as soon as

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

ザ・タウン

o0240032011040472566.jpg


人は生まれるときに
その生まれを選ぶことはできない

一発逆転など
世の中のほんの一握り

誰が道端の花を温室に移すだろうか
反対に
温室の花に、道端で咲け!
やれるはずだ!
と誰がそんな酔狂なことをするのか



強盗稼業が脈々と受け継がれる街に生まれ、
そこに生まれ育ったダグも例にもれず犯罪組織の主要人物になった

結論を先にいうと、好きです

乱れた世の中で強盗稼業をする…というと、
思い出す映画がいくつかある
でもこの映画は、
今までみてきた、破滅的な、刹那的なものとは違っている


ボニーとクライド

明日のことなど明日考える
刹那的なふたりに酔う観衆
良くない快感を覚える破滅にむかって走る衝動


友情とも違う

ディノとフランツ

イエー!の一言ですべてあらわせる
イエー!な男同士の友情
関連記事→「Bの男 」
その火をつけて繋がるふたり
見知らぬ二人の沈黙の友情


今日が幸せなら明日のことは考えない
バイバイ、ブラックバード
ネズミ小僧や石川五右衛門的なデリンジャーとも違う
貧乏人から金はとらないぜ
いやこれもいいのだけど

いずれも日常ではない非日常


そうでなく
ザ・タウンは日常

選ぶことのできなかった環境で
強盗をした後も生活は続いてゆく
自分がいままで送ってきた通りの生活
そして子供ができれば子供にも受け継がれてゆくだろう生活

だから完全犯罪をめざす


やったらやって終わりという、いきあたりばったりの犯行は行われない
捕まってしまったら生活は続けられないから
逃亡生活を続けないと成り立たない犯行はしない
ばれないように

強盗稼業
それはもう生活の一部なのだ

その手順、手際、
鮮やかさに目が離せなくて、強盗シーン、銃撃シーンは釘づけだった


この仲間との関係をどう思うか

友情…というよりは
なんか絆

兄弟のような
血よりも薄く
血よりも濃い
同じ土を踏んできた絆
でも生易しい感じの仲良しクラブとは違う

理由はきくな
手を貸せ

そういって本当に理由を何も聞かないのは、
この絆があるからでしょう
信頼しあっているというんでなくて…
なんといっていいのか

おまえらにはわからないことだよ、と
選べない環境で育った同士の強固で細い絆があるような気がする
だから対外的にもめるときにがっちり結ばれる
中ではもめたり、イザコザがあったり、意見が違っても
自分たち以外の絆がない者たちに対しては容赦せず団結

まるで流星街の住人だな


そんな生活に終止符を打とうとしたのは、ある犯行計画以降


世知辛いことだけを忠実に再現されたものをみても
わたしの心は暗くなってしまうよ
世知辛いけど甘いことだってあるのさ…


罪は
覚えているうちは消えない
何をもって償うか
自分を許せないなら
それが一番の罰だ

彼がどう思ったかはわからないけれど


道端の花が温室で暮らすのはなかなかにして難しい


関連記事
スポンサーサイト

| 映画 | 00:00 | comments:0 | trackbacks:1 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント:

TRACKBACK URL

http://okuyapu.blog.fc2.com/tb.php/33-9088e409

TRACKBACK

ザ・タウン

ザ・タウン THE TOWN http://toki.2ch.net/test/read.cgi/cinema/1294996923/ 1 :名無シネマ@上映中 :2011/01/14(金) 18:22:03 ID:KBwYkNP2 監督 ベン・アフレック 脚本 ベン・アフレック   ...

| 2ちゃんねる映画ブログ | 2011/05/27 09:49 |

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。