as soon as

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

なっちん

小説ネタがらみなのでこのカテゴリ

関連記事  →  『6月録


納音(なっちん)

干支というのは、下記の十干
・甲(きのえ)、乙(きのと)
・壬(みずのえ)、癸(みずのと)
・戊(つちのえ)、己(つちのと)
・丙(ひのえ)、丁(ひのと)
・庚(かのえ)、辛(かのと)

それと十二支
十の「干」と十二の「支」がと組み合わさるから「干」(え)「支」(と)となる

ちなみ十干の「きのえ」とか「きのと」についてる「え」は兄(え)のことであり、
「と」は弟(と)のこと

ゆえに12×5で自分の生まれた歴が60年に一回やってきて還暦となります

で、陰陽五行説
かなり簡単にいうと中国の思想なんだけど、
陰陽が「陰」と「陽」
五行が万物は五つの要素からなっているというもので
「木」「火」「土」「金」「水」
この要素を組み合わせて、卦をみたり季節から暦をつくったりしてたわけですね

そんでここで、
その干支と、陰陽五行説を組み合わせた納音というものができた

季節が運命を支配しているのは少なからずあると思います
あ、個人的な考えをいれちった
でも今いれとく
春には芽吹き、冬には枯れる
これは季節が生命を司っているということでもある、と
個人的見解終了

そういう運命というもの
生まれ年の干支をこの五行説などにあてはめてできたのが納音(なっちん)なんですよ

これは占い等に使うので、
わたしも詳しく入ってませんし、
あたるとかあたらないとかそんなことはどーでもよくてですね、
その運命を判断するためにつくられた分類のひとつ、山頭火を、
種田山頭火が俳号に使ってたって話につなげようとしたのです

やっと前置き終わってなっちん一覧

海中金 かいちゅうきん  甲子・乙丑
爐中火 ろちゅうか     丙寅・丁卯
大林木 たいりんぼく    戊辰・己巳
路傍土 ろぼうど      庚午・辛未
釼鋒金 じんぼうきん   壬申・癸酉
山頭火 さんとうか     甲戌・乙亥
潤下水 さんかすい    丙子・丁丑
城頭土 じょうとうど    戊寅・己卯
白鑞金 はくろうきん    庚辰・辛巳
楊柳木 ようりゅうぼく   壬午・癸未
井泉水 せいせんすい   甲申・乙酉
屋上土 おくじょうど    丙戌・丁亥
霹靂火 へきれきか    戊子・己丑
松柏木 しょうはくぼく   庚寅・辛卯
長流水 ちょうりゅうすい  壬辰・癸巳
沙中金 さちゅうきん    甲午・乙未
山下火 さんげか      丙申・丁酉
平地木 へいちぼく     戊戌・己亥
壁上土 へきじょうど    庚子・辛丑
金箔金 きんぱくきん   壬寅・癸卯
覆燈火 ふくとうか     甲辰・乙巳
天河水 てんがすい    丙午・丁未
大駅土 たいえきど    戊申・己酉
釵釧金 さいせんきん   庚戌・辛亥
桑柘木 そうしゃくもく   壬子・癸丑
大溪水 だいけいすい   甲寅・乙卯
沙中土 さちゅうど     丙辰・丁巳
天上火 てんじょうか    戊午・己未
柘榴木 ざくろぼく     庚申・辛酉
大海水 たいかいすい   壬戌・癸亥

以上30の分類に、それぞれ60の干支をふりわけている

※ 該当十二支を追記しました
例:甲(きのと)子(ねずみ)
【甲子園球場は甲(きのと)子(ねずみ)からきてます】
  前の字が十干で後ろの字が十二支を示しています
  自分の十二支をしらない人はあまりいないでしょうが、自分の十干を知らない場合はあると思います

  十二支→子、丑、寅、卯、辰、巳、牛、未、申、酉、戌、亥
  これが、十干の→甲、乙、壬、癸、戊、己、丙、丁、庚、辛
  と組み合わさって自分の干支(えと)となります

 わたしも調べているうちに12の支で10の干なら120種類あるんじゃないか?と疑問が湧いたのですが、
 よくよくみると、
 十二支をわりふったときの奇数に該当する十二支だけが兄(え)の年が巡ってきて、
 偶数だけが弟(と)の 年が巡るので、60種類なんですね
 これはわたしが調べた限りでは説明してあるところはなかったです

 最初の十二支だけで凡例を出すと、   
  子うまれは →甲、壬、戊、丙、庚、の5種類しかなく、
  次の年の丑生まれは→乙、癸、己、丁、辛の5種類しかないということです
  だから、
  奇数の十二支(6)×奇数の十干(5)+偶数の十二支(6)×偶数の十干(5)=60種類
  なので60年に一回、本当に自分の生まれた暦に還る
  これが還暦

  まーそういうことです
  自分の生まれた十干については西暦で調べたらすぐわかると思われます
  ちなみにわたしの納音(なっちん)は大駅土(たいえきど)


中身についてなんぞわたしもよく知りません
しかし、興味が出たときになんで「山頭火」なんだろうか…と調べたら
ここにいきついたということでして、
この中にもどっかこっかで見たことがあるような、
聞いたことがあるような響きがあることと思います

おそらくここから引用していて、
話によってはここの意味合いも含ませてる場合があるかもしれません

戊辰戦争の命名もこの干支からきているので年号の予想がつきやすいですね


ひとつひとつ引っ掛かりが出たときに興味をもって入ってゆくと
たまに面白いところへ出たり広がったりして
わたしは調べるのが好き
しかしなんの引っかかりもないところは全く以って調べない
もーどうでもいい
なんでもどうでもはよくなく、
なんでも執着するわけでない

そういうわけで「山頭火」
氏のおかげで役に立つかどうかはわかりませんが、
なんらかの知識は増えました
知らないことだらけの世の中です
関連記事
スポンサーサイト

| 小説 | 00:00 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

けぃこはサー

海中金だと思ぅのネ
あとネ
天河水っていぅラーメン屋サンがあるんだョe-75
これから来てるのかナ

| けぃこ | 2011/11/12 19:45 | URL | >> EDIT

けいこちゃん

> 海中金だと思ぅのネ

けいこちゃんとネロちゃんのほうが年齢近いよな~


> あとネ
> 天河水っていぅラーメン屋サンがあるんだョe-75
> これから来てるのかナ

ラーメンだいすき~
なのにいまはラーメンのことを考えると
胸がジリジリするの…
恋ね
これが恋

| おくやぷ | 2011/11/16 02:47 | URL | >> EDIT















非公開コメント:

TRACKBACK URL

http://okuyapu.blog.fc2.com/tb.php/241-baa82079

TRACKBACK

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。