as soon as

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

しあわせのパン 【映画】

ハナタレナックスで「しあわせのパン」の番宣に出ていたふたり
原田知世、大泉洋
関連記事「しあわせのパン

『わけあうたびに わかりあえる気がする』

そのとき、安けんが軽くからかうように突っ込んだ

「パンぐらい一人ひとつ食べなさいよ!」

大泉はそれを受けてこう返した
「それを言ったらこの映画なにもないよ!」


まさに、
それを言ったらもう何もない

この、
『ひとつのパンをふたりで分け合う』

このことに心がじんわりなったり、
スローなライフを過ごすふたりを
いい、と思えなければ
本当になにもない


ふたりはなぜ、洞爺の月浦(ツキウラ)にやってきたのか
原田知世=りえさんは東京出身
大泉洋=みずしまくんは札幌出身
ふたりはお互いを、りえさん、みずしまくんと呼び合う
少し、距離感を意識しているような呼び方

ふたりがここに来た理由(原因)は作品中でははっきりと語られていない
なにかに疲れ、ただただ好きな人と一緒に、
美味しいパンを食べ、きれいな時も、荒れてる時も一緒に景色をみて
一緒に呼吸し、一緒に散歩し、一緒に月をみたい
来た理由は、好きな人と好きな場所で過ごしたい
それはわかる
でもそこへいきつくまでの過程は描かれない
もちろん描かれなくてもいいのだが、それなら気持ちいい世界だけにいたいのだ
でもそのファンタジーは薄く、かといって現実感があるかというと、
わたしは現実感がないように感じた

こういう話はファンタジーでもいい
素敵な生活
ゆっくりした生活
何かに縛られず、無理に笑顔をつくることもなく、
好きなものだけに囲まれてゆったりと生きていきたい
そんな願望は誰しも大小にかかわらずもっているのではないだろうか
現実だけをみることを映画に求めない
でもこの映画はたびたび現実に引き戻される
わたしはファンタジーに浸りきれなかった
この作品の中でもっともファンタジーな存在は、余貴美子さんの演じる陽子さんだ
耳がよすぎて怖い
でも素敵だ

ではファンタジーに浸れないからと言って現実かというとそれも薄い
要するにどっちつかずで、物語に深みを増そうとやや現実をいれても薄いのだ

何を
どこで
現実感を薄く感じたか
それはセリフではない
言葉で説明されない部分

例えば、
夜に老夫婦の客がやってきて
その老夫婦のご主人はおそらくボケてしまった妻と一緒に死のう、と覚悟してやってきた
老いるというのは生病老苦や愛別離苦というように、
人間の108の煩悩の中にある大きなものだ
この夫婦の様子をおかしい、と思い、
一生懸命もてなしてみずしまくんとりえさんは二人に思いとどまってもらおうとする
そういった現実の辛い部分がところどころ入り、
現実をみせるのかと思えばその対処はなんたるファンタジー

客が来てからポトフをつくる
あったかいものつくりますね、と言うりえさん
凍えている客をもてなすために
そのポトフをつくるときもなんともゆったりとした手つき
ゆっくりゆっくりジャガイモを剥く
そのペースでポトフをつくると、3時間はかかるのじゃないか

この店はこんなポツポツとだけ客がやってきて経営できるのだろうか
スローなライフをするには、お金が必要だ
野暮なことを言っているとお思いかもしれない
でも実際、あんな暮らしはよほどお金に余裕がないとできない
純粋に田舎暮らしをしたい、と思ってしている泥臭い暮らしとはちがう
おしゃれで、好きな家具や好きな食器に囲まれて暮らす
ひとくちにいっても実際に好きなものしか選ばず揃えるとなると、
必要だから使うものさえもそういう観点で選ぶとなると話は全然違ってくる
このような暮らしをしている人はもちろんいるだろう
でもそういう人たちは財源がどこかにある
この二人はそこがわからない

お金がなくても幸せ
それは賛同する
なにかを乗り越えた後に悟る余裕ではなく、この二人の暮らしは表面的に感じる
おしゃれな生活が、とても浮いている
おいしいモノの、上澄みだけをすくってみせられている気がしてならない

そしてたびたび現実に戻る
わたしは入りきることができなかった

「北の国から」のように、
北海道の闇をこれでもかこれでもかと突っ込んでくるのもいかがなものかと思うが
闇を放り込んだ作品にはそこに徹したことによる真がある
好きか嫌いかは別
核がしっかりしていると感じる

