as soon as

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

探偵はBARにいる 【映画】

110613_1350~04


「ギムレットには早すぎる」
レイモンド・チャンドラーの『長いお別れ』の中で使われるセリフ

最初に大泉洋扮する探偵が、Barでこのギムレットを注文する

おお~…
私立探偵ハードボイルドを意識している
そんな小さなとっかかりで
グイっと前のめりになる

ちなみに違うシーンで次に注文したのはマルガリータ
えーメキシコの恋人が死んだんだよね
確か狩りをしてて流れ弾にあたって
そんな思い出から、
残された恋人が作った亡き恋人を想うカクテル
後半効いてくるよ~

私立探偵である大泉洋←名前がなかったような
そして運転手兼護衛兼寝る係の相棒に松田龍平扮する高田
札幌ススキノのBar「KELLER OHATA」を拠点に、
携帯を持たないこの探偵は事件に奔走する

これ
シリーズ化しないかなあ
今回の話は導入で、
高田との関係や
Barを拠点にした理由
匂わせて明かされてないことがある
でも中途半端とは感じない
シリーズの一部分を切り取った感じだ

大泉さんに関しては、
まああれでしょ
北海道のスーパースターなんで^^
いろんなやらしい先入観でみることもあるんですけど
彼は実際すかし癖はあっても勉強家で真面目で気ぃ使いな一面もあったり
けど~
だから~
これはハマり役ではないだろうか

この感じ
わたしは心地よかった
話しの流れも間延びせずみていた
まだ知りたい
脇がいいので脇の話も知りたい
やっぱり的なヤクザ役の松重豊
バイ(両刀使い)の敏腕記者が田口トモロヲ
この辺の掛け合いも好き
好み
特に田口トモロヲはさ、
松田龍平と、映画「御法度」で絡んでて、
三千世界のカラスを殺し~文字通り組んず解れつ絡み合ってて、
衆道を極めちゃってんだよね
いや~嫉妬の顔と衆道やらせたらこの人はすごいハマる

ところどころ出てくる探偵のちょっとキザな独白
熱さ←たまにああ洋ちゃん…!ちょっとコナレテない!って思ったが
合うんだな合う
主義に凝り固まればソビエトも地図から消える、という揶揄の仕方とか、
魂のもっとも痛々しいところに噛みついてくる、萩原朔太郎の散文「宿醉の朝に」を引用して気持ちを表現するなど
小物や小ネタにちょいちょいとつつかれる
だからつまり好みってこと
最近、邦画やドラマでこういうタイプの創りはちょっと見かけないな
少しキザでハードボイルドで海千山千系
自分もそんなに観てないから知らんだけかもあったら教えて

キザって決して悪い意味じゃない
もっと遊び心をいれて
北のルパンくらいになってほしいね
キザでかっこいい←いまは「かっこいい」までいってない
いちいち発進するときにバックファイヤーかます車も素敵よ
ただあれで冬の北海道を乗り切れるのかね?ははは
でも期待満々
シリーズ化したらいい感じになると思うなあ

して

ススキノ探偵シリーズ


まず、地元ということもあってこれも楽しい
わたしは札幌のススキノ近くに住んでたんですよ~
街並みをみてニシシとなるし
あと雪景色だね
最近じゃ僕のエリ200歳の少女か若しくはそれ以上の雪景色
もう勘弁してって感じの雪原
北海道なんて半年近く雪があるからね
しびれるわ
ほんとに痺れて歯の根が合わんくなるっちゅーねん


大泉さんも勝手知ったる札幌ということで、
この役の中の私立探偵の「顔」な部分がsoマッチだった

現段階ではもうちょっと足りないの
もう少し知りたい
今回のお話は、ハッピーエンドではないのです
そして話の先もわかるのですが、
隠しておいて種明かしでびっくりさせてやろうという創りでもなかったのです
最後はビターなテイストが漂います
でも甘いだけが美味しいモノじゃない
苦みが旨いと感じさせることができる作品になってゆけるんじゃないか…
という期待を込めて、シリーズ化してほしいです

