as soon as

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

ソーシャル・ネットワーク  アー・ユー・ト・コーユー

ヤ・キュージョー

無線のつぶやき


ソーシャル・ネットワークを鑑賞

これ、怖い話だね
共感できない方がいい

男と女に必要なのは肉体の連帯
マークは相手が男にしろ女にしろ、肌の連帯がない

相手がああ言うと
彼はこう言う
マークは相手をねじふせる
言葉とコードで
それに魅力を感じる者が集まり
そしてそのカテゴリに縛られて
また、そのカテゴリに属することに価値がある
…と信じている
周りがそう信じている、と信じている

これは
ボク、チカラ、ホシカッタ話ですね
力こそが世界を変える
彼の特有の能力であり、魅力もあるその力

わたしは違う力でねじふせられたいわ~

あーでも
彼はすごいね
面白いわ
内容的に面白い
あのどんどんプログラムを組んでいく過程と盛り上がり
そこは、個人的に興味が惹かれる部分



多かれ少なかれ
誰でも何かに縛られているよ

ハーバードで
ボート部で
裕福な階級で
価値のあるSNSに入会できるステイタスがあって

ここに価値を見出すには
自分とは環境が違い過ぎるので共感はない
映画で示す価値のあるもの(価値のあるグループ(ネットワーク)に属すこと)
には自分は魅力を感じない
でもそれは対象物が違うだけのこと

まあ例えばわたしはバイクに乗る
ひとりで走る
ほとんど人と走らない
そのカテゴリの中には群れたい人もいる
グループに属すること、属し続けることに価値を見出す継続もあるだろう
そうすると、自分の意に沿わないことにも迎合しないと和が保てない状況が出てくる
自分のポリシーを曲げないでひとりになるか
そこに属するためにポリシーを曲げるか

グループに属する<ポリシーのとき、
その答えはひとり

もちろん、意に沿う場合もあるわけで
全てがそうだとは言わないけれど
曲げないってことは孤高なわけ
まあわたしは凡人なんですけどもね
そしていま言った話はFBの創始者であるマークの、というよりは
それに群がる側の話なんですけどもね

上記にあげた意味でひとりになるのは怖くない
でも誰かと比べたり何かを比較すると
途端に孤独になることもある
「置いてけぼり」にされるかも…という強迫観念は
人間にとって耐え難いものであるなあ
理想に燃えているときはいい
状況が少し変わるだけで
保身の行動原理が働く

「何に」置いていかれるか
それは人によって違う
学校、部活、会社、社会的地位、公園デビュー、メディア、流行、親戚、町内
なんであろうともたったひとりで生きているのでなければ
なんらかのカテゴリと必然的に関わることになる
その比重は人それぞれ

この映画の内容のものではないけれど
自分の弱さを覆うものが
どっきりテクスチャーなんじゃないかと思ってしまいそうで
怖い映画だよソーシャル・ネットワーク


第三の脳」だけで生きていけたら…と思う

いろいろ考えていても
わたしは肌にねじふせられたいの






追記

・「ザ」をとるのは「。」を付けるような効果ね

・雪の中、半ズボンで寒くないの~

・じゃじゃ馬億万長者はわたしも好きだったyo

・アメリカは動物愛護に狂ってる…という描写がデフォ

・マサチューセッツからカリフォルニア とっても端から端
 
・ラクロス女子ってステイタス?

・一度ダウンしただけでFBの価値は下落する!くらいの気概でアメ風呂も経営しなされw

・アカデミー作品賞は英国王だった。それもひとつのステイタス
 手に入らなかったことでソーシャル・ネットワークは完成、と感じた

2011.6.8 0030記

関連記事
スポンサーサイト

| 映画 | 00:09 | comments:12 | trackbacks:48 | TOP↑

COMMENT

お邪魔します

おくやぷさん、こんにちは!ξ(⌒ワ⌒ξ

拙ブログにTL&コメントありがとうございます。

「いろいろ考えていても
わたしは肌にねじふせられたいの」

名ポエムです♪

賞を逃した事でこの映画は完成!
それでいいと思います♪
あと、お詫びを。
せっかくトラックバック賜りましたが、何故かトラックバックのURLを読み取りが出来ない為、そちらおくやぷさんにトラックバックを返す事が出来ません。
同じfc2ブログですのになぜ…。

?(゜Д゜;≡;゜Д゜)?

