as soon as

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

おかえり、はやぶさ 【映画】

はやぶさ4作目
ラスト・はやぶさ
ラストサムライ的な

関連記事

第1弾「はやぶさ -HAYABUSA BACK TO THE EARTH-
46分ドキュメンタリー 監督: 上坂浩光

第2弾「はやぶさ/HAYABUSA 【映画】
140分 人間ドラマ 監督: 堤幸彦

第3弾 「はやぶさ 遥かなる帰還 【映画】
136分 人間ドラマ 瀧本智行監督


今回は監督:本木克英 114分 人間ドラマ
出演:藤原竜也、杏、三浦友和 など



はやぶさは全作みて比較する気満々でしたので、
これもまた楽しみにしていた作品

しかしドキュメントを除いて競合3作目ともなれば、
やる気満々で「もう十本ぐらいみたい!」って人を除くと
「またはやぶさ~?」的な空気になることもやむを得ない

今回の目玉はおそらく3Dでしょう
なのに
おらが街には3D作品こなかった
ヒューゴに3D枠全部とられた!
だから2Dでみました
3Dだいすきってわけじゃないけどこれは3Dで観たかった


今作の導入は、火星探査機「のぞみ」の、一般的に失敗と言われるシーンから
【殺菌消毒を施していない機器は打ち上げ20年以内に火星に衝突する確率を1パーセント以内に抑える】
この1%を切ることができずに火星の周回軌道に乗せる計画を断念した開発者の想い
そこから映画にはいってゆく

競合後の過去作品と比べると、
この作品が一番親切にはやぶさのことを説明している気がする
本当にはやぶさの経緯を順に詳しく正確に知ろうと思うと断然ドキュメンタリーですが、
このドキュメントを除けば今作はわかりやすいのではないだろうか
打ち上げまではさくっとすすむ
その後、発射からスイングバイまでとスイングバイからイトカワまで
この部分の説明は各方面で行われる子供たちを対象とした講演会で説明する形をとっている
その説明者がジョイ君
油汚れにじょじょいのジョイ君
前田前田の前田旺志郎さんです

いやー実は
「おかえり、はやぶさ」の導入で
わたしはボロボロ泣いてたんですよ
のぞみのあたりで

はやぶさ映画に関して自分の琴線を考えるに、
開発者の想いや苦悩部分、
貧乏部分、
はやぶさ自身のしぶとさ、
使命を果して燃え尽きる部分
この辺りにわたしの涙発射センターがあるようなのです
それがジョイ君の声で涙が引っ込みました
彼が嫌ではない
でも引っ込んだ

その後、
はやぶさプロジェクトチームの藤原竜也さんと杏ちゃんを中心にストーリーは進んでゆく

火星探査機のプロジェクトに関わり、計画を断念した当時の責任者に三浦友和、
その息子を藤原竜也が演じていて、はやぶさの開発に関わっている
父親は失敗したプロジェクト(のぞみ)をずっと引き摺っている
息子は父親を見続けて自分は必ず成功してやる、と思っている
作中にあったように、ほんのわずかな紙一重の差であるのに、
プロセスだけでは納得させることができないリザルトが求められる
懸命にプロジェクトに心身を捧げてきたことは変わらないはず
しかしそれを世に知らしめるには、やはり結果を出さなければならない

外野から言うのは容易
プロジェクトに関わり自分の半生をささげてきた人にしか、わかり得ないものがある
褒めるのはみんなが褒めるわたしも褒める
でも批判は、同じく心血を注ぎ心身をつぎ込んだ者しかできない
「のぞみ」と「はやぶさ」はリザルトは違った
違ったけれど山積みの問題を乗り越えようとし心血を注いだ同士、
息子は父の背中をみてきたからこそ反発もするし、心底尊敬もするのだと思う
結果を超えて融合する


わたしの琴線を煽るのが上手い映画でしたね
でもそれも全編でなくところどころです
涙で眼球が湿ったかと思えば急に乾燥したり
4作目、競合からは3作目、
この作品の目玉である3Dを観れなかった私の目玉は
杏ちゃんのセーラー服姿でしょうかね
なんか1時間で10万くらい払わないと帰れない場所にきたような
あ、杏ちゃんは好きです
しかし正直セーラー服はどうだろうな
前から脚は長いの知っていたけど
半端なく長いな!杏ちゃんの脚