切な苦くとも
後味が悪くなくって
心地よかった

わたしはウィスキーをあまり嗜みませんが
美味しいウィスキーに出会ったなら
また飲みたいな…って思う様な
そんな後味でした



はい、おマケ
※ネタバレ含みます


・孤高のメスに出ていい味出してたおかちゃんがここでもいい味だしてマス

・いい映画みろよ

・ススキノ治安わりーなw

・松田龍平が演じる相棒の高田は探偵がものすごくボッコボコになってからしか助けにこない

・吉高由里子あれだけかい

・番宣で、はなたれナックスに公開直前の宣伝のため松田龍平と大泉洋がゲスト出演していたが、だいたい大泉洋はレギュラーじゃん。そして松田龍平はほとんどしゃべりませんでした!更に、あんな北海道でしかやってない深夜番組に出ても宣伝にならないんじゃないの?番組観てる人はもともとこの映画を観に行きそうな層だ。この出演に関しては宣伝する気ないよね

・マリー・アントワネットよりはデュ・バリュー夫人…と思いきや、実は大石内蔵助良雄であった

・時計をとめて二人のために素敵な恋の中で…←劇中に出てくる歌手のマキちゃん(カルメン・マキ)が歌う唄
これが小物と相まって効いてる

・SFAガバがベースだとしたら装弾数23+1、UCなら19+1…むむ…もっかい確認したい…

・細かいところにこだわるとこ好き

・わたしもマトンとラムならラムだっちゃ!


※ 質問があったので追記
最初にギムレットで次がマルガリータという部分が最後のどこに効いているのか
はっきり書かなかったため、モヤモヤっとなったそうですみません
ものすごくネタバレですが、補足します
モロなので、映画未観賞な方、ネタバレ嫌いな方、
ここにモヤっとしなかった方は読まないでください




まず、ギムレット
これは本文中に挙げたとおり、「長いお別れ」で有名なカクテル
シチュとして私立探偵のフィリップ・マーロウは妻を殺した夫のテリーに
「ギムレットには早い」と言われます(何故「早い」かについては「長いお別れ」での話になるのでまた今度)
マーロウは、テリーが妻を殺したとはまったく思っていなかった
でも結局、彼(テリー)は妻殺しの犯人だったわけです
この映画「探偵はBARにいる」でも、小雪扮するさおりは、
最初は悲劇の未亡人でしたが、途中から夫殺しの容疑をかけられます
そういった意味で、ギムレット

更に、次はマルガリータ
マルガリータというカクテルは、
不慮の事故で恋人を失って残された片割れ(ここでは男性)が
亡くした恋人の面影を追い求めて作った哀しい思い出のあるカクテルという謂れがあります
つまり、「探偵はBARにいる」に当てはめると、容疑をかけられたさおりは実は亡き夫を想い行動していた…
………
というわけです
ストーリーのラストにほぼ触れまくるため、モヤっと表現しました
失礼しました

…と推測するにヒントがちりばめられているなという話
誰が何をどういうつもりでやっているのかという謎については、
ヒントなくても当たりそうなクイズだったんですけど
小物にも凝って意味を込めるところがとても好みに合うと思った次第です

ここに意味がこもっている、と思った理由
Barを拠点にしていることから作者さんはカクテルに詳しい方でこだわりがあるのではないか
それと、ほかのお酒を飲んでいるシーンも多々あったのですが特に名前を出さなかったのに、
ギムレットとマルガリータだけは名前を出しているところです

これについては公式見解ではなく、観る側の深読みであります
しかし、深読みできるその作風が好きです
ほかにもいろいろ遊び心がある表現があって
言葉や揶揄、小物に凝る作品ベースではないかと思いました

