as soon as

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

八甲田山

毎年1回だけみる映画があります
年に1回だけみる
それが『八甲田山』です

原作は新田次郎氏の『八甲田山死の彷徨』


明治に雪中行軍の演習中に、210名中199名が凍死した事件
(八甲田雪中行軍遭難事件)を題材にした作品です

これは、日露戦争参戦に多大なるデータをもたらしました
かなりの犠牲を払って

日本の戦争の歴史の中で、日露戦争にわたしは特に興味深いものがあります
世界、特にアジアにおける日本の位置、更にその後のアジア諸国への影響

露西亜がそれほど本気でなくても日本は必死だった
死を必っすれば即ち、生く
中国の兵法家、呉起の言葉です

戦争は悪いこと、と思考停止するのは簡単ですが、
その時代背景、流れ、世界情勢、いろんなことを「知る」のはわたしはいいことだと思います
もちろん、多方面から
日本の視点からだけみると、自虐の歴史になりがち
ここが日本のGHQ教育の影響&もともとの奥ゆかしさ&侍スピリッツを顕著にあらわしてるとこですね
だから多方面からみたいものです できるだけできうる限りで



映画について

「天は我々を見放した!」というセリフを聞いたことある方いらっしゃると思いますが、
幼いときに聞いたこれはインパクトがありました
映画としては、
楽しい気分にはならないです

210名中199名が死亡
一個連隊ほぼ全滅
それも実際の戦闘ではない場面で

しかし、これもまた、戦争のお話

どうしようもできない大自然、それこそが露西亜の象徴であったとも思います
実際にあった遭難事件・・・を
脚色はしていてもこの過酷さ
ロケもかなり過酷だったようです
痛い
みると心は痛いです
しかしみるんです
史実ものは痛みを感じるためにみます
これはわたしの追悼です

実際にあったお話を元にしてますので、実際の後日談などもあります
映画の中のことではないお話
ただ、その話の中身の真偽についてはわかりませんが、連綿と伝えられているお話です
ここには書きませんので、興味があれば、わたしに個人的にお尋ねください


この作品をみてから、日露戦争という観点で、
軍医としての森鴎外に興味が出て現存で読める限りのすべての作品を読みました

これはわたしの中のひとつのエポック
…である映画でありました


空を飛ぼうなんて、悲しい話をいつまで考えているのさ
ああ、人は昔々、鳥だったのかもしれないね
こんなにもこんなにも空が恋しい


この歌を聴いたとき、わたしの中では「空」は「雪」だなと思いました
「雪」と「山」が恋しいわたしは昔々なんだったのでしょう

関連記事
スポンサーサイト

| 映画 | 00:00 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

上映当時、

有数の積雪量を誇る地域に住んでいたので、

あの雪と寒さの描写は観るに耐えないほどだったのが一番の記憶
なにもそんな時にわざわざと、
でもそんな時でも決行するのが戦争なんだと思ったね
こういう人達の元で支えられているのだと

部屋をあたたかくして観た方が快適だけど、
寒い部屋で観た方がいい、
と言うより、
この映画からは厳しさが伝わってくる
観てると眉間にしわがよる足の先が冷たくなるそんな感じ

| nada | 2011/12/15 07:25 | URL | >> EDIT

nadaさん

> 有数の積雪量を誇る地域に住んでいたので、>
> あの雪と寒さの描写は観るに耐えないほどだったのが一番の記憶

寒い地域、雪深い地域だからこそ思いますね
おそろしい、と
-30度の気温の中で人はどれくらい耐えられるか
身をおいたことがあるからわかるけど、暖かいところに帰れる、というよりどころがないと
とても耐えられない


> なにもそんな時にわざわざと、
> でもそんな時でも決行するのが戦争なんだと思ったね

日露戦争については、日本はギリギリまで戦争をしたくなく(当時の外務大臣は陸奥宗光←龍馬の海援隊にいた人)
国力の半分以上を失ってやった戦争ですね
あの世界情勢やヨーロッパ諸国とアジアの立ち位置から、
やはり避けられない状況だったのだと思います


> こういう人達の元で支えられているのだと

ですね
戦争はまったくいいことではないですが
先人が守ってくれたから今があると、本当に思います


> 部屋をあたたかくして観た方が快適だけど、
> 寒い部屋で観た方がいい、
> と言うより、
> この映画からは厳しさが伝わってくる
> 観てると眉間にしわがよる足の先が冷たくなるそんな感じ

寒い…
でも観るんですよね、これ

| おくやぷ | 2011/12/16 05:11 | URL |















非公開コメント:

TRACKBACK URL

http://okuyapu.blog.fc2.com/tb.php/263-c64eb92c

TRACKBACK

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。