as soon as

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

アーティスト 【映画】

いまはもうなくなってしまったけれど
学生の頃シネマアポロンという地元の映画館で
オールドムービーばかり上映していた

セーラー服で通った映画館
観終わるとコーヒーをいれてくれる
通常はそんなサービスはない
わたしは大体は映画館にひとりで、上映作品をみていた
今でいうなら午前10時の映画祭の、より昔の作品を常にやっているような状態
他に客がいないときはコーヒーをマグカップに入れて出してくれる
それを飲みながらしばらく話をしていた

その頃強く思ったことがある
映画というのは特別な時間で
映画館に一歩はいるときから映画は始まっていて
見知らぬ人同士でひとつの作品を観る連帯感があって
出てゆくときまで映画だなあと
今のシネコンでそれを感じることはあまりないけれど
特別な時間を過ごす場所ではあると思う

特にサイレント
サイレントは本当に、映画館で観た方がいい
自分は家でみると気が散るので余計に
サイレントは実は雄弁で
音楽がほとんど絶えない
一番好きな作品、繰り返し観る作品は「第七天国」
目が離せない時もDVDを流しているときがある
音楽を聴いているとどの場面かわかる
そしてどんな気持ちかわかる
たまに画面に目を向ける
見たいシーンを音楽で聞き分ける
もちろん通しで観ることもあるが、目を向けていなくても映画をみているようだ

それほどにサイレントは雄弁で、自分の想像をかきたてるところがある

便利になっていったり
説明しすぎると
人間は退化してゆくなあと最近感じる

例えば携帯
昔はなくても人と待ち合わせをちゃんとできたし
予定の変更もそれほど苦ではなかった
きちんと腹案をもって事前に考えたが、いまは携帯があることに頼りがち
電話番号も脳の退化という問題以外に、そらで覚えていたと思う

例えば小説
わたしは純文学、特に明治から昭和にかけての作家が好き
それは台詞で説明しすぎないから、という部分がひとつにある
ト書きで、行間で、気持ちを表現する
戸が少し開いている
少しだけ開く意味

例えばゲーム
今のゲームは親切だ
迷うことがほとんどない
取り返しもつく
スウィートホームの戦慄を味わうことや、ポートピアのような連打苦行をすることはなく
説明していなければ、どうして説明しないんですかふじこっこっと憤る者までいる
なんにつけ過保護だ

例えばののたん
大人数のグループアイドルにありがちなカメラに抜かれない宿命
しかしファンは太もものラインひとつで、二の腕の一部分で
彼女を見分けたものだ
ところが、彼女が2003年からリボンをしだした
ファンはリボンで見分けるようになってしまい、いままでの彼女を見つけ出す能力を失った

あとは車のオートマやご飯の炊き方など
便利なものは使えばいい
でも確かに人間の能力や想像力は退化してゆく
入り口が便利からだと、便利以外をものすごく不自由に感じる
だから、今自分が便利に慣れて、昔できたことをできなくなっていないか
確かめてみたくなる

サイレントはそういう部分
観る側に説明しない部分を求めてくるところがあって
でも投げっぱなしなわけではなく
何を言っているか、何を訴えているかわかるのだ
勘違いしてるときもあるけれど

アーティストはそんなことを思い出した
むかし通った映画館のこと
映画をとても特別に感じていたこと
これもまた確かめてみたくなる

できれば何も知らずに観にゆけたらよいですね







オマケのつぶやき

・犬、なんて賢いんだー

・25年ほど前に高口里純さんが、
サイレントとトーキーの切り替わりについて書いていたことがある
これは高口さんのファンクラブの会報誌
声というものがなかった時代の銀幕に、音が革命を起こす
去る者とライトが当たる者
去る者の悲哀の姿は
なんとも感傷的でいて美しいモノをみている気持ちになったよ

関連記事
スポンサーサイト

| 映画 | 15:56 | comments:6 | trackbacks:5 | TOP↑

COMMENT

ぁ~v

ぷサンが前に言ってた映画館だネ!!
願ぃます!!
ベティブルーは大槻ケンジe-319
例えば牧サン!
浅黒ぃから牧サンわかるョ( ´艸`)

| けぃこ | 2012/04/13 15:39 | URL | >> EDIT

ののたんを見つける能力は半端なかったもんね。
ごっちんの画像じゃん?って思ったらののたんの太ももチラっと写ってたりして(^ω^)
リボンは昔おかしかったけど貫いて自然になったねー。
それにあの後リボン流行ったし。
退化しちゃった?笑笑

犬は賢いね。
猫なんてなんの役にもたたないお(^ω^)
かわいいだけで一本渡世!
たいしたもんだ~。

| hina | 2012/04/14 12:39 | URL | >> EDIT

こんにちは♪

もちろん今の映画だってBGMが雰囲気を盛り立てるんだけど、本作ではさらに一歩踏み込んで状況説明まで受け持ってるかのようでしたよね。
自分はなぜ映画館に通うのか、なぜこうも映画が好きなのか。
そんなことも考えさせられました~。

| SOAR | 2012/04/15 07:29 | URL |

けいこちゃん

> ぷサンが前に言ってた映画館だネ!!

