as soon as

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

奇跡 【映画】

よかったです
好き

子供の頃ってなんにでもなれる気がしていた
6歳まではそんな風に思っていた
なんにでもなれる
年齢じゃなくてずっとそう思い続けてきた者が
なりたかったものになれるんじゃないだろうか
なれることを疑わなかった者がそうなるんじゃないかな

このお話は離婚して父親側についていった弟と、
母親側についていった兄がある都市伝説の奇跡を信じて行動をおこしてゆきます

ある都市伝説とは
九州新幹線の開業した日の最初に走る新幹線「つばめ」と
熊本方面から走ってくる新幹線「さくら」がすれ違う時に、
願いが叶う奇跡がおきるというもの

超ポジティブで物事をとらえる弟と、
いろいろ考えてしまう兄
子供というのはどうしても、しっかりしていようが精神的に熟成していようが、
子供という年齢のうちは親に振り回されるもので
自分の力ではどうにもできない状況に置かれるときがある

暗い話かというとそうではない
疲れるぐらい前向きでもない

別れ別れになっても連絡をとりあう兄弟は、
この都市伝説に自分たちの願いを叶えてもらおうと旅に出る

弟は福岡におり、兄は鹿児島にいる
その二人とそれぞれの友達が
つばめとさくらの落ち合うところを目指して旅をする

鹿児島は行ったことがないのですが、
S60’チルドレンという漫画がありましてね、
桜島の灰が降る中で暮らす小学生の日常というお話で
そこにも象徴的に日常的に桜島の灰がふっていました
それが頭に浮かび…
そう、子供は本当にいろんな想いを抱えているものだな、とつくづく思います

願いが叶うか叶わないかというのは
子供のころの方が疑いなく信じているね
あきらめたり現実に気づく瞬間も人生の中ではあると思うけれど、
ここにたどり着くまでの子供たちはとてもキラキラしていて
わたしも同じようにワクワクしました

すれ違う瞬間にそれぞれの願いを叫ぶ子供たち
わたしは笑っているのに泣きながらみていました
子供たちもうっすらわかっている
死んだ動物を生き返らせたい、でもすれ違う瞬間に願ってもその願いは叶わない
帰り道、「どんどん冷たくなってゆく」という言葉で
うっすらわかっているんだ、と示すシーンがある
それでもがっかりでは決してない
死んだ動物は生き返らなかったけれど、
なんにでもなれる、なんでもやれるという気がしてくる
子供たちの表情がとてもいい

別れ際、
弟たちは博多方面へ
兄たちは鹿児島方面へ
それぞれのホームで手をふりあう
レールを挟んで道がわかつ
でもその間にあるレールはずっと繋がっている

子供というのは本当に宝物だなと思う
他人の子でもですよ
これから何かになって
何かをやる

この奇跡を願う旅路が、これからのふと崩れそうな瞬間を支えるでしょう
旅路で出逢った人たちに受けたものを、これから違う人に還してゆくでしょう

とても好きな作品でした


余談

作品中、小学校の授業風景で
谷川俊太郎の「生きる」が使われています

彼の詩で一番好きなのは「二十億年の孤独」ですが、
関連記事「谷川俊太郎
その他の紹介しにくいタイトルの詩も好きです

この紹介しにくさ、
とべとべおちんちん
などなど

このタイトルが子供の下ネタ好きな時期を思わせて、
谷川俊太郎を読むと子供があたまの中を走り回ります
彼の詩は直球
でも
ストレートというのは変化球です
まっすぐ飛ぶには回転が必要なわけです
単純ではないのにまっすぐ
それがとても子供そのものな気がします

だから子供たちが主役のこの映画で彼の詩が使われているのをきいてとてもしっくりきました
本当に授業で使っているのかな?
もうすっかりわからない

関連記事
スポンサーサイト

| 映画 | 13:06 | comments:6 | trackbacks:8 | TOP↑

COMMENT

なるほど~☆

ぷサンの心を打ったのネ
その新幹線は新横浜から名古屋じゃなぃのネ
なんのネタも入ってなぃように見える感想。。。
ぃぃ映画だったのネ!!
けぃこがわからなぃダケ?

| けぃこ | 2012/01/31 22:21 | URL | >> EDIT

こんばんは♪

都市伝説を真に受けての無鉄砲な計画と思いきや、いろいろありながらも新幹線がすれ違う瞬間にしっかり立ち会ってしまう子供たち。
すごいよなあ。これってやっぱり奇跡なんだよなあ。

で、この“一瞬”の見せ方がすごく気に入ってます。
作中これまでに登場したアイテムやらが次々とフラッシュバックし、轟音の中子供たちがてんでに願いを叫ぶ。新幹線なんてちっとも映らない(笑)
この意表をついた見せ方がね、ホントよかったです。

| SOAR | 2012/02/01 01:26 | URL | >> EDIT

けいこちゃん

> ぷサンの心を打ったのネ

太鼓の達人くらい


> その新幹線は新横浜から名古屋じゃなぃのネ

新幹線代貸して
そんな話じゃないんだ


> なんのネタも入ってなぃように見える感想。。。
> ぃぃ映画だったのネ!!
> けぃこがわからなぃダケ?