2011.0913.1920 追記おわり

関連記事
スポンサーサイト

| 映画 | 03:02 | comments:18 | trackbacks:30 | TOP↑

COMMENT

ものすごくボッコボコになってからしか助けにこないっての
なんか笑ってしまいます。

とても気になる作品。
個人的なことですが
気になっても身体の都合でなかなか即座に映画館に行けないわたくしとしては
このレビューを読んで
ふむふむほほ~~う

>最後はビターなテイストが漂います
でも甘いだけが美味しいモノじゃない

ここで観たい度が更にUPしました。

なるほど~~~
いやあ
そそられます。

| kazoo | 2011/09/13 13:09 | URL |

フフ♪

ぷサンは雪景色が好きネ~v
エスターの時も言ってたモンネe-446
ぁ、けぃこはエスターみてなぃョ
これ面白そぅ☆
君の瞳に乾杯☆って言ってなかった?( ´艸`)
ぷサンは最近更新あまりなくて長文ネ
真面目なのも好きだケド。。
アホの子のぷサンもみたぃヮe-266
わけわかんなぃのがたまりませんのv-63

| けぃこ | 2011/09/13 14:59 | URL | >> EDIT

kazoo さん

こんばんは~

> ものすごくボッコボコになってからしか助けにこないっての
> なんか笑ってしまいます。

もうね、フルボッコでしたよ
でも一応助けにはくるんです
もうちょっと早くこいやーー!←探偵はそう思っている(憶測)

お好みにあいますでしょうか^^
機会がありましたら
ドラマシリーズでもいいくらいと思ったので、
制作された方には失礼ですが、DVDでも良いような気もします

ただ、観に行くのなら夜がいいような気がします

気がする気がするってふわっとしたことしか言ってませんが
わたしはよかったですよ~

| おくやぷ | 2011/09/13 19:49 | URL | >> EDIT

けいこちゃん

> ぷサンは雪景色が好きネ~v

すきーすきー
ブチンスキー


> これ面白そぅ☆

わたしはおもしろかったなあ
好みよ


> 君の瞳に乾杯☆って言ってなかった?( ´艸`)

今回は言ってねーべし
シリーズ化したらそれも出てくるかもね
ハンフリーボガードだっけ
でもシャンパン飲みそうにない探偵らぞ


> ぷサンは最近更新あまりなくて長文ネ
> 真面目なのも好きだケド。。
> アホの子のぷサンもみたぃヮe-266

てへてへヽ(´ρ`)ノ
でへへ

| おくやぷ | 2011/09/13 19:52 | URL | >> EDIT

シリーズ化~

おくやぶさん、こんにちは^^
TB&コメント、ありがとうございましたm(__)m

『キサラギ』の脚本家って考えるとそれなりに力が入ってしまうので、
対比せずこれはこれとして観ましたが、実に面白かったです!
この凸凹コンビで僕もシリーズ化してほしいなぁと思います^^

| cyaz | 2011/09/14 17:25 | URL | >> EDIT

cyaz さん

こんにちは^^

こちらこそありがとうございました

これシリーズになったほうがいろいろ小出しに出来ていいと思うんですよね
ひとつの作品ですべてを明かしてしまうのはすっきりはしても粋じゃなくてこの作風に合わない気がしますよ
さりげなーく、小出しに
この二人のコンビもまた観たいですね!

| おくやぷ | 2011/09/14 20:34 | URL | >> EDIT

小物や小ネタ好きだもんね~。
これ観たかったんだけど、諸般の事情で当分無理。
むかむかだお(^ω^)
もうテキーラ・サンライズのお時間でふ。

はなたれナックス観たよw
リーダーの引き出しでちょっとだけ喋ってたね。
青い春のときからするとずいぶんザラついたなぁ龍平
沈められてもいいわ~。

そうそう、今札幌で探偵はBARにいるフェアやってるよ。
BARの看板飾ってあったの。
テープで囲まれてて犯行現場みたいだったお(^ω^)

| hina | 2011/09/15 04:18 | URL | >> EDIT

む〜〜。

観たいのだけど...、

これまた俺の嫌いな映画館で上映中...v-16

6ヶ月後だな...v-16

| nada | 2011/09/15 09:22 | URL | >> EDIT

hinaちゃん

> 小物や小ネタ好きだもんね~。

すきよ
ラムセス二世とかアドリアネって言うだけで
おう?って思うだよ


> これ観たかったんだけど、諸般の事情で当分無理。
> むかむかだお(^ω^)
> もうテキーラ・サンライズのお時間でふ。

えーそっか
残念だね
お話したかったなあ
残念なの~


> はなたれナックス観たよw
> リーダーの引き出しでちょっとだけ喋ってたね。
> 青い春のときからするとずいぶんザラついたなぁ龍平
> 沈められてもいいわ~。

きみはバミューダ海域にでもいるのか
沈められてもいい人多すぎないか
んだんだ


> そうそう、今札幌で探偵はBARにいるフェアやってるよ。
> BARの看板飾ってあったの。
> テープで囲まれてて犯行現場みたいだったお(^ω^)

