as soon as

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

神様のカルテ 【映画】

原作は1のみ既読

長野県松本の本庄病院勤務の栗原一止(イチト=イチ)
その最愛の妻、榛名(ハルナ=ハル)
長年一緒に住んでいるアパート御嶽荘の住人との日常
末期がん患者である安曇との関わり
その中で主人公であるイチ(桜井翔)が悩み葛藤しながら患者とどうかかわるのか
これからの医療というものに携わる者としてどう前を向きどう生きてゆくのか

そういったお話


良いお話だと思います
しかし視聴するにあたり問題点がありました

主人公イチのセリフが聞き取れないのです

原作よりやや昼行燈というか暗めなイチ
役作りとして静かに話したり、ぼそぼそ話したりをわざとしていたのでしょう
それでも聞こえ無さ過ぎて
わたしは何度も何度も巻き戻しをしながらセリフに耳を傾ける作業を続け
入り込みにくかったです

ぼそぼそ話しても
聞こえる人はいるのです
これは役者の発声の問題だと思います

オペラ歌手がピアニッシモの歌声を
最前列の人にも
最上階の隅っこにも
同じくピアニッシモで伝えられる小さな囁き

そこまで求める気はないですが、
とにかく主役のイチだけ聞き取りにくかったです
わたしの耳と合わないのかな
桜井くんは他の役でもやや発声がこもっている
こもっていても、そんなに聞き取れないということは今までなかった
一番気に入ってる彼の役は木更津キャッツアイのバンビですけども

作中、他にも静かに小さな声で話す人はいます
病人の安曇さん(加賀まりこ)とか
病人なので弱弱しい声ですね
それでも同じ音声レベルで聞き取れる
長年やってきた女優さんだからなのか
耳に合うのか
ハル(宮崎あおい)の声も聞き取り易かったですね


なんでこんなことを書いているかというと、
お話が良い、悪いの前に
届かないのです

何度も巻き戻したり、音声レベルを上げたり下げたりしてたので
何を言っているかはまあまあ把握できたのですが、
いかんせん主役なので回数が多くなりおっくうになってきて
なかなか入り込めない状況に


しかし、神様のカルテという意味についてのシーンはジーンとなったし、
御嶽荘の住人がきみのためにこんなにひどくしちゃってよかったのところなど
その他にも良いと思うところはありました

医療の現実についてはわたしは医療のことは一切わかりません
医療を施す側の事情はまったく
でも
医療を受ける側のことはわかります
親がふたりとも早くに亡くなり、
生前は長年治療を受けていて介護もしていたので
末期である患者側の事情は少しは感じられます

こんな先生がいたらいいでしょうね
ひとりの患者に、こんなにかかりきりになる先生は
わたしの知るところでは存在しません

こんな風に看取られたら、
本人も
そして遺族も遺恨がないでしょう
でもそれは特別な人だからじゃないか、と
わたしは感じてしまうところもあり
医療側には何百人もいる患者の中のひとり
明日死にそうであってもですね

あ、あと安曇さんとわたしの誕生日が同じ

人の生き死に
そういうものに関してはやはり
思うところやシンクロするところが出てくるので
涙が出てくる時があります
それは作品に対してじゃなく
おそらく、自分の思い出や経験を反芻して泣いているのだと
そう感じた映画

そういう意味では泣けました

この作品については、
主人公イチのキャラクターが原作と違ってももちろんよいのですが
映画のイチに独自の魅力をあまり感じることなく
セリフも聞こえなくて
なんとなく遠巻きにみた作品でした

長野の景色は本当に美しいですね







あ、あと
音楽いい
でもわたしは
どうにもビフォアーアフターの匠が、リフォームを終えて紹介する時の音楽に聞こえて
流れるたびに、匠がこだわったのは~というナレーションも頭に流れました

こりゃ耳に問題あるわな
空耳アワー

関連記事
スポンサーサイト

| 映画 | 00:00 | comments:2 | trackbacks:2 | TOP↑

COMMENT

脳じゃない?(^ω^)

さくらっぷはさ、一生懸命感がどうもね。
ザ・クイズショウのときも面白かったけど、一生懸命はじけてるなって思ってがんばれ感が出ちゃうんだよね。
バンビは似合ってたね。
あの頃木更津ってマイナーだったよね~。
後から火がついた感じ。
ロケ地めぐりもしてたもんね。
お土産にもらったオジーのストラップ使ってるよ。

だから耳じゃなくて脳じゃない?
空耳脳なんじゃないかお(^ω^)

| hina | 2012/02/27 02:11 | URL | >> EDIT

脳か!
脳だったか
脳やばいね

一生懸命なのはいいことです
確かに彼の演技をみてると現実に戻されるときもあるね
現実に戻さない役者がわたしにとって惹きのある役者
でも一生懸命なところが愛しく感じることもあるし
ただ一生懸命だからといってすべてOKかというとそうでもないな

金箔のオジー^^
あれさ、ちっちぇよな!
行った行ったロケ地巡り
狸のある商店街
アニの写真館もぶっさんの床屋も
バンビの呉服屋も行ったね
マスターの野球狂の詩はめちゃ遠かったじぇ
高史があの店のあるところまでビールのために走れるはずがないな
赤坂マラソンで速攻酸素吸ってたのに

あ~
脳ね脳
やばいね脳

| おくやぷ | 2012/02/27 08:16 | URL | >> EDIT















非公開コメント:

TRACKBACK URL

http://okuyapu.blog.fc2.com/tb.php/332-f1663d54

TRACKBACK

神様のカルテ

http://toki.2ch.net/test/read.cgi/cinema/1275974202/1 :名無シネマ@上映中:2010/06/08(火) 14:16:42 ID:s96Vk/uU 現役医師の作家・夏川草介によるベストセラーで、2010年本屋大賞第2位にも選出された同...

| 2ちゃんねる映画ブログ | 2012/04/17 08:00 |

■映画『神様のカルテ』

嵐の櫻井翔と宮崎あおいがほんわか夫婦を演じる映画『神様のカルテ』。 地域医療に真摯に取り組む青年医師・イチを櫻井翔が、そのイチを支える風景写真家の妻・ハルを宮崎あおい

| Viva La Vida! <ライターCheese の映画やもろもろ> | 2012/03/30 03:34 |

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。