as soon as

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

おまえうまそうだな

うろうろしていつ食われるかわからない「うまそう」を叱るハート

o0320024011077466455.jpg


o0320024011077466546.jpg

よその子になっちゃいなさーーい!
よその子にならない。・゚゚・(≧д≦)・゚゚・。

こんなこと昔ネロちゃんに言われたっけね→「よその家のこにならない。・゚゚・(≧д≦)・゚゚・



草食いが肉食いを育てる
そして草食いに育てられた肉食いが草食いを育てる

自然の摂理に反しているこの物語は
それでも真理だ


他者の命を摂取しながら生活を成り立たせることについて

特に人間は食物連鎖のヒエラルキーの頂点にいる
頂点にいるものが思うことはただひとつ
感謝するだけ
そして、命を選別していることをしっかり事実として受け止めねばならない

命は平等ではない
誰にも生かそうとする命と、犠牲にする命があるだろう
あれはよくてこれはダメ
そういうものなのだ

なぜ、それを「いいもの」と「悪いもの」にわけるのだ
そして人に押し付けるのだ
同じなんだ
同じ
命を摂取して生きるのは同じ
命を犠牲にして自分の生活に活かすのも同じ

「悪い」と「ダメ」はイコールではない

「あれはダメ」は自分がいやだからダメなのだ
だからクジラを食べるなんて…というアホな論争が起こる
それはおまえが食べたらダメだと思っているものだろう
おまえが守ればよい掟だ
悪いからしちゃいけないことでなくて、自分が嫌だからしないでほしいことだ
自覚しないものの論争は平行線だ

犬を食べる国もある
犬をかわいがっている人は(犬を食べるなんて…)と思うだろう
じゃあ豚をかわいがっている人が豚を食べるな!このひとでなしめ!といったら受け入れるのか
この命は殺してはダメでこの命は摂取してもよい
それはいつだって自分が決めている

鳥を愛する人に、焼き鳥や唐揚げを食べたことがない人がどれだけいるか?
選別しているだろう命を
みな、この命はみのがして、この命には犠牲になってもらおうとしている


現代ではその感触が手に残ることがない
魚は切り身で売られ、肉は既に加工されている
他者の命を奪って生きている感覚がその手に残らない
だから気づかないのか
気づかないフリなのか
それなのに命は平等だなんてまだほざくのか

こんなことをいうのは人間くらいだ
こんなおためごかしを言うのはね


この作品でとても心に響く言葉
たくさんある
肉食いの王、大あごであるハートは言う

「自分の都合で、食べるか食べないか決めてるだけ」

自分が肉食いであるということをしっかり受け止め自覚しているハート(ティラノ)
かといって卑下もしない
正確には、卑下しない、という覚悟をしている
苦悩はあるけれどそれが卑しい行為では決してないのだ


わたしは昔、
ジャングル大帝をみていて
ん??と思ったことを思い出す

ジャングル大帝の主人公はレオ
ライオンだ
人間を除き、食物連鎖の頂点にいる種のうちのひとつ

物語はいろんな動物とこの主人公の交流がある
ファンタジーとして物語として、食うものと食われるものが共に行動し交流するのはなんら問題ない
しかしこの中で、肉を食べる描写がダメだったのかどうなのか、
レオは他の動物と畑を作り出して野菜を食べるのだ
おいおい
そのごまかしはなんなんだ
愛と感動の物語?
そこに触れないならファンタジーのままでいい
触れるなら虚像はよしなさい
それで、どんな得があるんだよ
どんないいもの手に入れた?

その頃、野生の王国という番組があって、ライオンがガゼルをとらえる映像などもみていた
毎週、弱肉強食が放送される
小学生にもならない小さいころ、
この放送をみていて、カメラで撮ってる人は助けてあげないのかな…なんて思った
でもそのとき、わかった
ライオンも食べなきゃ死んでしまう
こうやってみんな生きていくんだ


生きるか死ぬかはその食物連鎖にはいってるもの以外は口出しできないのだ
ましてや、他の動物になにも還元することのない人間が
なにをいうのか
だからといって、人間であることを恥じることもない
感謝だけすればいい
そう生まれついたのだから
その掟にしたがって生きるだけ

ライオンに野菜を食わせるのは人間の勝手な都合
子供向けにそんなごまかしをいれるなよ
子供向けだからこそ、入れるなよ


そんなおためごかしが、
この作品には一切ない

一切合財ない


それでも、こころが強くなる暖かくなる

物語の中の赤い実が示す血
血を超えるもの
あると思う
血を超えるものがある

こんなに心に響く言葉があっただろうか

ぼくは、かあさんの子でよかったよ


おりしも、日本のアカデミー賞が発表され、
あなたのマイアカデミー賞を発表してくださいというブログネタがあった
そこで自分が挙げた日本作品はこれ

おまえうまそうだな

人間すべてに向けているテーマ

わたしなら、これを子供と観る


最後にひとついうと、
この中ではハートを育てた草食いのお母さんが一番奔放と思いますわ
きみ、自由やな~
草食いのお兄ちゃんは苦労性だね

関連記事
スポンサーサイト

| 映画 | 06:40 | comments:0 | trackbacks:2 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント:

TRACKBACK URL

http://okuyapu.blog.fc2.com/tb.php/29-bb811cfa

TRACKBACK

おまえうまそうだな(テレビ録画)

2011年12月29日20時45分00秒TOKYO MX1冬休みキッズスペシャル「おまえうまそうだな」 時刻は終了時間↑ はるか昔。 恐竜たちが住む世界。 肉食系と草食系。 草と言うより果物みたいでし

| 単館系 | 2012/02/15 22:36 |

おまえうまそうだな

http://yuzuru.2ch.net/test/read.cgi/animovie/1275824845/1 名前:見ろ!名無しがゴミのようだ! [2010/06/06(日) 20:47:25 ID:avDVErX5] 2010年10月16日公開 <スタッフ> 原作:宮西達也(ポプラ社刊...

| 2ちゃんねる映画ブログ | 2011/06/03 08:05 |

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。