えーいいないいな
みたーい
サッポロ行くからちょっと見に行こうかな~
いつまでやっているんだろうね

| おくやぷ | 2011/09/15 22:12 | URL | >> EDIT

nada師匠

> 観たいのだけど...、
>
> これまた俺の嫌いな映画館で上映中...v-16

残念ですね…
すごく残念です
師匠の感想が聞きたかったな


> 6ヶ月後だな...v-16

レンタルはやく出るといいね
わたしはこれ、もう一回映画館に観に行きます
気になって確認したいところがあるのよ~
6か月後か…?

| おくやぷ | 2011/09/15 22:15 | URL | >> EDIT

こんにちは!

おくやぷさん、こんにちは!

シリーズ化したらおもしろそうですよね。
大泉洋さんは意外にもこういう役はあっているかも。
ちょっと飄々としたところは「ルパン三世」っぽくてあってるかもしれないです。
ハードボイルドで昭和な感じが懐かしい感じがありました。

| はらやん | 2011/09/23 09:24 | URL |

はらやんさん

こんにちは^^

> シリーズ化したらおもしろそうですよね。
> 大泉洋さんは意外にもこういう役はあっているかも。

最近ない雰囲気なのでおもしろそうです
やってほしいです~シリーズ化


> ちょっと飄々としたところは「ルパン三世」っぽくてあってるかもしれないです。
> ハードボイルドで昭和な感じが懐かしい感じがありました。

ハードボイルドって北方大藪あたりのハードさを思い浮かべますけども
こういう少しコミカルな部分が入り混じったものもオッケーとおもうのですね
複雑な味わいの作品になってくれるんでは…と期待してます

| おくやぷ | 2011/09/23 12:14 | URL | >> EDIT

こんにちは!
拙ブログにトラコメありがとうございましたヾ(^∇^)
おくやぷさんの観察眼凄い!!Σ( □ ;)
めっちゃ詳しい!!

本当に演出色々凝ってるんですね。
北海道舞台は本当に寒そうでした!
雪怖い!

おくやぷさんも大泉洋の演技をご覧になって、やはりルパン三世を連想しちゃいましたか。あっちは泥棒ですが。
実写版ルパン三世、彼ならそのままやれますね!!
しかし、ジゲンやゴエモン、銭形警部が思い付かない..。
いっそ4役やっちゃえば楽しいかもしれませんね。

また2が楽しみですね。

あと、すみませんがまたまた携帯のパソコン画面の調子が悪くて過去記事がいじれなくなっておりますのでご理解下さいませ。(-ω-;)ヽ


●愛知女子気侭日記
「探偵はBARにいる」

http://7001156186a.blog106.fc2.com/tb.php/210-9fdfdc2d



| 愛知女子 | 2011/10/01 15:00 | URL | >> EDIT

すみませんURL間違えました

どうも先ほどトラックバック用のURLを載せてしまいました。
お許し下さい。(>ω< )

●愛知女子気侭日記
「探偵はBARにいる」
http://7001156186a.blog106.fc2.com/blog-entry-210.html


| 愛知女子 | 2011/10/01 15:18 | URL |

松田

> 松田龍平が演じる相棒の高田は
> 探偵がものすごくボッコボコになってからしか助けにこない

・・・きっと誰かキュー待ちをさせてるのでしょう(笑)

| ふじき78 | 2011/10/02 18:40 | URL | >> EDIT

愛知女子さん

ありがとうございます
TB調子よくないみたいなので、ほんと気にしないでくださいね
記事を読んでおお納得、と思い送らせていただいてるという認識くらいでお願いしますです
くれたらうれしいです^^←プレッシャーではないのです

