as soon as

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

甲子園の思い出2

>次はあれよ

>わたしが中学生のときに

>応援してて、特に印象深いとこ

>熊本エ業高校

>なんで印象深いかっていうと

>このときわたしはバレーの全国大会で東京にきていた

>品川パシフィックホテルにとまってたんだけど練習するからTVみる暇がない

>だから結果をみるのはいつも夜か朝ね



>そんな中の思い出




実はこれでだいたい8割がた説明がついている



これはですねー

これはなんでこんなに印象深いのか

それは後から気づく自分の行動ってアルじゃないですか

ああ…なんでこんな

知らないで浮かれてこんな

あああーー

みたいな



そっから用心して浮かれないようにするか、

それでもそのときはわかんないんだから踊ればいいやになるか

分かれ道なんですけど

自分の場合はしばらく、年齢的に子供のうちは前者で、

成人して大人になって子供できてから後者になりました



だんだん世の中のどうしようもないことは、

用心してもしゃーないなと思うようになるんですよね

最初から浮き草のように生きてないよ

結果、浮き草になるというかさ

お坊ちゃまにはわかるまいやぶさかでない




ってそんなたいした話じゃないのでさくっとドラムたたいてサクっと




わたしは中学校のときにバレーボールをしていたのですが、

そのときの中学の指導者がかなり力のある人でした

ぶっちゃけ、公立の学校のスポーツ部活っていうのは、

本人の資質プラス、指導者なんですよね

公立で

どっかから戦力を引っ張ってくるような学校の体勢でなく

お金もべらぼうにかけられるわけではない

そうきたら、たまたま逸材がいるか、有力な指導者がいるか

特に団体競技はそうだと思います



で、この力というのは2つ

「指導力」

「コネ」

以上2点です



正直、人望はあまりなかったように感じる

うーん…

贔屓目にみても

ちょっと人望はなかった

指導者としては優秀な人だったと思う



この先生がきてからわたしのいたバレー部は強くなった

中学生の身体能力、もちろん差はあるけれど、

筋力もそれほどトレーニングで差が出るほどの月日を費やしてない年齢だし、

体格的な差は戦略でカバーできる競技ですバレーボールは

じゃなきゃ日本女子が勝てるわけない

わたしも身長158センチでアタッカーだったけど中学なら通用するんですよ

それ以上は身体的に無理ですね

リベロをするほどうまくはないし



練習はみっちりしてて、盆も正月もない

とにかくボールにさわらない日はない

インフルエンザのときくらいか(「悪魔の手まり唄」放映時w)

夜は8時すぎあたりであがり、あまり遅くまでやんなかったな

入部する人はたくさんいたがどんどん減ってく

体罰もあり

時代もあるし、バレーはそういうところが伝統的にあるっちゅーか

普通みたいな感覚というか

ビンタも竹刀もある

んーでもこのときの感覚でいうと、叱られないと見込みないっちゅーか

帰れっ!て言われても粘るとか

おまえなんか使えねえ!って言われた後に、

わたしはできる!!戦力になる!!って言い切るとか

言うだけじゃだめで、できるところを見せるとか

まーそういう世界で

体罰なんて…って顔をしかめる人もいるかもしれないけど、

この世界に身をおいた人以外に、そんなありきたりな感想をいってほしくない

おざなりなんだよそんな感想

やり遂げた人以外の意見を聞く気ない

自分がやってきたことに関してはそんな気持ち



もちろん自分は暴力推奨もしてないよ

「話して」「わかって」「やる」がいいだろうし、

自分は自分の子供に力で、暴力で、言うことを聞かせたことはない

でも、痛みが必要なときもある、って思うんだ

特にこういう団体部活

だから痛みが許せない場合、これからやる人や、子供にやらせる人は

「暴力反対」言えばいいと思うよ



でも力の中に

そこに何かあるときがある

ありていに言いますと愛があるときがあるよ

話して3時間が、一発のビンタでわかることもあるよ



まー微妙な話だねこれは

繊細なっちゅーか

自分は繊細でもなんでもないと思うけど、敏感な人がいるっちゅーか

体罰がありと思う気持ちもありながら、

自分は子供を叩いたりはしてこなかった

わたしは感情でこういうとき動けない

自分自身がそこに身をおいたことがありながらも、それは使わなかったね

愛があればいいって思ってるわけじゃないし

なんちゅーか向き不向きがあると思う

だから人による

関係性、ある種の信頼関係

あーでも体罰に関してはうるさすぎ、過敏すぎとも思う

面倒くせえなあ




というわけで!

