as soon as

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

振り12巻感想

だから読んでない人は読まないようにしよう


ネタばれかまわないって人はぷさんもかまわない



てかですね、
これは連載では読んでいたんだけど、
あらためて一気にいくとまたいいね
試合の流れが月間連載だとなげーのよ

で、
以前に振りについて今後の課題なんかを絡めて考察したのですが
呂佳さん中心関連記事 → 『おお振りソート 』
らーぜ中心関連記事  → 『おお振りについて本気出して考えたみたら 』

この辺りで書いたように、みんなの野球に対する意識、
勝負に対する意識がかなり明確になっていってる巻である

課題はこれからの人もいるけれど、
特にこの12巻でスポットがあたっているのが泉と花井そして阿部

泉については課題でも書いたのですが、
田島ほどは考えていない
埼玉戦で3番を打ったときも、気合で打ってるところがあってね
ただ、きちんとした分析もしている
最後は気合っていうところがあるのね
分析や観察に基づいた気合
とにかくよく観察する子だし、
彼の負けん気はスポーツ選手として欠けてはいけない資質
この泉を思うとき、おもしろいバランスなんだよね
カーッとしてるときもあれば冷静であるときもあり、
考えていないときもあれば、がっちりまわりを見ているときもある
器用でなんでもこなす
あの9組ピヨピヨコンビに対応順応する速さが物語っている
それでも、だ!
それでも
もも監の評価は花井のほうが上なわけさ
花井の資質というのは1年生のこの時期、
数ヶ月では花開かない
だからもも監はとくに花井に良いプレッシャーをを当て続けている
持ってるもので比較するならば、同じ土俵にいるのは田島と泉で、
花井はまったく違う土俵にいる
それに花井は気づかずもちょもちょやってるが、
まーそこがいいんです
自分の土俵を極めれば違う土俵のソロモン王と対等にやれる
それが花井の持つ資質で、もも監がナンバー2だと断言する所以なわけですよ
それを今回、泉は気づかされたね
タイプとしては泉と田島のほうが似ているから、
泉が田島に対を張るほうがよほど難しい挑戦だ
泉は花井と違って、そこを冷静に受け止められるけど、
熱いものも持っている
そこが彼に痺れる部分で男前度半端ないところですね
おもいしらせてやってくれ
俺をなめた美丞を
後、花井に八つ当たりするところもイカすねw
花井と泉の差は、花井はまだ今の段階じゃ泉より使えない
あれはねー
花井は戦場にいるってわかってない
危機感ちゅーもんがどんなものかわからない
焦燥感だけはある
その点、泉は危機管理はあるわけです
だから臨機応変な対応ができる
泉が今の自分のポジ、
実力もだけど、
相手校にどう思われ、
監督にどう評価されているか
これに気づいて、自分のポジションをどう思い、
どうやって負けん気を生かしてゆくかはかなり楽しみにしている

花井君
花井はたぶん、次の次の巻あたりで、
いまよりもっと田島と自分の差を思い知るのだけど、
この対西浦シフトのことを試合中にその意味まで考えられないところが
花井だなあ…って感じです
泉はここにすぐ気づくわけですね
花井はこのペースで大成すればよいのだと思います
もも監もそのつもりっぽいですし

阿部なあ…w
弱いよね
阿部は用意していないことには弱い
これも前回書いているけれど、
データや練習の積み重ね、
そこにできる自信、実績
そういったものが読めるときは強い
でもとたんに崩れてしまうのですね
それは若さもあるし、もちろん高校1年生にしてはアレだけど、
この子は人に頼る強さがないんだよ
人に委ねられる強さ
美丞戦はそこも鍛え上げてくれることでしょう

まーこんなね
o0299030210203409864.png

阿部と巣山は西浦における野球理論的なことの
オピニオンリーダーでもあるので、
発言権もあるし、言葉の影響力も大きい
狙うなら阿部でしょうねー
もううらうらジンジン狙い撃ちっすよ
この試合が終わる頃には、
今までやってきたことの積み重ね以外の
彼の自信が生まれてくればいいよね

そういう意味で本当に美丞戦はいい

呂佳さんについては、本編をみていない方々には、
これからもっとバッシングされる可能性アリですが、
わたしは『おお振りソート 』に書いたとおり
見ていたい人だ
和さんと呂佳さんについてはまだまだ書きたいことがあるのですが
まーいい加減長いんでまた今度

それにしてもふみちゃんかわいい~
あの子の最大の武器は素直さだよね
ラックもそこから呼んでるんでは
たまたま打てたみたいな表現だけど、
練習はそれだけやってきている
身体はついていけるようになってる
問題はもも監も言うように選球眼
あと組み立てや予想、予測
でも、変な邪心が働かないから、
言われたことそのままやって、
それでうまくいっている
これは彼の素直さにある
受け入れの器
ばっかだな~水谷
これを受け入れられる器は素晴らしいよ
はっきりいって西浦では彼しかできない
次の巻もかわいいふみちゃん満載!
楽しみだし~

さー次の巻はとうとう田島様の試練だね
まだかな?
次の次辺りかな

れんれんの目覚め、田島様の試練、沖君の決意、栄口君の希望と
盛りだくさん
そして西広先生の始まりだ

もう14巻分たまってんだからだしちまえばいいのに!
なんて思うけどお楽しみにとっときましょう

おお振りはわたしの中のナンバー2野球漫画です
1はキャプテン
なぜ2かと言うと、まだ完結してないから
終わってほしくないけど、完結するのも楽しみな漫画です
関連記事
スポンサーサイト

| おお振り | 23:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント:

TRACKBACK URL

http://okuyapu.blog.fc2.com/tb.php/363-ac72f293

TRACKBACK

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。