as soon as

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

星守る犬

村上たかし 著

o0240032010403880602.jpg

ひまわり畑に一台のもう動かない車

その中から男性の遺体と犬の遺体が発見され
そこから物語は始まる

男性は死後1年から1年半
犬は死後3ヶ月と開きがあった


物語は過去にさかのぼって冒頭を目指す

この物語が終わった後に、
遺品と遺体からだけ語る、
他人(ひと)からみた物語が綴られる





犬はいつだって待っている

星守る犬とは
慣用句として、以下の意味がある

犬が星を物欲しげに見続けている姿から、
手に入らないものを求めることを表す


わたしは
猫か犬かと聞かれたときに、
いつもこう答えてきた

道端で可愛がるのは猫だ
でも世界の終わりに一緒にいるのは犬だ


犬は待ってくれているだろう

そんなエゴイズムを受け入れてくれる気がしてしまう



不思議なもんだな
何もかもなくなったのに、
隣にお前がいるからって
ヘンに幸せだぞ




でもやっぱり
生きてる間に
できることは
やっとくがいい


村上たかしさんからは
毎日を毎日を暮らす


この比類ない幸せを感じる



村上たかしさんについてはまた次回



星は見つめるものだ

手には入れられない

一緒に見つめよう

見つめていられる限り、ずっと

関連記事
スポンサーサイト

| 漫画・アニメ・TV・特撮 | 02:06 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント:

TRACKBACK URL

http://okuyapu.blog.fc2.com/tb.php/38-5160178e

TRACKBACK

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。