部活は厳しかった

で、指導者に強いコネがあるから、

中学ではもう練習試合を付近の学校とする意味合いも薄く、

練習試合は高校生としていた

普通やらないけど、ここは指導者に強力なコネがあるんで

旭川の有名な女バレの強豪校

名前は伏せますが女子バレーが伝統的に強い

あそこの2軍と練習させてもらったりしてました



そんで全国大会



北海道の学校の夏休みは短いの

大体8月の20日前に終わります



この全国大会にいくとねー

全国のスケジュールにあってるもんだから、

夏休み後、始業にひっかかるんだよね

甲子園も、北海道の始業にひっかかっている

北のほうは夏休み期間短いとこおおいもんね

そんかし、冬休みが長い



なので

公的に学校をさぼれます

全国大会にいくとしばらく学校は公欠になる



といっても、大会3日前くらいに東京入りして、

昼間はずっと練習、夜はミーティング、

ストレッチしてさあ寝ろ!って生活なんで、

学校行ってるほうが時間には余裕あるよね

昼は指導者のコネにより、東京のどっかこっかの学校の体育館使用

あじいーー東京の夏ってしにそう

でもバレーは屋内で、窓もあけられるからまだ助かる

バテルバテル

暑さにバテル

この暑さに慣れないと北の人間はとうてい試合に勝てないであろおおーー



しかし人間というものはその生活の習慣に体があっていって、

その中から余裕がうまれてきたりする

たとえば疲れからの回復が早ければ、自分の時間が増える

疲れて4時間休んで回復するところ、2時間で回復できれば

その時間は自分の時間となるわけです

どうしても時間をくうスケジュール以外の、

自分でつめることができるスケジュールをどうやりくりするか

これをだんだん意識しないでやるようになってくる

なんといっても若いし!

若いから体力あるんだなあ

今はぜんぜん無理

しぬ




はい、本題こっからーーー




そういうスケジュールの中、燃えていたのが

夏恒例、甲子園です!



わたしは熊本工業高校を応援してました

たぶん、北海道の学校はすぐに負けちゃったんだと思う



確か3回戦か準々決or準決くらいかなあ…



その、全国大会で遠征している先のホテル、

品川パシフィックホテルで同室だった女の子も、

甲子園に盛り上がっていた

だからふたりは示し合わせて、万障繰り合わせて

なんとかかんとか夜、もしくは朝、甲子園の結果だけはみれる状態に

やりくりやりくりしてたわけです

あの頃から熱闘甲子園ってあったっけ?

忘れたけど



そんで

そんでだよ



同室の子は東洋大姫路を応援してたんだよね

わたしもさーいじわるじゃないから、

東洋大姫路、勝つといいね!なんつって



こう昼にね、よそ様の学校の体育館でね、

ブリッジしながら東洋大姫路の応援をしていたんだよね

東洋大姫路応援バージョンというのがあって

ええ勝手につくりましたけども

その友達が作った東洋大姫路応援バージョン(ブリッジの状態から始める)

にわたしがアレンジをして、

田中やすしたしか好きだったんだその子は



ガンバレガンバレ東洋大姫路

たなか・やすし



んー字にすると普通だな!



でもこれをブリッジしながら尻文字をかくんだよね

仰向けにブリッジしながらこの応援歌←

にあわせて、尻文字をかく



まー一見、

いちげんさんにはトレーニングをしているようにみえなくもない

歌がなければなー




で、そんな余計なトレーニングをして、

暑くてバテてて、疲れた体を余計にいじめつつ

夜には回復しつつ、

テレビをみたらさ!



熊本工業高校と東洋大姫路があたって、熊本が負けてたんだよ!



いや、

あの応援のおかげとは思ってないけど!w




でも自分の応援してる学校と、昼にブリッジしながら応援していた学校が

対戦しているとも知らず、相手校を応援していた

変な格好で




14歳の子がショックを受けるには十分じゃないですか!?



14歳のいたいけな女の子が!





そういうわけで大変印象深い甲子園でした




ちなみにわたしは

熊本工業高校の、セカンドの、2番バッターの野村くんがひいきでした



セカンドって職人系じゃないですか



なんというか技とかフィールディングとかチョイスとか



大味じゃないっていうか



すごくうまい人だな



かっこいいプレーだな~と思って応援してました





相手校応援してたけどね…(ノ◇≦。)






甲子園の思い出は次はあれだなー

てか次で終わるな



こんな濃いのでなくてもっと軽やかにね

いいとこどりな感じで

ダイジェストって感じで





ではおやすむー(θωθ)/~



関連記事
スポンサーサイト

| スポーツ | 00:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント:

TRACKBACK URL

http://okuyapu.blog.fc2.com/tb.php/14-e14b99c2

TRACKBACK

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。