力不足で操作をつまずきまして、本当にゴメンナサイです〜。

m(_ _;)m

ではでは失礼いたします。


| 愛知女子 | 2011/06/08 08:36 | URL |

怖いという感覚はよくわかります。ビジネスの最前線や、官僚の最前線は、この怖さ感覚で満ち溢れているのではないでしょうか。その世界にいないので、あくまで想像ですが。時々、TVなどで登場するエリートなる人物の表情とこの映画主人公の表情とよく似ているんです。彼らの意思で世の中の方向性が決まるのかと思うとゾッとする時があります。でも《肌の連帯感求めるタイプ》も苦手で。こういうのは世の中ごっそりいます。飲み会やって盛り上がる、でもやっぱりこのタイプも苦手で。剣道の達人みたいに、自然と一定の距離感を保っているのが一番付き合いやすい。まさか男と女の違いですか?

| cochi | 2011/06/08 09:07 | URL |

ハロハロー♪

何にキューンとなるかって言ぅと浅黒ぃ人w( ´艸`)
ぷサンの本能を信じるトコ好きョ!!
肌でねじふせられたぃ!!
言い切るぷサンはかっこぃぃヮ☆
日本ではスタンダードじゃなぃネ、社交界ってステイタスで成り立っているのよネ☆
人脈なのョ。。
個人であって個人じゃなぃ。。
映画面白そぅなの~e-456

| けぃこ | 2011/06/08 12:28 | URL | >> EDIT

こんばんは♪

なるほど~。
勢いに乗って一気に行くかに見えたけど、けっきょく一番ほしかったものは掴み損ねた・・・ってところでマークとこの作品自体が重なるわけですね。

展開はたしかに面白いし飽きることはなかったけど、好みな作品でもなかったです。てか苦手~。
チラシのコピーに「危ない奴」っていうのがありましたね。怖い怖い。

| SOAR | 2011/06/08 23:10 | URL | >> EDIT

お気に入りのぷさんのブログで電撃作(良い意味ですよ)は自分のツィッターに紹介してしまうアナンダーです。
きょ、きょうもサイコ―のヤヌス神的ブログ。僕もいつか映画をチェキしてみます。
たまに頭でっかちの人間に対しては、
おまえ、ワムウと戦ってみろ、と言ってみたくなります。
自分はエシディシ様と戦って散るくらいなら、ワムウの神砂嵐を喰らって終わりたいです。
いや、喰らってはいけない。一縷の可能性を信じて。
でも、どうやってあれから逃れる?
これも肌と肌の世界か!
ドッキャーン

いっつもちんちくりんなコメントの残してぷさんを困らせる

あなんだー

| fungustic | 2011/06/09 01:20 | URL |

>愛知女子さん

おはようございます
名ぽえまーのスナぷキンです

> 賞を逃した事でこの映画は完成!
> それでいいと思います♪

これは、劇中のマークがほしいものが手に入れられなかった、という部分で
そう感じました

TBに関しましては、どうぞ謝らないでください
事情説明ありがとうございます

今後、できるときがあるやもしれませんので
これからも送らせてくださいませ

ありがとうございました^^

| おくやぷ | 2011/06/09 08:00 | URL | >> EDIT

>cochiさん

> 怖いという感覚はよくわかります。

天才の気持ちはなかなかわからないのですが、
それを取り巻く側のほうはなんとなくわかります
わたしは自分の信念や決意も、環境や状況に流されることがあることが怖く感じました
いつのまにか疎外されている
その価値観を正しいと思わないのに自分がそこに陥っている
そんな部分

>でも《肌の連帯感求めるタイプ》も苦手で。こういうのは世の中ごっそりいます。飲み会やって盛り上がる、でもやっぱりこのタイプも苦手で。剣道の達人みたいに、自然と一定の距離感を保っているのが一番付き合いやすい。まさか男と女の違いですか?