はやぶさロスト後の1ビット通信を続けて、はやぶさを発見した臼田の所員にカンニング竹山
前回、「はやぶさ遥かなる帰還」では、その所員はおぼえているけれど、
それが長嶋一茂だとはさっぱり認識できず
「トロピックサンダー」でトム・ハンクスを認識できてなかった実績を持つので
まあおかしいこともないか
すっかり長嶋一茂をロストしていたわたしですが、
竹山さんはしっかり認識しました
それは最後のオマケ映像にも関係している…


大体、上記にあげたところが琴線に触れ、
人間ドラマと言う面で言うと、
いままでの作品も同エピソードに触れていますが
泣きに関しては今作が一番キタんですよ

今にも表面張力で溢れそうになってるところを
すっと引っ込ませてくれたのが下記のエピソードです
ドライアイの原因です

・ジョイ君の声(でも静かにしゃべるときはいい。元気よくしゃべるとジョイ君なのだ)
・杏ちゃんのセーラー服姿
・肝臓移植のくだり(この手の泣きに感情が振れない、移植のためにアメリカ行けるなら恵まれてる人の話だね)
・プロポーズ
・はやぶさが帰還する時の映像中に人の声が入る

あのシーンだけ見せてくれよ…
というわたしは、本物の映像でも見てればいいね!

真面目にいうと、エンタメっていうのはわかってますが、
あのシーンはあのシーンだけみたいのです
だからドキュメントが一番泣くのかもしれん


今作品の好きなシーンは、
真っ暗な宇宙を漂いながら
はやぶさから燃料が漏れて虹がかかる
宇宙にかかる虹
美しかった



これではやぶさの競合作品はすべて終わりました
先に公開したほうが有利なんではないかなと思うところもある
でも、それぞれよかったと思っている

この期間、
楽しかったな

ありがとう





記事まとめ

はやぶさ -HAYABUSA BACK TO THE EARTH-

はやぶさ/HAYABUSA 【映画】

はやぶさ 遥かなる帰還 【映画】

おかえり、はやぶさ 【映画】」

関連記事
スポンサーサイト

| 映画 | 02:33 | comments:10 | trackbacks:6 | TOP↑

COMMENT


お久しぶりです。
いつもこっそり読ませて貰ってました。

ぼくもはやぶさ全部観ました!
(一作目の完全版は観てないのですが…)

観る人に寄って、感じ方が全然違うのですごく興味深かったです。
内容はおいといて、僕の場合は堤監督のが一番泣けました。
打ち上げシーンのところからラストまでほとんど泣きっぱなしだったせいか、、
その後観た2本の映画は、期待過多でほとんど泣けませんでした…。
はやぶさへの愛情を感じさせる映画を期待してたんだけどなー。。

旺志郎の声と、肝臓移植の件は激しく同意です!

| ⇒ しん | 2012/03/13 14:34 | URL | >> EDIT

ジョシ君?

ジョイ君てだぁれ?e-68
ドライアイの原因なのw
よくなぃゎネ~

| けぃこ | 2012/03/13 20:23 | URL | >> EDIT

⇒ しん さん

> ぼくもはやぶさ全部観ました!
> (一作目の完全版は観てないのですが…)

全部みてさらにもう何本か観たいです


> 観る人に寄って、感じ方が全然違うのですごく興味深かったです。

ここはそれぞれ、観る人がどこを重要視しているかでかなり変わるのでは…と
例えば1作目のドキュメンタリーは人間側の事情をほとんど語りませんでしたが、
ちょっとしたところに垣間見える、想いや苦労や貧乏が慮られて涙が出た
わたしは淡々とした作りが好みでして、NHKの地球大紀行シリーズでもボロボロ泣けます

2作目、堤監督のは泣くより楽しい気分になったのでした
この作品はネガティブなぶつかり合いはほぼ描かれなかったですね
そこが映画という娯楽で表現する醍醐味でよろしかったという感想でした

3作目はほぼ人間ドラマ
はやぶさの説明もあまりなかったですし、行程についてはわかっている人向けだったなと
ただ、リスクから逃げないって部分においてはとても評価しています

