as soon as

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

バーレスク

わたしは心を奪われた
そのシーンは

これが初めてのレッスンよ

アリとテスのふれあい




田舎から歌手になることを夢見て出てきた、
身寄りのないアリ(クリスティーン・アギレラ)

職探しをしながらあるときたどり着いたクラブ・バーレスク

そこで繰り広げられるショーに魅せられ、
経営者であり出演者であるテス(シェール)に直談判するが、
軽く袖にされて話もきいてもらえない
どうしてもここで歌いたいと思ったアリはウェートレスとして強引に働き出す


物語はドリームカムトゥルー

アリの夢とはなんだったろうか

歌手になること
ひとはたあげること
有名になること?

それだけではたぶんない

富や名声や世界のディーバが夢なら、マーカスと組めばいいのだから


冒頭で、
アリがどんな暮らしをしてきたのかわかる気がする(はっきりとした描写はないが)

誰にでも甘えない
頼らない
決して依怙地ではないけれど、
どうにもならないことを受け入れるのが速い

でも自分の道は自分で切り拓く
自分の力の及ぶ部分はあきらめない
例えば強引にウエイトレスにおさまるところ
ここは、自分の努力や気持ちでどうにでもできる部分だ

7歳で母親を亡くしているアリ
それは彼女が生きていくうえで必要だったモノだろう

苦労してきたのではないか…と思う部分は、
バーテンの家に世話になるかならないかというとき、
バーテンに彼女がいると知った途端にきびすをかえす
自分が当然助けてもらえるとは思っていない彼女の行動がそう思わせた
かといっていじけるでなく、恨むでなく
ただ、(ああ、そうなのだ)と納得するのがはやい

話はまったくウェットではない

テスとニッキのやりとりで、
苦労してない子はあんな風に歌えないわってセリフがあって
例えば作品自体に「にがみ」を出そうとすれば、
現在進行形の苦悩を入れればいいわけ
アリの場合、
詳しくは語られてないけれどそこを乗り越えた後のこれからの物語なんだろう…と思った

かといって彼女の目指す成功も、
ドリームガールズのような世界の頂点に立つディーバとなるために、
仲間を切ってものしあがる…というものではないのではないか

もちろん、どちらの物語(苦みを描いても描かなくても)
その作品それぞれの良さがあり、それでいい
ただ、バーレスクが苦味を現在進行形で入れないからといって薄っぺらいとも思わない


決してウェットではない話の流れであるのに、
わたしは涙がじわじわ出てあふれていた

いままで母と子の物語をみるとき、
年齢的なことや娘がいることもあって
わたしは母親の目線でみることが多かったように思う

でもバーレスクは子供の気持ちでみていた
アリの健気な強さと口は悪いがアリを気にするテスとの関係をみたとき
なんだか吃水線があがってきて
船が沈没しそうになっている自分に、(この話は楽しい話だよなあ…)と
可笑しくなった



場末感たっぷりのショー
ポール牧ばりのパッチンが心地よい

初めてアリがその歌唱力を披露するシーンなどは
体がリズムをとっていた
実はスローな曲はそうでもなかったが、最後のアリが歌うバーレスクの曲
ダンスとともに体が自然に動くほどに誘われる
でも歌ってるアリはちょっと怖い

その中でわたしに一番響いたのはテスが歌ったバーレスクだ
エンディングでも満潮はなかなか干潮にならない


終盤には一発逆転の小気味よさもある

そんな楽しい話なのにとても泣いてしまったなあ
終わってからも車を運転しながらえっえっと泣いた
心が子供に還っていたのだろうね


信用できる人間が必要
それが誰か見極めることも


そういう存在を得ることが夢ではなかったのかな
だからアリは「バーレスク」にこだわる


バーレスクでの女の闘いもある
しかしあのアバズレねーちゃんも終いには素直で
テスはやっぱりマダムなのである


アリは恩を受けたら裏切ることはないだろうな
そう思いながらみていた
富や名声や宝石や靴やドレス
とっても魅力的



でもアリが一番テスにいってほしかった言葉は

アレなのだ






ねえなにか嘘をついて

君が嫌いだ



優しい世界だ

関連記事
スポンサーサイト

| 映画 | 20:01 | comments:2 | trackbacks:2 | TOP↑

COMMENT

こんにちは

おくやぷさん、こんにちは!

うん、僕もこの作品好きです。
ジメっとした足の引っ張り合いではなく、アリが基本的にポジティブでまっすぐなところがよかったです。
子供っぽいのかもしれないけれど、このまっすぐさは観ていて気持ちよかったです。

| はらやん | 2011/06/11 05:31 | URL |

>はらやんさん

> おくやぷさん、こんにちは!

こんにちは~

>
> うん、僕もこの作品好きです。
> ジメっとした足の引っ張り合いではなく、アリが基本的にポジティブでまっすぐなところがよかったです。
> 子供っぽいのかもしれないけれど、このまっすぐさは観ていて気持ちよかったです。

そうなんですよね
現在進行形の苦みはあまりはいってないのですが
なんかアリは苦労してきたんだろうな~…
だから自分の力でできることはあきらめないし、自分でやろうとするし
でも自分が恩恵を受けられないことに関してはあきらめいいのだろうな~…
なんて、思いながら観ていました

ビッチのニッキも
最終的にかわいいのです

後味がいいのはジメっとしてない登場人物の設定と、
ストーリー上でラストに一発逆転もあるからでしょうね

好きで何回も観ちゃうんですよね~これ(-^□^-)

| おくやぷ | 2011/06/11 05:44 | URL | >> EDIT















非公開コメント:

TRACKBACK URL

http://okuyapu.blog.fc2.com/tb.php/63-e6c4504a

TRACKBACK

バーレスク

ミュージカル好きの私としては観ておきたい映画ですね。 最近の洋楽はあまり聞かないのですが クリスティーナ・アギレラの「Beautiful」という曲は大好きです。 可愛い外見からは想像...

| 映画、言いたい放題! | 2011/05/19 19:23 |

バーレスク

バーレスク ★★★★★(★満点!) よかった~~。 思っていた以上に全編を通してミュージカル。 話は田舎娘がLAに出てきて、ショービジネスで主演に登りつめ、つぶれかけのクラブ

| 食はすべての源なり。 | 2011/05/18 22:54 |

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。