しあわせのパンは、なんだかふわふわしている
ふわふわしたままに徹したら、またそこに真を感じたかもしれない
しかしたまに現実をいれてくると妙に違和感があって、
浸りきることもできない

バイクで東京まで送るのもそう
野菜の洗い方も
お花が売っている出店も
栗の拾い方もイガは置いてゆくだろうとか
茹でた後の処理の仕方も、
商売ならこんなペースではやれないだろう
ただ好きに暮らすだけならスローにやればいいが
物干し竿も客をとめる施設を持つこのふたりの家が、
木にロープをかけてつくっているたいした量をかけられないスペースで
もてなしをできるような洗濯をこなせるんだろうか
おしゃれありき
小物や生活形態は大変おしゃれ
でもまかなえないでしょ?って
ときどき思ってしまう
しあわせのパンというスタンプを押してパンを箱に詰める
このときのスタンプは一字ずつはなれたスタンプを使っている
そして一字ずつ、心をこめて押す
少女のように乙女チックに
ものすごい手間
細かいことを言うが、本当にやろうと思ったら手間が半端ない
一字ずつ離れているスタンプをテープで固定していっぺんに押そうとはしない
合理性があってはスローライフを表現できないからだ
商売でそれが成り立とうと成り立つまいと、
スローでおしゃれな生活をみせる映像がこの映画では大事

このふたりで経営するパンとコーヒーの店、マーニ
泊まれる施設もあるマーニ
とても大きなおうち
この稼ぎで維持できないでしょ?と思ってしまう
こんなスローなロハスな生活で

マーニにやってくる客をもてなす形で、
ふたりのスタンスがわかる
客をもてなし触れ合うことで客が抱えた何かを緩ませてゆく
その解決法が夢物語で実効性がないように感じて仕方ない

ファンタジーなのか現実なのか
そのふたつをうまく融合しているのか、と言えば
上っ面だな、とわたしは思った
ゆえに癒されない

辛いことがあっても
りえさんとみずしまくんのように、
ふたりのことを想いあって生きてゆけばいいんだ…
となかなか思えないのは、このふたりのように生きるのが不可能だからだ
ただ北海道にくればのんきな田舎暮らしができるわけではない
みんなが大雪だ大雪だと騒いでいる雪が毎年降る通常降る
現実問題を無視したのほほんに感じてしまうのは道民だからかもしれない
心のよりどころにするにはファンタジーには足りず、現実としては浮いている


この映画を観た後に原作を読んだ
しあわせのパン
この中に月とマーニという物語が出てくる
マーニは自転車に乗った少年
月はマーニの友達
月は、太陽がまぶしすぎて邪魔だから、太陽をなくしてくれないか?とマーニに言う
マーニは、それはダメだよ、と言う
太陽がなくなったら君がいなくなっちゃうから
月は気づく
邪魔なものも自分を活かしているんだと
好きなものばかりに囲まれて暮らせない
でもマーニがいたら幸せだ


この本が大好きなりえさんは、
自分の生活の中で、”好きじゃないもの”がどんどん増えていって笑顔がなくなっていった
そうして東京でたくさんの”大変”がたまった頃、月浦で暮らそう、とみずしまくんがいった

月浦で暮らす二人は好きなものだけに囲まれている
北海道にも
”大変”があると思うが
ふたりにはない

月とマーニのように
お互いがいればそれで幸せ
これ「だけ」を感じることができなかった


いろいろ書いたが、じんとしたところもある
この話は3組の客をもてなすりえさんとみずしまくん、そして周りの人々を描いてゆく
という構成になっている
その3組目の客である、老夫婦の奥さんが
認知症だろうかあまり現実を把握できない中、パンを食べておいしいといった
御主人は未来を感じられなくてもう死のうとしていたのだが、
奥さんが、「おいしい!また明日もこのパン食べたい!」
と言ってにっこりと笑う姿をみて涙を流す

生きる理由なんて
明日またおいしいものが食べたい、でいいんだろう
食べ物をおいしいと感じること
あしたもこの笑顔がみたいと思うこと
そしてまた明日らから辛い毎日が始まっても、この想いがこれからを支えるだろう

