as soon as

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

嘘つきみーくんと壊れたまーちゃん【映画】

original.jpg
↑                            ↑
まーちゃん                     みーくん

とてもライトノベルらしい
なんというかライトノベルらしい
設定や話の展開や
登場人物が背負うもの(ここが特に一番「らしい」と感じた)

観た後は妙なポップさがわたしの中でホップ
設定はキツいのだが…

この喩えは共感をよぶかどうかさっぱりわからないが
四季賞を受賞するような作風
アフタの四季賞に載るような、残酷な背景にポップが飛び交うというか
現実感はなく
しかし気持ちの部分には妙に腑に落ちるところがある
自分の世界ではないが、その世界観はわかる
テレビや物語をみていて、
自分の世界ではないと認識しながら実際は遠い部分を近く感じるような感覚だ

だから突飛でもいいし
説明しなくてもいい
その世界観をどれだけ表現しているか
そういった点ではみーくんとまーちゃんにあたる二人の役者がいい

特に
染谷将太くんは現在一番注目している若手の俳優さんなので
実は彼が出てるだけで観よう、と思ったのだ

彼は「パンドラの匣」←リンクあり
この映画でもすごくわたしは惹きつけられた

染谷くんのこの泰然自若感はなんだろう
好きだな
目力のある人だ
彼が出演するときくと興味が惹かれて観る気になるな
でもファンとは違うから彼のことほとんど知らない
こういった世界にいる人は、好かれるとか嫌われるなんて関係ない
観る気になるかどうか
この一点だ
嫌われたって観られたら価値があり、勝ちなのだ
嫌い嫌い言いながらその人の話題をあげる人はかなり好きだなと思う
気になってるな
それはやられてんだよ
だって偶像としてしか知らないからね
つくられたものであろうが観たい気になればよい
アイドルもそう
役者もそうだ
観る側がどうやって関わりをもってゆくかというと、
知り合いでもなんでもないし、みえない部分でいいところがあろうとなかろうと知らん
隣人でも夫婦でも知らない面があるのに遠い世界の人間のことなんぞわからんわ
出ている部分を「観る気」になるかどうかだ

その観点からいうと、
染谷将太くんは観る気になる
しかーし
トーク番組にもし彼が出ていても観ない
演技している姿に惹かれているわけでファンではないから
そんな、出ている部分だけみて魅力的で注目している役者さんだ

反対に、
人間性や人格はまったく否定しないが
観る気にならず、
偶然、テレビやメディアで出演しているのに遭遇するとチャンネルを変える人もいる
わたしの中で
どんなにいい話かもしれんくても、観たくない人が出ているからみない作品もある
これは嫌いということよりもすごく「その気」がそがれる
ごっそりいかれる
まあこれは稀であって
大体は観れる
気って大事だおな~

役者以外にも題材でみたいと思ったり
原作のファンだから観たいと思ったり
いろいろなんですが、
その中のどこかで、観たい気をそがれるともう観ない
どんなに話題作だろうとみない
映画評論家の方は観たくないものまで観なくちゃいけなくて大変だな
さらに観たら気に入らない映画についても書かなきゃいけなくてさ
ああ一般人でよかった

そういうわけで
この作品はパッケージ借り
パッケージをみて観る気になった映画

酷い設定なのに観た後はなんだかポップだった


しかし見直してみると
最初のくだりが過去の出来事を写しだしていて
うーん傷は深いね
すべてが過去に繋がっている

壊れたまーちゃんが男女の子供を誘拐したのも、
過去に起こった自分に降りかかった事件、
まーちゃんが壊れた原因の誘拐事件の模倣
夢じゃないの?嘘じゃないの?と思いたかった出来事が本当に自分の置かれた現実で、
それを無意識にやりなおしたい気持ちの投影だと思う
こんな誘拐だったらいいのに、という願い

彼女(まーちゃん)は、「まーちゃん」と呼ぶ人をみんな、みーくんと認識する
みーくんだけが自分を助けてくれる
自分を助けてくれないみーくんは存在しない
だから願いを叶えてくれないみーくんは既にみーくんではないのだ

まーちゃんが誘拐してきた子供たちにむかって、みーくんは言う
「きみたちが約束を守れば嘘も本当になる」
小さいころに起こった出来事の中で
このみーくんは嘘を本当にしたかったのだろう
覚えているって辛いことだな
忘れられることを覚えているっていうこと

幸せの背景は不幸一色
でもあなたといることだけにピントを合わせれば
このうえなく幸せ
狂おしいほど純粋なラブストーリー


気持ちの中の、やっと静まり沈殿した部分を舞い上げてしまうところがある作品だ

でもポップだよ
関連記事
スポンサーサイト

| 映画 | 15:14 | comments:2 | trackbacks:4 | TOP↑

COMMENT

ものすごく観てみたぃヮ!!
ぷサンの感想って独特で好きョ!!
けぃこにむくかナ?
どぅょe-266

| けぃこ | 2011/10/09 18:48 | URL | >> EDIT

けいこちゃん

> ものすごく観てみたぃヮ!!

みてけろ!


> ぷサンの感想って独特で好きョ!!

わたしのところではストーリーはおそらくわからないよ!


> けぃこにむくかナ?
> どぅょe-266

たぶん大丈夫
てか
ちみはなんでも大丈夫だと思うだし!

| おくやぷ | 2011/10/10 12:54 | URL | >> EDIT















非公開コメント:

TRACKBACK URL

http://okuyapu.blog.fc2.com/tb.php/205-834dacd7

TRACKBACK

嘘つきみーくんと壊れたまーちゃん(2011-008)

ストーリー:ある日、みーくん(染谷将太)は暴力的でわがままだけれど、かわいくて憎めない幼なじみのまーちゃん(大政絢)と再会する。二人は10年前に起きた誘拐監禁事件の被害者

| 単館系 | 2011/10/22 22:35 |

嘘つきみーくんと壊れたまーちゃん

>ふだんの私なら、多分見ないであろう映画だが、《嘘つきみーくん》役の染谷将太クンの名前に釣られてついうっかり観てしまった。《パンドラの匣》で見せた何処かオトボケの眠そう

| KATHURA WEST | 2011/10/22 08:27 |

『嘘つきみーくんと壊れたまーちゃん』

入間人間原作の大ヒットラノベの実写映画化。(原作は未読)一人暮らしの女子高生、御園マユのマンションに、あやしい男が訪ねて来た。最初はいぶかるマユだったが、彼に「まーちゃ...

| beatitude | 2011/10/22 01:52 |

■映画『嘘つきみーくんと壊れたまーちゃん』

幼少時に監禁され、性的虐待を受け、殺人を目撃・体験させられたという過酷なトラウマを持つ少女と、彼女を見守る少年の同棲生活を、ファンタジックに描いた映画『嘘つきみーくんと...

| Viva La Vida! <ライターCheese の映画やもろもろ> | 2011/10/21 07:01 |

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。