これ、今日もみてきたのですが
うーん凝ってますね
今日は使っている銃を確認したくて行ったのですね
高嶋政伸さんが使っていた銃
あれをこの映画の製作者に依頼されてSFA社のガバメントモデルガンから改造した人のブログを拝見したので、
銃の造詣と、どの場面で使っているか
それと最後の小雪のところの銃声の弾数を数えていたのでした

1回目はだいたいは数えていたけどあやふやだったので今回は指折り数えましたよー
19発+1なので、大きさからいってもあれはウルトラコンパクトですねおそらく
弾はいりすぎでしょあんなに撃てるのおかしいって感想をみかけたので、銃が気になっていたのですが、
ウルトラコンパクトでなければガバには23+1発もあるのでおかしくないですねまったく

…という疑問解明に行ったのでした
おもしろかったです


そして新たに気づいた点が

サウナにはいっているときや、
怪我の手当てをしているときにみたのですが、
大泉洋の右肩に銃弾を受けたような弾痕後みたいな古傷があるんですね
本人の裸をじっくりみたことないので本人のものか役柄的なものか定かじゃないのですけど
役柄のものならこれからあの弾痕にまつわる話があるかもですね^^

あと、探偵が(よし!行くぞ)、とでかける前に飲んでいたのがこれもたぶんですけどテキーラ・ショットガンかな?と思われるのです
ショットグラスなのと、何かを決意したようにテーブルにたたきつけていたので、
正当なショットガンスタイルだな~なんて

やっぱり凝っているなとニヤニヤしました
おお長い

それと初日にみたときは最後エンディング終わったらおしまいのところ、
今回は第2弾制作決定!のテロップが追加されていました

北のルパンがこれから活躍するの楽しみです

やっぱルパンですね~^^

| おくやぷ | 2011/10/04 00:55 | URL | >> EDIT

愛知女子さん

いえいえ、ありがとうございます
URLはっていただいてお気遣いいたみいります

でも成功しましたねーTB
受け取りました^^
ありがとうございました!

| おくやぷ | 2011/10/04 00:56 | URL | >> EDIT

ふじき78 さん

果物は腐る一歩手前がおいしいといいますから
そんな感じであぶない手前がオイシイのでしょうね!

| おくやぷ | 2011/10/04 01:10 | URL | >> EDIT















非公開コメント:

TRACKBACK URL

http://okuyapu.blog.fc2.com/tb.php/177-1769f651

TRACKBACK

「探偵はBARにいる」 懐かしい昭和の香り

なんか懐かしい昭和の香りがしますね。 場末のバー、気の置けない相棒、依頼の電話、

| はらやんの映画徒然草 | 2013/04/27 22:24 |

探偵はBARにいる/大泉洋、松田龍平

このタイトルに見覚えがなかったんですけど、たしか原作モノだったよね?と思っていたら原作は東直己さんの『ススキノ探偵』シリーズの『バーにかかってきた電話』という作品なの ...

| カノンな日々 | 2012/02/20 09:43 |

探偵はBARにいる

11年/日本/125分/犯罪ミステリー・サスペンス/PG12/劇場公開 監督:橋本一 原作:東直己『バーにかかってきた電話』 出演: ◆大泉洋…探偵<俺> 過去出演作:『もし高校

| 銀幕大帝α | 2012/02/19 19:34 |

探偵はBARにいる

http://toki.2ch.net/test/read.cgi/cinema/1299504721/1 :名無シネマ@上映中:2011/03/07(月) 22:32:01.11 ID:py7bV9gJ 【キャスト】大泉 洋 松田龍平 小雪 西田敏行マギー 榊英雄 本宮泰風 安藤玉恵 新谷...