これについては、わたしが考える肌の連帯とcochiさんの考える肌の連帯に相違があるように思います
肌の感覚を、つまり、本能を信じられるならば、
相手を探す場所としてステイタスがものをいう合コンや飲み会に参加する必要は、まったくもってないのです

この本能とは子孫を残す本能
人間も動物ですから、どんなに思索しようともその本能はあります
わたしはここに比重を置きますし、cochiさんはおかないのでしょうね

思考思索において人間関係の距離感は大切と思います
本能の部分では、いろいろ考えるよりも、肌でわかることがある、と私は思っています
このマークには、肌でわかる部分が感じられなく、すべて理屈や知識でねじふせようとして
結局、彼女と深く心を触れ合うことができなかった
言葉や間合いも大切ですし、
それと同じく触れ合うことも大切だ、と思います

| おくやぷ | 2011/06/09 08:10 | URL | >> EDIT

>けいこちゃん

> 何にキューンとなるかって言ぅと浅黒ぃ人w( ´艸`)

きみは浅黒ければ(ry

> ぷサンの本能を信じるトコ好きョ!!
> 肌でねじふせられたぃ!!
> 言い切るぷサンはかっこぃぃヮ☆

言い切るよ
そう思うから
けんかとフスマなんてハメたらなおるっつーの
それが通じなくなっているなら、
もう既に
言葉も通じないんだよ

…と思ってる

> 日本ではスタンダードじゃなぃネ、社交界ってステイタスで成り立っているのよネ☆
> 人脈なのョ。。
> 個人であって個人じゃなぃ。。

さすがセレブけいこなの
ぷさんには未知の世界だ
いろいろおっしえてくれよ~

> 映画面白そぅなの~e-456

浅黒い人出てこないけどいい?

| おくやぷ | 2011/06/09 08:14 | URL | >> EDIT

>SOARさん

> なるほど~。
> 勢いに乗って一気に行くかに見えたけど、けっきょく一番ほしかったものは掴み損ねた・・・ってところでマークとこの作品自体が重なるわけですね。

わたしは観た時期が発表の後だったので、
そこも作品と重なってみえました

>
> 展開はたしかに面白いし飽きることはなかったけど、好みな作品でもなかったです。てか苦手~。
> チラシのコピーに「危ない奴」っていうのがありましたね。怖い怖い。

わたしはこれ、
途中の経過でどんどんアイデアが思いつき、プログラミングしていくところ
あそこは物理的に機械的に面白く感じる部分です
好きか嫌いかというと好きな部類ですね

気づかなかった彼がやや気づくところも怖いですし、(これはつまり孤独に気づく、ということです)
人は何かに縛られて、本意じゃない方向にも流れてしまうな…という部分や
いつの間にか疎外されてしまう社会に身をおいていること、
自分が思う以外のところで自分の価値を決められているところ
いろんな意味で怖いなって思いました
そこに逆らいきれる力がないことにも、です

感傷的になって観た映画ではないのですけど
感情移入するならしどころは主人公じゃない映画ですよね

ジェシーアイゼンバーグが出演したゾンビランドで
FBの更新もしなくていいし…というセリフを思い出していました^^

ところでSOARさん…
とても今更なんですが、
「SOAR」さんはなんと発音するのでしょう
すいませっ(>д<)いまさらこんなことを…

| おくやぷ | 2011/06/09 08:37 | URL | >> EDIT

>fungさん

> お気に入りのぷさんのブログで電撃作(良い意味ですよ)は自分のツィッターに紹介してしまうアナンダーです。

どんどこどーぞ
どんどこどんどこ

> たまに頭でっかちの人間に対しては、
> おまえ、ワムウと戦ってみろ、と言ってみたくなります。
> 自分はエシディシ様と戦って散るくらいなら、ワムウの神砂嵐を喰らって終わりたいです。
> いや、喰らってはいけない。一縷の可能性を信じて。
> でも、どうやってあれから逃れる?
> これも肌と肌の世界か!
> ドッキャーン

↑これを感じたい場合、
こちらがおすすめかと思われます
「アポカリプト」
http://okuyapu.blog.fc2.com/blog-entry-119.html

昨年書いた映画記事

ソーシャル・ネットワークとは完全に反対方向の映画です
わたしは好きなんですよね~
どっちも面白い、と感じます
嗜好というものは実はベクトルでなく、次元なんではと思ったりします
方向性が違っていても楽しめる
いやーなんかうまく表現できないっすな