ところどころいい


あと、原田知世さんをみるならとてもいい映画
知世ちゃんは本当にかわいい
自分より年上とは思えない
可愛いそして透明感
さらに声がすごくいい
雪に寝そべった時の笑顔
あどけない少女のようだ

反して
大泉洋はいつもの大泉洋ではない
しかしこの役は大泉洋でなくてもいい
大泉洋でもいい
探偵はBARにいる、のようにハマリ役ではなかった

一人目の客
・素朴なパンもいいですよ

二人目の客
・かぼちゃのポタージュはそれぞれ違う

三人目の客
・明日もこのパンが食べたい


日常のさりげない出来事から人は明日に向かって進む光をみつけようとする
よいお話だ

それでも心に響かなかったのは、
りえさんとみずしまくん
このふたりの生活が上っ面過ぎて、良いと思うことができなかったからだろう

関連記事
スポンサーサイト

| 映画 | 12:36 | comments:8 | trackbacks:7 | TOP↑

COMMENT

ふ~ん。。

楽しみにしてたのにネ?
ぷサンはスローライフに敵意があるデショ( ´艸`)

| けぃこ | 2012/01/27 19:50 | URL | >> EDIT

けいこちゃん

> 楽しみにしてたのにネ?

うん
でも書いてるほどひどくはないんだ
心は揺さぶられなかったし、ほっこりもまったりも作り物のようだったけど
ひどい!って出来ではない


> ぷサンはスローライフに敵意があるデショ( ´艸`)

ちょおまw
まあねー
余裕あんなあ
とは思う
そういうことを言える環境なんだな違う岸の人間だなとは思うよ
敵意というか違う国の人だなって思う
だから通常触れ合うこともないし関係ないんだけど、
たまに強制的に関係してしまうことがあって
そのときに生まれる感情が敵意なのだろうか

これを映画に対して野暮だわ、の一言で片づけられたらもうなにも言うことないけどね

でも感じたことはしょうがないわな

| おくやぷ | 2012/01/28 13:11 | URL | >> EDIT

北海道に夢みちゃってるのかもね!

バイクでなんて7月でも8月でも寒いお。
虫もくる~。こわすこわす。
でもバイクの後ろに乗るの好き。

月も大概なこと言うね。笑
邪魔だから消してくれって。笑笑
あの消化がすごい根っこの話みたいね。
パタリロに同時収録されてたやつ、なんだっけ?
マンドラゴラだっけ?
邪魔者を消していったら最後にひとりぼっちになっちゃうんだよね。
見習おうかしら。

これも探BARと同じくみたくない事情が~。
あさましい~。
六条なみの怨念こわすこわす。

| hina | 2012/02/01 23:59 | URL | >> EDIT

hinaちゃん

> 北海道に夢みちゃってるのかもね!

夢はみなけりゃはじまらないってののたんも言ってた
確かにこの現実感のあるようで無さは田舎暮らしをしたことがない人が表現しているのだろう、
と原作読んでから納得した
原作者であり脚本監督の三島由紀子さんは、
大阪出身、大学を出てNHKに就職、ドキュメンタリー番組を手がけて
映画を撮りたいという気持ちが募り、しあわせのパンで初監督だって

かもめ食堂からこっち、ロハスでスローライフのどじょうを狙うものが増えたね


> バイクでなんて7月でも8月でも寒いお。
> 虫もくる~。こわすこわす。
> でもバイクの後ろに乗るの好き。

さみーわな…
夏でも半袖は無理やな
しかも東京まで
まあいいんだけど
あれ、あのままバイクの後ろに乗っていったらもめるだろうなー
ひとつのパンをいやひとつのカイロを分け合うことなく痴話げんかに発展、そうさのう…苫小牧か室蘭あたりで解散やな


> 月も大概なこと言うね。笑
> 邪魔だから消してくれって。笑笑
> あの消化がすごい根っこの話みたいね。
> パタリロに同時収録されてたやつ、なんだっけ?
> マンドラゴラだっけ?
> 邪魔者を消していったら最後にひとりぼっちになっちゃうんだよね。
> 見習おうかしら

そうそう!
月がけっこー言うんだこれ
言うよね~
邪魔者は消せ!悪の首領かもね!