| 2ちゃんねる映画ブログ | 2012/02/17 23:54 |

「探偵はBARにいる」

番宣で洋ちゃんをたくさん見、 特集や特番で内容はだいたいつかんでいたものの なかなか観に行く時間が取れずにモヤモヤしていましたが ようやく映画館に足を運んできました。

| 塩ひとつまみ | 2011/11/05 20:35 |

モジャモジャ頭はススキノ探偵〜『探偵はBARにいる』大泉洋×松田龍平

注・内容に触れています。モジャモジャ頭はススキノ探偵〜♪(吉田拓郎「旅の宿」のメロディでw)←こんな替え歌を思いついてしまうぐらいモジャモジャ頭の(←褒め言葉です)大泉洋主演

| 映画雑記・COLOR of CINEMA | 2011/11/05 00:18 |

探偵はBARにいる・・・・・評価額1650円

昭和テイストの和製ハードボイルド。 北の大地の歓楽街、札幌はススキノを舞台とした東直己の小説、「バーにかかってきた電話」を原作に、あの「相棒」を大ヒットさせたチームが新

| ノラネコの呑んで観るシネマ | 2011/11/04 21:48 |

探偵はBARにいる

探偵はBARにいる’11:日本◆監督:橋本一「茶々 天涯の貴妃」◆出演:大泉洋、松田龍平、小雪、西田敏行、マギー◆STORY◆“俺”は札幌の歓楽街ススキノの私立探偵。相棒兼運転手の高 ...

| C'est joli〜ここちいい毎日を〜 | 2011/11/02 15:18 |

【探偵はBARにいる】

監督:橋本一 出演:大泉洋、松田龍平、小雪、西田敏行 何かあったら 電話してくれ。 「札幌ススキノのとあるBARを拠点にしている探偵、ある日BARにコンドウキョウコという女性

| 日々のつぶやき | 2011/10/05 10:54 |

探偵はBARにいる

 『探偵はBARにいる』を渋谷TOEIで見てきました。 (1)本作の主演の大泉洋が、これまた主演を演じた『アフタースクール』(2008年)がなかなかの出来栄えだったので、これもと期待して

| 映画的・絵画的・音楽的 | 2011/10/02 05:26 |

【映画鑑賞】探偵はBARにいる TOHOシネマズ木曽川にて あの車面白いw

こんにちは! 大分前に観たのにアップ忘れてました…。 《感想》 原作未読です。 北海道が舞台ですが北海道行った事が無いためなかなか新鮮でしたよ。 主人公の探偵役に大泉洋で...

| 愛知女子気侭日記 | 2011/10/01 20:55 |

探偵はBARにいる(ネタバレあり)

どうも、エミです(・∀・)つ 旦那が珍しく公開初日に見に行きたいと言っていた 『探偵はBARにいる』 ですが、私がバタバタしていたので見に行けなかったんですが 先日ようやく見 ...

| エミの気紛れ日記 | 2011/09/30 22:03 |

■映画『探偵はBARにいる』

“ハードボイルドな探偵映画”って、日本ではなかなかはまらないような気がしてました。 まず、探偵が似合いそうな俳優がいないし、探偵が似合いそうな場所がないし。 「なんかと

| Viva La Vida! <ライターCheese の映画やもろもろ> | 2011/09/30 00:15 |

大好き♪松田龍平(そっちかいっ!)〜「探偵はBARにいる」〜

探偵はBARにいる。Agehaはどこにいる?(笑) 京都叡電の元田中駅から徒歩で5,6分てとこですかね? 「BAR探偵」というお店があります。 2011年の「京都カフェじかん」というガイド...

| ペパーミントの魔術師 | 2011/09/26 01:36 |

「探偵はBARにいる」

評判がいいんで、続編もつくるらしいな。 タイトルは、「探偵はBARBERにいる」。 はい、ちょっとこの天然パーマなんとかならない・・・って散髪中かよ! 冗談はともかく、続編ができる...

| 【映画がはねたら、都バスに乗って】 | 2011/09/25 22:03 |

映画:「探偵はBARにいる」♪。

平成23年9月22日(木)。 映画:「探偵はBARにいる」。 【監  督】橋本一 【原  作】東直己(バーにかかってきた電話) 【脚  本】古沢良太/須藤泰司 【音  楽】...

| ☆みぃみの日々徒然日記☆ | 2011/09/23 22:17 |

「探偵はBARにいる」(日本 2011年)