いいのですよあなんだ←上から目線

これが公案というものです

| おくやぷ | 2011/06/09 09:12 | URL | >> EDIT

こんばんは

こんばんは。
凄い世界でしたねえ。
しかし自分の目標に向かって躊躇なく進み、なおかつそれが可能な環境を自分の才覚でどんどん作り上げてゆく物語は、ワクワクしました。
物作りを生業とする人間としては、正直羨ましい。
ちょっとした切なさは作者のバランス感覚でしょうね。
上手い映画です。

| ノラネコ | 2011/06/09 22:34 | URL | >> EDIT

>ノラネコさん

> こんばんは。
> 凄い世界でしたねえ。

はい
ザ・競争社会
やったものが掴む
でもつかみ損ねる

> しかし自分の目標に向かって躊躇なく進み、なおかつそれが可能な環境を自分の才覚でどんどん作り上げてゆく物語は、ワクワクしました。

わかります
なんかワクワクっとするのですよね
立ち上げまでの過程はほんとそんな感じでした

> 物作りを生業とする人間としては、正直羨ましい。
> ちょっとした切なさは作者のバランス感覚でしょうね。
> 上手い映画です。

最初にマークの人となりを極端にみせつけて、
最後であの切なさをみせる
うまいと思います
総合的に人格はどうか?とは思いますが
彼のドライになりきれない面をみせて終幕
心情的には憎めないなあ…になってしまったりして
ラストの曲もシニカルでこの作品をあらわしていますよね
まったく飽きずにみた映画でした

| おくやぷ | 2011/06/11 05:40 | URL | >> EDIT















非公開コメント:

TRACKBACK URL

http://okuyapu.blog.fc2.com/tb.php/117-9743a2f6

TRACKBACK

「ソーシャル・ネットワーク」 牽引するのは脚本力

現在世界最大のSNSへ成長しているフェイスブックのCEOマーク・ザッカーバーグを

| はらやんの映画徒然草 | 2013/11/12 21:01 |

ソーシャル・ネットワーク

52点 2010年のアメリカ映画で、 監督は「セブン」、「ファイト・クラブ」のデヴィド・フィンチャー、 主演はジェシー・アイゼンバーグです。 2010年度のアカデミー賞で脚本賞、脚

| 我が頭に巣くう映画達 | 2012/03/18 16:34 |

映画『ソーシャル・ネットワーク』

監督 デヴィッド・フィンチャー ジェシー・アイゼンバーグ (Mark Zuckerberg)アンドリュー・ガーフィールド (Eduardo Saverin)ジャスティン・ティンバーレイク (Sean Parker)アーミー・ハマ

| 虎犇秘宝館 | 2012/01/11 23:47 |

ソーシャル・ネットワーク (The Social Network)

監督 デヴィッド・フィンチャー 主演 ジェシー・アイゼンバーグ 2010年 アメリカ映画 120分 ドラマ 採点★★★★ いつまでも根に持って虎視眈々と復讐の機会を伺うタイプでは

| Subterranean サブタレイニアン | 2011/08/13 21:08 |

映画 「ソーシャル・ネットワーク」

映画 「ソーシャル・ネットワーク」

| ようこそMr.G | 2011/07/12 11:39 |

映画「ソーシャル・ネットワーク」の感想です。

「ソーシャル・ネットワーク」を観ました。この映画は、2004年にマーク・ザッカーバーグが創設したSNS「Facebook」の誕生の瞬間を描いた作品です。実話をベースに作られたそう

| MOVIE レビュー | 2011/07/10 02:40 |

ソーシャル・ネットワーク

★★★★★ ソーシャル(じゃない男が作った)ネットワーク Facebook誕生に関わった若者達の情熱やスピード感を、その時代の空気も合わせて丸ごと切り取った、デビッド・フィン

| スペース・モンキーズの映画メイヘム計画 | 2011/06/24 00:03 |

■映画『ソーシャル・ネットワーク』

デヴィッド・フィンチャー監督が、ソーシャル・ネットワーキング・サービス“フェイスブック”を作った男、マーク・ザッカーバーグを主役に据えて撮影した映画『ソーシャル・ネット...

| Viva La Vida! <ライターCheese の映画やもろもろ> | 2011/06/20 08:01 |

ソーシャル・ネットワーク

ゴールデングローブで4冠に輝く本作、アカデミー賞はどうでしょう? 私としてはゴールデングローブで主演男優賞を取った「英国王のスピーチ」が早くみたいなぁ。 Facebookの加入者っ

| 映画の話でコーヒーブレイク | 2011/06/15 00:37 |

ソーシャル・ネットワーク 今年はこれか!