ちなみにマンドラゴラじゃなくてパンドラキンね
あれも怖い話だよな
嫌だから邪魔だから消していったら自分は消えられない存在になってしまった
これ、落語でいうところの「とろけ草」だよね
魔夜さんって妖怪かかせたら日本で二番目だよね!
すげーいい
でも水木さんがいるからなあ…


> これも探BARと同じくみたくない事情が~。
> あさましい~。

あさましいぃぃいいいぃ~~


> 六条なみの怨念こわすこわす。

探偵はBARにいる、おもしろいのに
萩原朔太郎のあたり、あなたの好みそうよ

| おくやぷ | 2012/02/02 10:01 | URL | >> EDIT

なかなか

評判いいみたいですが、田舎に暮らしてるもんにしたら、ホント上っ面!でしたね。
一度住んでみな、ですよ。
なんかねえ、あの綺麗な綺麗な湖周辺の風景が出てきた瞬間から、ぷんぷんしてきました。ちょっとだけいるのは最高のところ。そこに何十年も住んでみなって。
でも、そうじゃなく、夢見るファンタジーなんだと思わなければならない!!なんですよね。
>ところどころいい。
そうそうそう、ところどころよかったです。
パンが焼けてほわっと出来たところなんか、胃袋ぐにゃっと掴まれましたもん。
「Little DJ」とか「シムソンズ」のような北海道を元気に!の作品だそうですが、前の二本はとっても好きでした。

きっと私たちは、現実主義者なんですね。主婦はそのくらいじゃないとねええ。

| sakurai | 2012/04/09 08:29 | URL | >> EDIT

sakurai さん

sakuraiさんこんばんは^^

> 評判いいみたいですが、田舎に暮らしてるもんにしたら、ホント上っ面!でしたね。
> 一度住んでみな、ですよ。
> なんかねえ、あの綺麗な綺麗な湖周辺の風景が出てきた瞬間から、ぷんぷんしてきました。ちょっとだけいるのは最高のところ。そこに何十年も住んでみなって。

ファンタジーなら、ファンタジーに徹してくれれば
楽しめたかなーとも思うのですが…
細かいかもしれないけどとても気になったんですよね
わたしの感想の本文が長くてどこが一番気になったかわかりにくいですがw

わたしが一番、ん?と思ったところ、この映画が何を描きたいのか?と思った部分は、
客にポトフをだすシーンなんです
人生のいい思い出がある場所で、明らかに様子がおかしい客
寒さに凍えている客(北海道は寒いとき半端ないですから)
その人たちにあったまってもらおうと、出す料理がポトフで、
ポトフはいいとして、これから作るわけで手際もゆっくり

例えば真心とかおもてなしとか
求めているものを与えることのできる場所、それがマーニだとか
その部分を描こうとしているならば、ですよ
あそこはなるべく早くできる暖かいモノですよ
10分もありゃ豚汁もつくれますがな
ポトフは無理でしょう

でもオシャレありきなんですよねこの映画は
真心、おもてなしよりおしゃれ優先

実際と違うということに俯瞰になるときはあっても
何か描きたいものが伝わればそうでもないんですが
どうーもしっくりこなかったです

じっくりゆっくりのおもてなしと、
合理性は相反するところがあります
北海道の人は全国的にみて合理的な部分があると思いますよ
それはなぜかというと、北海道人だから合理的なのではなく、
合理的にしないと住めないからですね
つまり、北海道に住むと合理的になってゆく…が近いと思う
雪かきひとつにしてもそう
半年近く生活の中に則している事柄
合理的にやらなきゃ生活が成り立たない
長く住んでいれば都会の人が想像するレベルじゃないわけで

そういう部分もいれるのに?
オシャレありきで
違和感を感じました


> >ところどころいい。
> そうそうそう、ところどころよかったです。
> パンが焼けてほわっと出来たところなんか、胃袋ぐにゃっと掴まれましたもん。

あれはおいしそうでしたねー


> 「Little DJ」とか「シムソンズ」のような北海道を元気に!の作品だそうですが、前の二本はとっても好きでした。

確かに北海道の闇ばかりいれなくてもいいのですが~
なんかこの作品は浮いてましたね
例えば北海道出身の鈴井監督が撮る映画などは
ほんわかしていながら根底の辛さや厳しさはとらえていて
受け入れられるんですよね