今作は総合的には中途半端です
でもわたしの琴線にくるところもあって、それはどこかというと、
本文にあるとおりのぞみのところでした
あの、最初の宇宙開発の歴史の部分でかなり泣いていたのです
だからドキュメントで泣く感性だからですね、
ただ涙を引っ込ませる要素も大いにあった

いろいろ感想はありますけど、
これだけ興味のない層にも訴えかけるものがあったはやぶさのミッションについて、
たくさん映画ができる、ということ自体が楽しい期間でしたよ

| おくやぷ | 2012/03/15 02:19 | URL | >> EDIT

けいこちゃん

> ジョイ君てだぁれ?e-68

油汚れにじょじょいのジョイ君や
ジョイっていう洗剤のCMに、前田前田というお笑いコンビの
前田旺志郎という少年が声の出演をしていて、
今回のはやぶさ映画にも出ていたの
ほんで、はやぶさがどうやって発射されて、地球の公転エネルギーを使いスイングバイして、
どうやってイトカワに向かうのか
…って説明を前田旺志郎さんがやっていたのね
その声がCMのジョイ君と同じノリだったわけで
それでドライアイになったわけで父さん
拝啓けいこちゃん
これでわかったかね
てか、ジョイ君のCMを知らないのかな
じゃあこの話は終了です


> ドライアイの原因なのw
> よくなぃゎネ~

よくありませんな~

| おくやぷ | 2012/03/15 02:22 | URL | >> EDIT

こんにちは♪。

親父のようには絶対ならない。と話していた息子が、今までありがとう。と言えた瞬間も「はやぶさ」がもたらしてくれた奇跡なんですよね。

批判するのは簡単ですが、じゃああなたならどうするの?と聞かれて明確な案を示せるのは至難の技。
どんな事柄でもその道に携わった人は、見てるだけの人よりずっとプロなんですもの。
そこからどうするか!を考えるのが本来の姿なんですよね。

はやぶさに続く様々な挑戦達が、これからも支援され続けていくことを願います☆。

| みぃみ | 2012/03/15 10:58 | URL | >> EDIT

みぃみさん

こんにちは^^

父としてみる背中、同じ分野の先輩としてみる背中、
いろんな想いがあったのでしょう
はやぶさが架け橋になりましたね


> 批判するのは簡単ですが、じゃああなたならどうするの?と聞かれて明確な案を示せるのは至難の技。
> どんな事柄でもその道に携わった人は、見てるだけの人よりずっとプロなんですもの。

日本はどうしても浪漫に金を出すっていう部分が薄いですからねえ
映画の冒頭で大杉連さんが演じるプロジェクトマネージャーの言葉で
絶対に失敗するわけにはいかない!とありました
心血そそいできたことがわかっている人が断言するその言葉
予算がなかったり各種の調整が難しいとわかっている人間がいう
「失敗できない」は、これまた事情のわかっている人間には響くと思います
簡単にできると思っている人間が言う言葉じゃないわけですから


> そこからどうするか!を考えるのが本来の姿なんですよね。
> はやぶさに続く様々な挑戦達が、これからも支援され続けていくことを願います☆。

次にはやぶさが飛ぶのは2014年予定ですね
また長い旅路を終えて還ってくるはやぶさ2を迎えたいです

| おくやぷ | 2012/03/16 00:43 | URL | >> EDIT

最後で一気に失速しちゃったんですが
私も「この時期、とっても楽しかったです」

ジョイくん~そう言う意味だったんですね♪
記事を読ませて頂いている時は??が、飛んでいました。
もうちょっとしっかり指導してあげれば
いい役者(子役)さんになれそうな気がするんですが。

| ほし★ママ。 | 2012/03/19 23:34 | URL | >> EDIT

ほし★ママ。 さん

> 最後で一気に失速しちゃったんですが
> 私も「この時期、とっても楽しかったです」

楽しい期間でしたね
興味のない層にも訴えかけるものがあったはやぶさミッションを
詳しく知ることのできるよい機会だったと思います


> ジョイくん~そう言う意味だったんですね♪
> 記事を読ませて頂いている時は??が、飛んでいました。
> もうちょっとしっかり指導してあげれば
> いい役者(子役)さんになれそうな気がするんですが。

わたしのブログは万人に理解される気がまったくないので、
ほとんど説明しませんがこの記事は比較的説明が親切です、と自分で言ってみる
前田旺志郎さんは「奇跡」はよい感じだったのです

