as soon as

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

レッド・サン 【映画】

120121_1329~01

チャールズ・ブロンソン
アラン・ドロン
三船敏郎

三人の男前が主演の1971年スペイン・フランス・イタリア合作映画
ドロンはフランスだけども
ブロンソンはロシア系のアメリカ人
三船は日本人

ざっくりストーリーをいうと、
日本の使節団のひとり三船は、
主君より預かった大事な宝刀をアメリカ大使に届けるためアメリカに渡って鉄道で移動
その間に強盗団に遭って宝刀とられる
強盗団の一員にドロンとブロンソン
ところがこの強盗団、途中で分裂してドロンが宝を独り占めにしようと仲間を裏切る
ブロンソンはたぶん、あいつはここにいるだろうって場所に向かう…が、
三船がどうしてもついてゆくと言って強盗団ブロンソンと武士三船が追跡の旅へ

こんな感じ


ブロンソンの猛烈なファンのわたしは、
ブロンソンのDVDで手に入るものはほとんど持っている
なぜなら…
レンタルしてないから!
もっと置いて

でもこの「レッド・サン」はたまにみかける
やはりドロンと三船が出ているからだろうか
そういえば、「さらば友よ」もたまに置いているからドロンなんだろうか

俺が育てたスイカをいじめたからおまえらみんな焼きいれてやる!
っていう「マジェスティック」も置けばいいじゃない


わたしはブロンソンが好きだし、
いつも心底かっこいいと痺れるけれど

この「レッド・サン」に関しては

一番かっこいいのは三船だ


外国で日本の武士について描く場合、
偏ったイメージ先行の描写になることも間々あるのですが
実はこれ脚本に、七人の侍など数々の名作を残した橋本忍さんも参加しているとのことで
日本の描写がかなりしっかりしている
侍というものの描写

中盤はブロンソンと三船の珍道中で、
どうやってもついてくる三船を振り切ることができず、
あきらめたとみせかけてだまして振り切ろうとして振り切れない
コミカルな部分もみせながら、主君に傅く武士とはどういうものなのか
おかしな野郎だと当初思った行動もだんだん理解していくようになる

だからこその、ラストなんですね
理解し合えた、と
こちら(観てる側)が感じられないまま御都合主義のラストには向かわない

道中はブロンソンがかっこいいというより可愛くて
三船が超超かっこいい
ブロンソン贔屓でも三船のかっこよさを受け入れざる得ない
声もいいんだ声
すごくいい声
ええ声芸人みたいな
にわかいい声じゃなく
立ち居振る舞い、表情、何かを背負っている矜持
そこからひねり出される声がものすごくかっこいいのだ

わたしは三船の出ている映画で一番好きなのは「酔いどれ天使」
白黒の黒澤映画
雨振り後に亀裂が入って泥がにじみ出てくる道路
生まれる20年以上前の映画だというのにあの泥の沼に
ものすごい既視感を覚えた
花を投げ入れるとこですね
弱ってゆく男の色っぽさよ…黒澤映画の美しさ
とても若いときに出ている作品なので、かっこいいというよりも
若さゆえの揺らぎや暴走や刹那的な面が際立っています


あ、ドロンは最初と後半しか出てこないんだよね
裏切って逃げてる最中だから
ドロンもかっこいいんだけど出番少ない


なんにしろ、この三人は
女の扱いが痺れる

なんというのかねえ…
声高に主張するうちは身に着いてないんじゃないかな
背中で語る
にじみ出ている

俺の美学はこう!俺の持論はこう!
もちろん主張してもいいけれど
こういう男前たちは体現のみ
背中で語る

前述したとおり、三船が格好いいんです
まず武士道とはなんぞや、いわんや、
その信じるものに従い行動する三船は有無を言わさぬ格好良さ

前半その武士道に翻弄、圧倒され、めんくらっていたおちゃめなブロンソンも
最後には超男気みせます

そして友情…と一口にいいたくないような
おそらく友情でもあり、
ブロンソンが三船の主君に仕える心に敬意を払ったのではないかと思われるラストでした


三船のオーラはすごいね
外国映画に出ても他の出演者にひけをとらない
すごい人だったんだなあ…

何回もみてるのに
観るたび思う


ブロンソンが好きだから購入してみた映画ですが
この作品は三船にやられてしまう

音楽が通して緊迫感がなくw
なんかいいゆったり感のあるウェスタンなんですよね
内容はアクション、たらし、武士道
いろいろあって、音楽は終始一貫ゆったりしている

好きな映画です
関連記事
スポンサーサイト

| 映画 | 13:31 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

ムフムフ♪

ぷサンはブロンソン大好きネ~e-266
三船サン。。。
三船美香のおじいちゃんだっけ?
三船サンの作品みたことなぃの
オススメはレッドサン?( ´艸`)

| けぃこ | 2012/01/25 11:06 | URL | >> EDIT

けいこ

> ぷサンはブロンソン大好きネ~e-266

すきすき
ブロンソンブロンソンすきすき~


> 三船サン。。。
> 三船美香のおじいちゃんだっけ?

お父さんだよ!
でも70超えてできたお子さんだからね
70超えても現役なんて素敵
いつまでも男であることはすっごくセクシーだよね
川端先生も、70超えてもメイドに手を出してその後自殺してしまったけれども
欲の枯渇がこわかったんではと勝手に思っているけど遺書がないしわかんない…
でも性欲なくなったらいかんと思うのよ
そう言う意味でもいい男だわ


> 三船サンの作品みたことなぃの
> オススメはレッドサン?( ´艸`)

んー
三船ならもっと有名なのがw
酔いどれ天使もいいお

| おくやぷ | 2012/01/28 13:06 | URL | >> EDIT















非公開コメント:

TRACKBACK URL

http://okuyapu.blog.fc2.com/tb.php/302-6d9a9b2a

TRACKBACK

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。