でもプロモーションビデオだと思えば
綺麗な風景、美味しそうな食べ物、地平線
などなど北海道を映し出していたとは思います
ならば中途半端に現実いれないでもっとファンタジーにしてほしかったかな

しかし…
北の国からをみて北海道に住もうと思う人がいるんだから
根性ありますね
あのドラマは闇ばっかりなのにな~^^

| おくやぷ | 2012/04/10 03:44 | URL | >> EDIT

初めまして!今はじめてこの映画を見終わってしゃくぜんとしないのでこちらに来たとこでした

ひどいですねー大泉洋と嫁の服装はカルト宗教のような薄着ですし手足丸出しで草の上ゴロゴロしたら虫まみれですしバイクでコロコロ引きずるとか一瞬で壊れますし野菜や花の直売所もおままごとみたいだし冬も全員薄着ですし嫁がイライラするほど時間かけて動くのもなんかもうダメでした
スローライフってゆっくり動くことでは無いんですけど都会の人にはこう見えるのでしょうかね?

本州から勘違い観光客呼び寄せるための映画としてはいいかもしれませんが道産子は見ないほうがいい映画ですね

| ゆき | 2013/08/19 21:41 | URL |

>ゆきさん

お返事大変遅くなり申し訳ありません

こういうものを
自身が受け入れられるのと受け入れられないラインは
いったいなんだろうと考えてみました

嘘や虚像がいやとは
少し違うなあと

わたしは無意識が嫌いなのだろうと思います
無意識の偽善
夏目漱石先生がいわれた無意識というのは
わたしが感じる無意識とは違うかもしれません
わたしが感じる無意識はこちらを感知しない
まったくもって
息をするときに死滅しても気づかない虫のようで
それならば悪意をもってこちらを認識してほしいとさえ思うほどです

そういった無意識を北海道にすむ自分は
作者に
作者にです
感じたのでしょう
北海道に対する認識という点で
あえてそこを理解してファンタジーにするのならば
こんなにひっかからなかったのかも

もちろん
悪意などないことはわかります
そこが無意識たるゆえんではないかと考えました

コメントありがとうございました

| おくやぷ | 2014/01/11 10:45 | URL | >> EDIT















非公開コメント:

TRACKBACK URL

http://okuyapu.blog.fc2.com/tb.php/305-62be8609

TRACKBACK

しあわせのパン

http://awabi.2ch.net/test/read.cgi/cinema/1321283358/1 :名無シネマ@上映中:2011/11/15(火) 00:09:18.81 ID:Ny/w95KZ 原田知世と大泉洋が主演し、北海道・洞爺湖のほとりの小さな町・月浦を舞台に、宿泊...

| 2ちゃんねる映画ブログ | 2012/08/19 11:33 |

しあわせのパン

原田知世さんは、まるでマリア様!

| 迷宮映画館 | 2012/04/09 08:29 |

しあわせのパン(2012-016)

しあわせのパン ユナイテッドシネマ浦和 りえ(原田知世)と尚(大泉洋)夫婦は、東京から北海道の月浦に引っ越し、 パンカフェ「マーニ」を開店する。 夫が丁寧にこねたパンに

| 単館系 | 2012/02/15 22:41 |

■映画『しあわせのパン』

北海道・洞爺湖のほとり、月浦にあるパンカフェを舞台にしたヒューマン・ファンタジー『しあわせのパン』。 夫・水縞くんがパンを焼き、妻・りえさんがコーヒーや料理を作るステ

| Viva La Vida! <ライターCheese の映画やもろもろ> | 2012/02/14 12:56 |

しあわせのパン

今回は寝落ちしなかったど〜!!

| だらだら無気力ブログ! | 2012/02/08 00:30 |

『しあわせのパン』

□作品オフィシャルサイト 「しあわせのパン」□監督・脚本 三島有紀子 □キャスト 原田知世、大泉 洋、森 カンナ、平岡祐太、光石 研、八木優希、中村嘉葎雄、      中村

| 京の昼寝〜♪ | 2012/02/06 08:45 |

No.307 しあわせのパン

原田知世と大泉洋が主演し、北海道・洞爺湖のほとりの小さな町・月浦を舞台に、宿泊設備を備えたオーベルジュ式のパンカフェを営む夫婦と、店を訪れる人々の人生を四季の移ろいと ...

| 気ままな映画生活 | 2012/02/05 22:16 |

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。