なんにしろ、はやぶさの競合が決まって公開される期間、
楽しみな時間を過ごすことができました

| おくやぷ | 2012/03/20 08:30 | URL | >> EDIT

こんちは。

あっ、そうだ。
杏ちゃんセーラー服着てた。なんかやさぐれ感が漂ってた。
これで人生変わったってインパクトならガングロくらいまでやっても良かったかも。

プロポーズは本当いらん。
前田前田の声もうるさい。

なんかいろいろ不協和音がある。枝葉を切ってもっと短くても全然いいと思う(2Dで観たけど、身体に負担がかかるから3D映画は長くあるべきじゃないよ)。

| ふじき78 | 2012/04/15 00:31 | URL | >> EDIT

ふじき78 さん

ふじきさんこんにちは^^


> あっ、そうだ。
> 杏ちゃんセーラー服着てた。なんかやさぐれ感が漂ってた。

この感想を書いた後に、たまたまめちゃイケのごちになりますを観まして
そうしたら杏ちゃんは常にセーラー服で参加しているようなのです
案外、みんな見慣れていたんでしょうかね
わたしは10万円払わないと…な気分でしたが


> これで人生変わったってインパクトならガングロくらいまでやっても良かったかも。
>
> プロポーズは本当いらん。
> 前田前田の声もうるさい。

この映画はけっこう余計な部分が多いですね
肝臓移植もいらなかった


> なんかいろいろ不協和音がある。枝葉を切ってもっと短くても全然いいと思う(2Dで観たけど、身体に負担がかかるから3D映画は長くあるべきじゃないよ)。

3作目ともなると何か目玉がほしいですよね
だからこのはやぶさはおそらく3Dが目玉なんだろうなってことで
3Dでみたかったのです

しかし、3D創世記から3Dでみれるものは3Dでみてみましたが
ハマっているのは2~3作品くらいでしたしねえ…
IMAXやRealDはまだマシとしてXpanDは画面が暗すぎてストレスになるほど
…というのも1年くらい経ってやっとたどり着きました

| おくやぷ | 2012/04/15 10:09 | URL | >> EDIT















非公開コメント:

TRACKBACK URL

http://okuyapu.blog.fc2.com/tb.php/338-d4819e03

TRACKBACK

映画:おかえり、はやぶさ

 3つの制作会社がそれぞれの視点と思いで惑星探査機・はやぶさを映画化し、今回は松竹が描いた作品、唯一3Dで作られたおかえり、はやぶさのレビュー記事です。ただし鑑賞は2D...

| よしなしごと | 2012/06/20 00:50 |

『おかえり、はやぶさ』を新宿ピカデリー7で観て、そこはメイド服だろ杏ちゃんふじき★★

五つ星評価で【★★いや、別に何を期待して見に行った訳でもないし】 何をどう勘違いしたのか、 チケット屋で安値前売券を買った時は成島出監督作品だと思ってた。 あにはから ...

| ふじき78の死屍累々映画日記 | 2012/04/15 00:34 |

『おかえり、はやぶさ』(2012)

小惑星探査機<はやぶさ>を題材にした3本目の実写映画。 真打ち登場、と言いたいところだけど、こういうものは旬が大事、早い者勝ちって部分が少なからずあると思う。 3本の中

| 【徒然なるままに・・・】 | 2012/04/08 14:55 |

『おかえり、はやぶさ』

    「はやぶさ映画」四本目、いよいよアンカーの登場です。 『おかえり、はやぶさ』(公式サイト)を観て参りました。 

| ほし★とママのめたぼうな日々♪ | 2012/03/19 23:28 |

映画:「おかえり、はやぶさ」♪。

平成24年3月12日(月)。 映画:「おかえり、はやぶさ」。 【監  督】本木克英 【脚  本】 金子ありさ 【キャスト】  藤原竜也 (大橋健人)・杏 (野村奈緒子)・三

| ☆みぃみの日々徒然日記☆ | 2012/03/19 09:51 |

『おかえり、はやぶさ』

□作品オフィシャルサイト 「おかえり、はやぶさ」□監督 本木克英 □脚本 金子ありさ □キャスト 藤原竜也、杏、三浦友和、前田旺志郎、森口瑤子、田中直樹、       宮

| 京の昼寝〜♪ | 2012/03/17 07:59 |

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。