバーワンな感じでしたね。
ゲームセンターとかにもありました。
映画を観たことはまだないので、いつか観てみようと思います。

ハッチリメイクきてますねー
人間社会。
もう、ハッチ リメイクがハッチリ メイクに読めてきて
人間社会のとバッチリ メイクのように見えてきました。
R指定にはそのユーモラスな表現に笑えましたが、そのとおりだと思います。

| fungustic | 2011/06/05 00:47 | URL |

兄貴ッ(≧∇≦)

ハッチは心で理解できなかったのネw
ハッチもみたことなぃのョ☆
ぷサン節炸裂!!武士だけにッ!!
ぷサンの映倫w
この基準で育ったのがネロちゃんネ( ´艸`)
よぃ子が育つヮe-51

| けぃこ | 2011/06/05 10:23 | URL | >> EDIT

エゴですよねエゴ

みなしごはみなしごでいいのですよ。

ハッチはみなしごで、
みつばちなのはみんなが知ってる事なので
わざわざみつばちって言わなくてもいいのですー。

言葉狩りですかね。モンハンですね。


みつばちハッチで感化されて
片寄った動物愛護団体みたいなのをつくりたかったんですかね笑
なにがしたかったんでしょうー





動物愛護団体に違和感を感じつつも
言葉で表せなかったのですが、
今回のでなんとなーく分かった気がします。


余談ですが、ビジュアルがどうしても受け入れられず
映画のお誘いを断った記憶が。。。笑
昔のほうがかわいかったーーー

| モラン | 2011/06/05 18:12 | URL |

No title

ゆず蜂蜜の為なら僕はミツバチにでもなる~。

ワンピースで言うところの、人は死ぬぞってやつね。

ロイヤリティうまし。

| hina | 2011/06/05 23:44 | URL | >> EDIT

>fungさん

> ゲンマ対戦は幼少の頃、不思議ナンバーワンな感じでしたね。
> ゲームセンターとかにもありました。
> 映画を観たことはまだないので、いつか観てみようと思います。

わたしは中学生頃でしたねー
あの頃の思い出とシンクロして懐かしいので
観て面白いかと言われるとイマイチ自信なし
ただ、ハルマゲドンにしろ、残留思念にしろ、
今ほどメジャーじゃなくて出始めで
そういう斬新さがあったのですよね

> 人間社会のとバッチリ メイクのように見えてきました。
> R指定にはそのユーモラスな表現に笑えましたが、そのとおりだと思います。

とばっちりメイクやら
バッチリメイクやら
もうなにがなにやら

映画自体は観るのがだるい…とか辛い…ではなく観れます
総突っ込みタイムです
スーーパーー突っ込みタイム

わたしが思う真摯さ
これはない
気づいてやっているような気もするし
テケトーにやっている気もする
ストレートには勇気は授からない
いろいろ考えるにはいいのだろうか…
いやそうだとしたらめんどくさすぎ

やっぱうちの映倫により見せん

| おくやぷ | 2011/06/06 08:32 | URL | >> EDIT

>けいこちゃん

> ハッチは心で理解できなかったのネw

ハッチはマンモーニや!
マンモーニでもいいがまわりを巻き込む
そして巻き込んで反省なし

だいたいねー
なんでみんみんが死んだかというと、
蜘蛛に食べられそうなハッチ←ハッチが余計なことしてだよ
それを庇って捕食されたんだよ
なんでみんなでハッチを庇うんだ
食べられちゃったらいいじゃない
それが自然の掟なんだもの

> ハッチもみたことなぃのョ☆
でしょうね!
若いもんね!

> ぷサン節炸裂!!武士だけにッ!!
武士ではない


> ぷサンの映倫w
> この基準で育ったのがネロちゃんネ( ´艸`)
> よぃ子が育つヮe-51

へっへっへ
うちの映倫はエロに緩いよ

| おくやぷ | 2011/06/06 08:36 | URL | >> EDIT

>モランさん

> みなしごはみなしごでいいのですよ。

そですよ
言葉よりもっと気を遣ってほしいとこ盛りだくさんですわ


> みつばちハッチで感化されて
> 片寄った動物愛護団体みたいなのをつくりたかったんですかね笑
> なにがしたかったんでしょうー

虫や動物の擬人化という創りはある
珍しいことではない
通常、擬人化というのは、
虫なら虫、動物なら動物、家電なら家電の特徴を活かして
お話を作り、それを人間の思考(つまり人間にわかる言葉)で表現
そこに、もしも虫が話せたら…や動物が話せたら…という面白味が出る

元祖ハッチは、擬人化はしているけれど、
人間の視点はいれていないのですよ
人間自体は悪として描かれている

リメイクのハッチは擬人化して更に、
人間よりの事情を叫ぶ
これね、ファンタジーと現実を混同すると、えらい変な話ですよ
虫の世界の捕食される容赦ない厳しさをいれつつ
人間との共存を言いたいのか
それにしちゃ人間の都合寄りだなあ

> 余談ですが、ビジュアルがどうしても受け入れられず
> 映画のお誘いを断った記憶が。。。笑
> 昔のほうがかわいかったーーー

昔のハッチは目の下にクマが!
あの辺にも苦労の痕が(ノд≦)

今回のハッチは苦労しらずのミツバチ国の王子です
王子なのですよ←作品中、何度も出てきましたママンやミツバチ族の言葉として

いやーもしかして王子だから他の種族を犠牲にしても
おれ、助けろってはなし?
だとしたらぬげー
ムッソリーニ以上ですな!

| おくやぷ | 2011/06/06 09:09 | URL | >> EDIT

>ひなちゃん

> ゆず蜂蜜の為なら僕はミツバチになる~。

ゆず蜂蜜のためなら(´Д`υ)ゴクリ…
ゆずになったらどうかw

>
> ワンピースで言うところの、人は死ぬぞってやつね。
んだんだ
あとはキン肉マンで言うところの、物理的に可能なのか!?ってやつ
物理的なこと最初から考えてないだろーが
このセリフで、さも考えていたかのような装いw
ウケる

> ロイヤリティうまし。
ロイヤルミルクチーとは無関係なんだどーヽ(´ρ`)ノ

| おくやぷ | 2011/06/06 13:39 | URL | >> EDIT















非公開コメント:

TRACKBACK URL

http://okuyapu.blog.fc2.com/tb.php/113-0e85f72e

TRACKBACK

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。