女性からの電話での依頼。 去年の2月5日、カトウは何処にいたか。

| 三毛猫《sannkeneko》の飼い主の日常 | 2011/09/23 18:04 |

『探偵はBARにいる』

□作品オフィシャルサイト 「探偵はBARにいる」□監督 橋本 一 □脚本 古沢良太、須藤泰司□原作 東 直己(「バーにかかってきた電話」) □キャスト 大泉 洋、松田龍平、小

| 京の昼寝〜♪ | 2011/09/14 08:28 |

(映画)探偵はBARにいる 

小説を読んでいるようなストーリーのテンポの良さは心地よかったです。アクションシーンも笑いもあり冬の札幌は、懐かしかったです。

| ゼロから | 2011/09/14 05:18 |

探偵はBARにいる(2011-069)

映画の『探偵はバーにいる』の原作はシリーズ一作目の 「探偵はバーにいる」じゃなくて、二作目の「バーにかかってきた電話」 が原作。 そして映画のタイトルは「探偵はBARにいる」...

| 単館系 | 2011/09/13 23:37 |

★探偵はBARにいる(2011)★

何かあったら 電話してくれ。 上映時間 125分 製作国 日本 初公開年月 2011/09/10 ジャンル ミステリー/サスペンス/犯罪 映倫 PG12 【解説】 札幌在住の作家・東直己の“ススキノ探...

| Cinema Collection 2 | 2011/09/13 23:16 |

映画『探偵はBARにいる』

 東直己氏の代表作〈ススキノ探偵〉シリーズを、北海道出身である大泉洋を主演に迎えて映画化。アジア最北の大歓楽街、札幌・ススキノを、探偵が駆ける! バーにかかってきた電話 ...

| 闘争と逃走の道程 | 2011/09/13 22:09 |

探偵はBARにいる

映画「探偵はBARにいる」オリジナルサウンドトラック名無しの探偵を演じる大泉洋がハマリ役。ススキノを舞台に、コミカルな味を加味して描くハード・ボイルドの快作だ。札幌の歓楽 ...

| 映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子の映画評 | 2011/09/13 21:51 |

大泉洋が素敵。【映画】探偵はBARにいる

【映画】探偵はBARにいる 東直己の小説「バーにかかってきた電話」原作。 「相棒」シリーズの橋本一が監督。 【あらすじ】 行きつけの札幌・ススキノのバーにいた探偵(大泉洋

| B級生活 ゲームやら映画やらD-POPやら | 2011/09/13 21:25 |

探偵はBARにいる

東直己の小説「ススキノ探偵シリーズ」の第2作「バーにかかってきた電話」が原作。ちなみに、「探偵はBARにいる」と言うのは第1作のタイトル。 「ススキノ探偵シリーズ」と言う事な

| 勝手に映画評 | 2011/09/13 20:10 |

シリーズ化希望! 〜『探偵はBARにいる』

 札幌・ススキノのバー「ケラー・オオハタ」で依頼の電話を待つ探偵(大泉洋)は 携帯電話を持たず、運転手の高田(松田龍平)とオセロ三昧。そんな彼に、「コン ドウキョウコ」

| 真紅のthinkingdays | 2011/09/13 20:04 |

映画『探偵はBARにいる』

まぁ、とにかく、 昭和テイストなんですね(^_^;) 探偵の物語でハードボイルドだとこうなるんです!って言わんばかりの ベタな展開で(^_^;) 懐かしい「探偵物語」とか「太陽にほえ

| よくばりアンテナ | 2011/09/13 19:33 |

*探偵はBARにいる*

&nbsp;       ***STORY***                   2011年  日本 札幌のススキノでグータラな男・高田を相棒に探偵稼業を営む“俺”。携帯電話を持たな

| Cartouche | 2011/09/13 16:17 |

探偵はBARにいる

地味だぁ・・・  

| Akira's VOICE | 2011/09/13 10:23 |

探偵はBARにいる

試写会で見ました。タイトルがストーリーをすべて語っていますね。BARに掛かってく

| うろうろ日記 | 2011/09/13 07:23 |

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。