as soon as

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

探偵はBARにいる BAR以外にもいる

予約していたセルDVDが本日到着

はやい~
amazon
地方にいると店発売よりはやい
速さにこだわらないときは地元で買う
税金が地元に落ちるからね~
でも今回は速さ命

映画の感想で書いたように
探偵はBARにいる
小物や揶揄、物語背景ベースに凝ってる作品だと思うんですよね
だからこの映画に関してはメイキングや裏話、監督の話、役者の話
とても知りたかった


おまけのKellerオオハタのマッチ
120211_1135~01

120211_1136~01

のようなポストイット


本編
120211_1137~01


ボーナスディスクが2枚
120211_1137~02


雪の具合で何月くらいかわかるね
これは雪国の目でしょう
北海道は11月から4月頃まで雪あるから
5月にも降る
その中でも雪のしまり具合や丸みで温度が感じられる

探偵はYOUである
というムック本も以前手に入れたのです
これもおもしろかったな
小物へのこだわりがすごい

そしてやっぱり、
作者さんはレイモンド・チャンドラーの私立探偵シリーズ、
フィリップ・マーロウがお気に入りであった

これを言葉で主張するでなく何気にいれてくるところが好き
深読みできる作風が好き
ここに気づいてくれ、という創りが好き
制作側もそう思っている、と確信したので
思う存分深読みします

今回の映画、物語の推理はそれほど困難ではありませんが、
バックボーンが凝っているよ
これはいいシリーズになると思うな

みるぞー

「高田の蹴りは尋常じゃない」

波岡さんのスタントなし車が上を通るシーン
これあぶないな~
雪でワダチができてるから、滑ったりワダチにタイヤとられたら轢かれるよね
手袋なしだし←仲間意識か

うむうむ
楽しい

日本で今あまりない、ハードボイルド、娯楽活劇、アクションなどの要素をいれたい
それが監督とプロデューサーの狙い

うむうむ

いいわーこの時代感
関連記事
スポンサーサイト

| 映画 | 11:56 | comments:8 | trackbacks:4 | TOP↑

COMMENT

おお、特典はマッチですか!
あれ、レンタル出てた記憶がないので今度探しに行ってきます。でもこれは買ってもいいな、と思いました。

| 愛知女子 | 2012/02/12 17:04 | URL |

あらー

もうDVDでたのですか!!
はやいなー。

これは見てみたいので
久しぶりに蔦谷にくりだそうかなあ。

手袋なしですか???
うーんつおいですなあ。

なーんにも考えんと見れる映画もすきですが
見た後にうんうん考えさせられる、
引き込まれるというよりは映画の世界の残されるような
映画もすきです。

| モラン | 2012/02/12 17:56 | URL |

愛知女子さん

> おお、特典はマッチですか!

マッチのふりしたポストイットでした
KELLER OHATAのマッチはDVDトールケースの上かぶせる紙ケースにもマッチ箱仕様でデザインされていてこのBARはもう開店しちゃえばいいじゃない


> あれ、レンタル出てた記憶がないので今度探しに行ってきます。でもこれは買ってもいいな、と思いました。

レンタルは2/10からだったようです?
レンタルやさんにいってないのでわからないのですがたぶんあるかな~

購入特典は、
・役者インタビュー
・メイキング
・試写会舞台挨拶(大泉、松田、小雪)
・初日挨拶(大泉、松田、小雪、西田、監督)
・満員御礼第2週目第2作目発表挨拶(大泉)
・TVスポット
・プロモーション映像集
・ポスターギャラリー

となっております~

| おくやぷ | 2012/02/13 18:57 | URL | >> EDIT

モランさん

> もうDVDでたのですか!!
> はやいなー。

レンタルいってないんでわかんないんだけど、
たぶん旭川も2/10からレンタルしてるみたいよ


> これは見てみたいので
> 久しぶりに蔦谷にくりだそうかなあ。

昔の東映っぽい
ちょっと懐かしいようなつくり
ベースは凝ってる
推理は簡単だけどね~


> 手袋なしですか???
> うーんつおいですなあ。

いやいやこれがね、
松田龍平以外はみんな素手で出ていたんだよね~
松田龍平はしっかりとノルディックの子供みたいな手袋してた
あ、あと小雪も手袋してた


> なーんにも考えんと見れる映画もすきですが
> 見た後にうんうん考えさせられる、
> 引き込まれるというよりは映画の世界の残されるような
> 映画もすきです。

深読みして!っていう作品が
漫画にも映画にも小説にもある、と思う
特に純文学などはト書きにあるドアのあいた隙間の大小で気持ちを表現するなど
深読みしてなんぼというところがあるですよね
作品の中に萩原朔太郎の散文が出てきたり、まあ好みの作品でございました