【=4 -1-】 長女、再就職が内定した、今勤めている再建中の会社は、新しい経営者に業務がもうすぐ引き継がれるが、彼女は当初の予定通り辞職するために現在年休を消化中だ。 会社都

| 労組書記長社労士のブログ | 2011/06/13 10:29 |

映画『ソーシャル・ネットワーク』を観て〜アカデミー賞受賞作品

11-10.ソーシャル・ネットワーク■原題:The Social Network■製作年・国:2010年、アメリカ■上映時間:120分■字幕:松浦美奈■鑑賞日:2月1日、TOHOシネマズ・六本木ヒルズ(六

| kintyre&#039;s Diary 新館 | 2011/06/12 20:07 |

ソーシャル・ネットワーク

フェイスブックが出来るまでの人間ドラマを描いた『ソーシャル・ネットワーク』を初日に観てきました。 ★★★★★ 独善的で人間関係の形成が苦手な天才青年のエキセントリックな発...

| そーれりぽーと | 2011/06/12 01:35 |

ソーシャル・ネットワーク

今年お初な映画館です。これで、ちょっと弾みが付くといいんだけどな。前々から興味のあった映画ですが、ここにきて賞取りレースの激化で、俄然close-upされている作品ではあると思 ...

| 晴れたらいいね〜 | 2011/06/12 00:32 |

映画『ソーシャル・ネットワーク』を観て〜アカデミー賞受賞作品

11-10.ソーシャル・ネットワーク■原題:The Social Network■製作年・国:2010年、アメリカ■上映時間:120分■字幕:松浦美奈■鑑賞日:2月1日、TOHOシネマズ・六本木ヒルズ(六

| kintyre&#039;s Diary 新館 | 2011/06/11 11:01 |

『ソーシャル・ネットワーク』 友達いる?

 『ソーシャル・ネットワーク』というタイトルは、とうぜんFacebookそのものが代表するSNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)のことだと思った。  しかし、それでは映画の題材...

| 映画のブログ | 2011/06/10 23:38 |

『ソーシャル・ネットワーク』

2010年だけでなく、21世紀最初の10年を代表する顔、マーク・ザッカーバーグ。 facebookの創始者にして親友に6億ドルの訴訟を起こされた学生企業家。ハーバード大学に在籍する天才プロ ...

| こねたみっくす | 2011/06/10 18:05 |

ソーシャル・ネットワーク

参加人数5億人という世界最大のSNS「Facebook」。 SNSとかほとんど興味がないのですが、 登録してます。 アメリカに住んでいる友人から勧められたのですが、 それがなかったら入らな

| 映画、言いたい放題! | 2011/06/10 11:25 |

ソーシャル・ネットワーク・・・・・評価額1750円

全世界に5億人の会員を持つ、世界最大のソーシャルネットワークサービス“フェイスブック(FACEBOOK)”の誕生を描くノンフィクション。 鬼才デヴィッド・フィンチャーは、ハーバード

| ノラネコの呑んで観るシネマ | 2011/06/09 22:04 |

ソーシャル・ネットワーク

窓ガラスのアルゴリズム。ネットワークの構築。唯一の友達。

| 悠雅的生活 | 2011/06/09 21:27 |

ソーシャル・ネットワーク

世界最大のSNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)“フェイスブック"創設の裏側を「セブン」「ベンジャミン・バトン 数奇な人生」のデヴィッド・フィンチャー監督が描 ...

| パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ | 2011/06/09 20:23 |

「ソーシャル・ネットワーク」色々な発想と失敗から学んだ人脈づくりのプログラミングストーリー

1月15日公開の映画「ソーシャル・ネットワーク」を鑑賞した。 この映画は世界最大のSNS(ソーシャル・ネットワーク・サービス) のFacebookの創設者マーク・ザッカーバーグ氏が ...

| オールマイティにコメンテート | 2011/06/09 06:33 |

[映画『ソーシャル・ネットワーク』を観た]

☆う〜む、面白い!  が、非常に不愉快な作品でもある。  冒頭の主人公マークの、女の子とのデートでの会話の不安定さから、物語に非常に引き込まれる。  頭は良いのだが、思考...