ネタはいってないよ
超真面目

浅黒い人は残念ながら出ていません

| おくやぷ | 2012/02/01 10:33 | URL | >> EDIT

SOARさん

こんにちは^^

> 都市伝説を真に受けての無鉄砲な計画と思いきや、いろいろありながらも新幹線がすれ違う瞬間にしっかり立ち会ってしまう子供たち。
> すごいよなあ。これってやっぱり奇跡なんだよなあ。

ちゃんとたどり着いてましたね
周りの人にも助けられながら


> で、この“一瞬”の見せ方がすごく気に入ってます。

九州新幹線開通で立ち上がった企画なのにほとんど映りませんでしたね!
なので、つばめの姿をじっくり見たのは模型でですよw


> 作中これまでに登場したアイテムやらが次々とフラッシュバックし、轟音の中子供たちがてんでに願いを叫ぶ。新幹線なんてちっとも映らない(笑)
> この意表をついた見せ方がね、ホントよかったです。

みんなが帰る旅路もよかった
あと場面転換で細々しい説明をいれず、絵だけで伝えたところ
その後のみんなの生活に戻ってゆく部分

新幹線の見せ方はねえ…
意表をつかれました^^
でも、だから観た後かえって調べちゃいますね

| おくやぷ | 2012/02/01 10:42 | URL | >> EDIT

TB ありがとうございます。

いい話で、子どもたちの魅力が光ってましたね
大人たちも印象深く 残りましたが!

| リバー | 2012/02/02 08:44 | URL |

リバーさん

リバーさんこんにちは^^

脇を固める大人たちもよかったですね!

いろいろ考えてはいてでも都市伝説を信じていて
単純なようで複雑なようで単純
とてもよく表現されていたと思います
子供たちをみているとニコニコしました

| おくやぷ | 2012/02/02 09:51 | URL | >> EDIT















非公開コメント:

TRACKBACK URL

http://okuyapu.blog.fc2.com/tb.php/309-7fa1fe00

TRACKBACK

『奇跡』'11・日

あらすじ両親が離婚し、小学6年生の兄は母と祖父母と鹿児島で4年生の弟は父と福岡で

| 虎団Jr. 虎ックバック専用機 | 2012/07/24 07:08 |

『奇跡』'11・日

あらすじ両親が離婚し、小学6年生の兄は母と祖父母と鹿児島で4年生の弟は父と福岡で暮らしていたが・・・。解説サン・セバスティアン国際映画祭最優秀脚本賞TAMA映画賞最優秀...

| 虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映... | 2012/07/24 07:07 |

『奇跡』

□作品オフィシャルサイト 「奇跡」□監督・脚本 是枝裕和□キャスト 前田航基、前田旺志郎、林凌雅、永吉星之介、内田伽羅、橋本環奈、磯邊蓮登、       オダギリジョー...

| 京の昼寝〜♪ | 2012/02/06 22:42 |

奇跡を願って

2日のことですが、映画「奇跡」を鑑賞しました。 読売ホールにて 試写会で見ました 両親が離婚し 母親と祖父母と鹿児島で暮らす兄、父親と福岡で暮らす弟 新しくできる九州新幹線

| 笑う学生の生活 | 2012/02/02 08:45 |

奇跡(試写会)

是枝監督がまたひとつ素晴らしい映画を届けてくれました。 航一(前田航基)と龍之介(前田旺志郎)は、両親の離婚で大阪から九州にに引っ越してきて、航一は母(大塚寧々)の実家

| まてぃの徒然映画+雑記 | 2012/02/01 22:26 |

『奇跡』は世界に溢れてる

 人形が意思を持って動き出す、という奇跡の物語『空気人形』を世に送り出した是枝裕和監督が、またもや奇跡に満ちた映画を撮り上げた。  タイトルはそのものズバリ『奇跡』なの

| 映画のブログ | 2012/02/01 22:05 |

奇跡

「奇跡」という名の「日常」  

| Akira's VOICE | 2012/02/01 11:00 |

『奇跡』・・・愛すべき7人の少年少女たち

衝撃の『空気人形』公開から待つこと2年・・・。『後の日』、『桜の木になろう』といった“短編”を挟んでいよいよ是枝監督の長編映画公開である。例によって例のごとく、是枝つな

| SOARのパストラーレ♪ | 2012/02/01 01:22 |

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。