わたしは是非シリーズ化してほしい作品です

| おくやぷ | 2012/02/13 19:02 | URL | >> EDIT

続編~

おくやぶさん、こんにちは^^

おっとDVD出たんですね!
このコンビ、なかなか面白いですよね(笑)
シネコンで観たときに疑問点がいくつかあったので、
僕もDVD買ってじっくりニラメッコしてみようかな(笑)
このコンビで続編観たいですよね!

| cyaz | 2012/02/16 17:28 | URL | >> EDIT

cyazさん

こんにちは^^


> おっとDVD出たんですね!
> このコンビ、なかなか面白いですよね(笑)

でましたね~
購入DVDは各出演者と、監督、プロデューサーのインタビューがはいっていて見ごたえありました
あのコンビは舞台挨拶もおもしろかったですね~
松田龍平がノリがよかったので、楽しい現場だったのだろうなと(こんな基準で)


> シネコンで観たときに疑問点がいくつかあったので、
> 僕もDVD買ってじっくりニラメッコしてみようかな(笑)
> このコンビで続編観たいですよね!

続編みたいですね~
撮影現場を原作者の東直己さんがたずねて見学していた映像があったのですが、
なんか印象的に華のある方でしたね
続編にはヒッチコックのようにちらっと出てくるかもですよ

| おくやぷ | 2012/02/17 15:30 | URL | >> EDIT

ボーナス・ディスク

2枚は豪華ですが、舞台挨拶とかが多いですね。NGとか入れればいいのに。

無事に続編決まっていますが、あくまでも携帯電話は使わないで続けるのでしょうか。今回のは、原作が「バーにかかってきた電話」だから仕方ないにしても、その他は、どうなんでしょうね。

| バラサ☆バラサ | 2012/03/04 22:49 | URL | >> EDIT

バラサ☆バラサさん

> 2枚は豪華ですが、舞台挨拶とかが多いですね。NGとか入れればいいのに。

NG集ありましたよ
ちょこっと
メイキングにまるまる1枚使っているのでその中に入ってましたちょこっと
あと撮影したけどカットしたシーンなど
もう一枚は舞台挨拶×3(試写、初回、第2弾決定時)、役者インタビュー、制作者インタビュー、
あともろもろ予告集
予告集はバージョン違いでけっこう長いやつです
○○編とうたって流していたやつですね


> 無事に続編決まっていますが、あくまでも携帯電話は使わないで続けるのでしょうか。今回のは、原作が「バーにかかってきた電話」だから仕方ないにしても、その他は、どうなんでしょうね。

携帯どうなんでしょうねー
次にどの話をもってくるかにもよるでしょうね
原作はバブル後の頃なので携帯持ってない人も結構いましたけど
現代の話としては少し違和感ありますね

| おくやぷ | 2012/03/10 15:52 | URL | >> EDIT















非公開コメント:

TRACKBACK URL

http://okuyapu.blog.fc2.com/tb.php/318-2dbd8bb7

TRACKBACK

探偵はBARにいる

2011年9月18日(日) 18:00~ TOHOシネマズ川崎2 料金:0円(フリーパス) パンフレット:未確認 『探偵はBARにいる』公式サイト TOHOシネマズのフリーパスポート鑑賞。2本目。 東直

| ダイターンクラッシュ!! | 2012/02/28 01:58 |

No.258 探偵はBARにいる

【ストーリー】 作家・東直己のデビュー作「探偵はバーにいる」を1作目とする「ススキノ探偵シリーズ」の第2作「バーにかかってきた電話」を映画化。札幌の歓楽街ススキノで活躍す ...

| 気ままな映画生活 | 2012/02/25 23:31 |

■映画『探偵はBARにいる』

“ハードボイルドな探偵映画”って、日本ではなかなかはまらないような気がしてました。 まず、探偵が似合いそうな俳優がいないし、探偵が似合いそうな場所がないし。 「なんかと

| Viva La Vida! <ライターCheese の映画やもろもろ> | 2012/02/22 04:07 |

『探偵はBARにいる』

□作品オフィシャルサイト 「探偵はBARにいる」□監督 橋本 一 □脚本 古沢良太、須藤泰司□原作 東 直己(「バーにかかってきた電話」) □キャスト 大泉 洋、松田龍平、小

| 京の昼寝〜♪ | 2012/02/16 17:26 |

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。