| 『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭 | 2011/06/09 01:37 |

『ソーシャル・ネットワーク』・・・きっかけは“右か左か”

世界最大のSNS、“フェイスブック”の創設者マーク・ザッカーバーグ。ハーバード大の天才だった彼が“フェイスブック”を立ち上げたきっかけからその成功と挫折の波乱に満ちた顛末を...

| SOARのパストラーレ♪ | 2011/06/08 23:08 |

■『ソーシャル・ネットワーク』■

2010年:アメリカ映画、デヴィッド・フィンチャー監督、ジェシー・アイゼンバーグ、 アンドリュー・ガーフィールド、ジャスティン・ティンバーレイク、アーミー・ハマー、マックス・

| 〜青いそよ風が吹く街角〜 | 2011/06/08 22:44 |

The Social Network ソーシャル・ネットワーク「字幕」(2011-003)

世界で5億人以上が登録しているSNS(交流サイト) 「Facebook(フェイスブック)」の誕生物語。 自分は未登録。→登録しました。 ソーシャル・ネットワークを略してSNS。 日本でのSNS

| 単館系 | 2011/06/08 22:37 |

ソーシャル・ネットワーク

THE SOCIAL NETWORK/10年/米/120分/青春ドラマ/PG12/劇場公開 監督:デヴィッド・フィンチャー 製作総指揮:ケヴィン・スペイシー 出演:ジェシー・アイゼンバーグ、アンドリュ

| 銀幕大帝α | 2011/06/08 22:04 |

ソーシャル・ネットワーク  監督/デヴィッド・フィンチャー

【出演】  ジェシー・アイゼンバーグ  アンドリュー・ガーフィールド  ジャスティン・ティンバーレイク 【ストーリー】 2003年。ハーバード大学2年生のマークは高校時代から腕利

| 西京極 紫の館 | 2011/06/08 21:42 |

ソーシャル・ネットワーク / The Social Network

全世界で5億人ものユーザが登録しているFacebookの創業にまつわる物語。しかしながら、制作に際してFacebook側の協力は得られず、どこまでが事実で、どこからが創作なのかが不明である。 ...

| 勝手に映画評 | 2011/06/08 21:41 |

ソーシャル・ネットワーク

とんとんと進んでいく話と、小難しい用語についていくのが大変。

| 迷宮映画館 | 2011/06/08 21:33 |

『ソーシャル・ネットワーク』('11初鑑賞8・劇場)

☆☆☆-- (10段階評価で 6) 1月15日(土) 109シネマズHAT神戸 シアター9にて 13:20の回を鑑賞。

| みはいる・BのB | 2011/06/08 20:23 |

「ソーシャル・ネットワーク」

 (原題:THE SOCIAL NETWORK)ネット社会に対する作者の真摯なスタンスが印象的だが、それがまた作品世界の“限界”をも示している。巨大SNS「フェイスブック」の創設者マーク・ザッ...

| 元・副会長のCinema Days | 2011/06/08 20:09 |

ソーシャル・ネットワーク

原題 THE SOCIAL NETWORK 製作年度 2010年 上映時間 120分 原作 ベン・メズリック 脚本 アーロン・ソーキン 監督 デヴィッド・フィンチャー 音楽 トレント・レズナー/アッティカス・ロス 出

| to Heart | 2011/06/08 19:14 |

ソーシャル・ネットワーク

SNSには関心がないので《フェイスブック》と言われても特に興味が湧くでもないが、PCを操る《危ない話》ということで、公開初日に見てしまうことになった。この種の映画は圧倒的に若

| KATHURA WEST | 2011/06/08 17:17 |

譲れなかった想い。『ソーシャル・ネットワーク』

世界最大のSNS「Facebook」誕生の裏側を実話に基づき描いた作品です。

| 水曜日のシネマ日記 | 2011/06/08 12:52 |

ソーシャル・ネットワーク

【THE SOCIAL NETWORK】 2011/01/15公開 アメリカ PG12 120分監督:デヴィッド・フィンチャー出演:ジェシー・アイゼンバーグ、アンドリュー・ガーフィールド、ジャスティン・ティンバーレイク ...