言ってたことはあった
けども…?

> 願ぃます!!


これはシアターキノだよ


> ベティブルーは大槻ケンジe-319
> 例えば牧サン!
> 浅黒ぃから牧サンわかるョ( ´艸`)

他に浅黒い人いないからね!

| おくやぷ | 2012/04/15 09:44 | URL | >> EDIT

hinaちゃん

> ののたんを見つける能力は半端なかったもんね。

おほほほ


> ごっちんの画像じゃん?って思ったらののたんの太ももチラっと写ってたりして(^ω^)

ののたんアイ持ってたからね
それもリボン頼りになって衰えた


> リボンは昔おかしかったけど貫いて自然になったねー。
> それにあの後リボン流行ったし。

先取りすぎたね
でもののたん発信じゃないよなあ
ののたんってファッションリーダーとは遠いところにいるもんね
GGのときの振り付けが面白すぎて異常


> 退化しちゃった?笑笑

すっかり退化した


> 犬は賢いね。
> 猫なんてなんの役にもたたないお(^ω^)
> かわいいだけで一本渡世!
> たいしたもんだ~。

たいしたもんだわ
ほんっっっとに役に立たないモンネ
可愛いだけだよ猫なんて
ああ~かわいい~~

| おくやぷ | 2012/04/15 09:50 | URL | >> EDIT

SOARさん

SOARさんこんにちは^^

> もちろん今の映画だってBGMが雰囲気を盛り立てるんだけど、本作ではさらに一歩踏み込んで状況説明まで受け持ってるかのようでしたよね。

字幕に全部のセリフが出るわけじゃなく、主要な部分しかでなくても
何を言ってるかどんな気持ちか、想像できるんですよね
台詞のないときも音楽が状況や気持ちを表していて
台詞に頼りすぎていない
それは表現方法であってどちらがいい、という極論ではないのですが
BGMの持つ力の比重が高いな~


> 自分はなぜ映画館に通うのか、なぜこうも映画が好きなのか。
> そんなことも考えさせられました~。

わたしも、映画のこと
映画と自分のこと考えました
あの特別な空間に身をおきたくなる
いくつかの映画で、
人生の最後にみる走馬灯を「どんな映画をみるんだ?」と例えていたり、
デリンジャーなんかも最後にみた映画の直後に死に至ったりして
自分の最期の映画のことまで想いを馳せたりね…
馳せすぎた~

| おくやぷ | 2012/04/15 09:59 | URL | >> EDIT















非公開コメント:

TRACKBACK URL

http://okuyapu.blog.fc2.com/tb.php/348-8d7b8f8b

TRACKBACK

映画:アーティスト

 84回アカデミー賞で最多5部門で受賞したサイレント白黒映画、アーティストの記事です。

| よしなしごと | 2012/08/21 02:49 |

アーティスト

<<ストーリー>> 1927年のハリウッドで、サイレント映画のスターとして君臨していた ジョージ・ヴァレンティン(ジャン・デュジャルダン)は、 新作の舞台あいさつで新人女優ペ

| ゴリラも寄り道 | 2012/04/30 04:38 |

『アーティスト』

□作品オフィシャルサイト 「アーティスト」□監督・脚本 ミシェル・アザナビシウス □キャスト ジャン・デュジャルダン、ベレニス・ベジョ、ジョン・グッドマン、ジェームズ・

| 京の昼寝〜♪ | 2012/04/20 08:40 |

アーティスト

http://awabi.2ch.net/test/read.cgi/cinema/1315405825/1 :名無シネマ@上映中:2011/09/07(水) 23:30:25.88 ID:YJwq4w7u 2011年・第64回カンヌ国際映画祭で主演男優賞を受賞した白黒&サイレントのラブスト...

| 2ちゃんねる映画ブログ | 2012/04/15 23:24 |

『アーティスト』・・・サイレントに絶妙のギミックを添えて

なんと優しさに満ちた映画なのだろう。 ストーリーの進行上必要最低限のセリフのみが字幕という形で提示され、シーンごとに状況を的確に表すBGMが時に優雅に、時に切なく、時に激し

| SOARのパストラーレ♪ | 2012/04/15 07:29 |

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。