| 映画鑑賞★日記・・・ | 2011/06/08 11:41 |

ソーシャル・ネットワーク

ソーシャル・ネットワーク ★★★★☆(★4つ) やっと観てきました。ソーシャルネットワーク! 高評価はだてじゃないね、面白かったです。 一言でいうなら「うらやましかった」か...

| 食はすべての源なり。 | 2011/06/08 10:31 |

ソーシャル・ネットワーク

成功と孤独は表裏一体。  

| Akira's VOICE | 2011/06/08 10:15 |

孤高の天才〜『ソーシャル・ネットワーク』

 THE SOCIAL NETWORK  2003年、ハーバード大学。天才ハッカー、マーク・ザッカーバーグ(ジェシ ー・アイゼンバーグ)は、親友エドゥアルド(アンドリュー・ガーフィールド)と共 に学

| 真紅のthinkingdays | 2011/06/08 09:48 |

映画:ソーシャル・ネットワーク

 世界最大SNS・Facebookの創設者マーク・ザッカーバーグがFacebookを作る過程を描いた作品ソーシャル・ネットワーク、観た人に「フェースブック」を知らなくても楽しめるかを確認した後

| よしなしごと | 2011/06/08 09:45 |

映画レビュー「ソーシャル・ネットワーク」

ソーシャル・ネットワーク 【デラックス・コレクターズ・エディション】(2枚組) [DVD]◆プチレビュー◆世界中の人間とつながりながら、大切な人との絆は失う皮肉。フェイスブック ...

| 映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子の映画評 | 2011/06/08 09:32 |

ソーシャル・ネットワーク/ジェシー・アイゼンバーグ

劇場予告編で流れるあの音楽にやられてしまいした。好きなんですよねああいう曲調って。もちろん物語も興味深くて、世界最大と言われるソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS ...

| カノンな日々 | 2011/06/08 09:01 |

ソーシャル・ネットワーク

デヴィッド・フィンチャー監督「ソーシャル・ネットワーク」 http://toki.2ch.net/test/read.cgi/cinema/1287242457/ 1 :名無シネマ@上映中 :2011/01/17(月) 14:15:25 ID:oOssc+g5 監督 デヴィッド・...

| 2ちゃんねる映画ブログ | 2011/06/08 08:20 |

映画「ソーシャル・ネットワーク」 感想と採点 ※ネタバレあります

映画『ソーシャル・ネットワーク』(公式)を、本日初日(1/15)鑑賞。観客は30名ほど。 採点は、★★★☆☆(5点満点で3点)。観る人を選ぶかな?と言う点で100点満点なら45点。★

| ディレクターの目線blog | 2011/06/08 08:14 |

『ソーシャル・ネットワーク』

□作品オフィシャルサイト 「ソーシャル・ネットワーク」 □監督 デヴィッド・フィンチャー □脚本 アーロン・ソーキン□原作 ベン・メズリック □キャスト ジェシー・アイゼン...

| 京の昼寝〜♪ | 2011/06/08 08:11 |

ソーシャル・ネットワーク

 すでにグラミー賞の4冠を獲得していて、さらにアカデミー賞の最有力候補ともされていますから、早目に見ておこうと、『ソーシャル・ネットワーク』を吉祥寺のバウス・シアターで

| 映画的・絵画的・音楽的 | 2011/06/08 06:25 |

ソーシャル・ネットワーク

10月23日(土)@TOHOシネマズ六本木ヒルズ。 東京国際映画祭のオープニング上映で鑑賞。 チケットはぴあの先行発売で購入。 正規料金2,000円に加え、特別販売手数料など600円が加...

| あーうぃ だにぇっと | 2011/06/08 05:33 |

『ソーシャル・ネットワーク』 | なぜ題名を「FaceBook」にしなかったかについてトンデモ解釈

予告編から受ける印象と、本編のそれが かなり違っていた……ってこと、 外国映画にときおり見られますよね。 本作品もそんな一本だと思います。 宣伝用ポスターにでかでかと「 ...

| 23:30の雑記帳 | 2011/06/08 04:53 |

『ソーシャル・ネットワーク』 映画レビュー

『 ソーシャル・ネットワーク 』 (2010) &#160;監  督 :デヴィッド・フィンチャーキャスト :ジェシー・アイゼンバーグ、アンドリュー・ガーフィールド、ジャスティン・ティンバー...

| さも観たかのような映画レビュー | 2011/06/08 02:01 |

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。